漢方薬・生薬

葛根湯(かっこんとう)の効果効能とは?正しい飲み方と副作用

漢方薬の葛根湯(かっこんとう)と言えば名前だけは聞いたことがあると言う方が多いのではないでしょうか。

この葛根湯は風邪の引きはじめに効果的とされ、病院でも処方されることがある漢方薬です。

また、薬局やドラッグストアでも市販薬が買えるほどなじみがあります。

今回はこの、葛根湯が体にもたらす効果と飲み方、注意点について紹介していきます。

漢方薬「葛根湯」の働きや効果とは?

風邪
葛根湯は、漢方の風邪薬としても知られており、主に風邪のひき始めに用いられれる昔からなじみの深い漢方薬のひとつです。

基本的には、体力のある方向けの薬で、頭痛、発熱、首の後ろのこわばり、寒気などといった症状に有効です。

この葛根湯は西洋医学の基礎研究でも、抗炎症作用があるといった研究結果が認められており、発病後1~2日で用いると効果的です。

いつもと違う体の不調が見られた場合、鼻炎や頭痛、炎症などでも幅広く使うことができます。

具体的に効果が認められている症状をまとめると、

  • 寒気、発熱
  • 頭痛
  • 鼻かぜ
  • 鼻炎
  • 肩こり
  • じんましんのかゆみ
  • はれ、赤み
  • 筋肉痛 など

このように幅広い症状に用いることができます。

葛根湯に含まれている成分(生薬)

漢方
風邪の諸症状に効果的な葛根湯には、7つの生薬が配合されています。

  • 葛根(カッコン)
  • 麻黄(マオウ)
  • 桂皮(ケイヒ)
  • 芍薬(シャクヤク)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 生姜(ショウキョウ)

ひとつひとつどのような効果があるのが見てみましょう。

葛根(カッコン)

葛根は、マメ科のクズの肥大根を乾燥したもの。

主に、解肌、透疹、潤筋、止渇、止瀉などの効能があり、頭痛や肩こりなどの風邪の初期症状、筋肉の緊張、口の渇き、下痢などに用いられます。

葛根湯にはこの葛根が多く含まれています。

麻黄(マオウ)

麻黄は、マオウ科のマオウなどの地上茎を乾燥したもの。

主に、発汗、鎮咳、利水の効能があり、発熱、頭痛、咳嗽(せき)、喘息などに用いられます。

この麻黄には、ドーピング検査の規制物質に指定されているエフェドリンという成分が含まれているので、大会などにでるときは注意が必要です。

桂皮(ケイヒ)

桂皮は、クスノキ科のケイの樹皮を乾燥したもの。

漢方的には、補陽、発汗、解肌、止痛などの効能があり、手足の冷え、腹痛、下痢、のぼせなどに用いられます。

芍薬(シャクヤク)

芍薬は、ボタン科シャクヤクの根を乾燥したもの。

高さは約60cmで、紅や白色などのボタンに似た花が咲く特徴があります。

主な効能は、鎮痛・鎮痙、収斂、緩和作用などに効果があります。

他にも、慢性胃腸炎、生理不順、月経異常、冷え症、貧血症、血の道症、産前産後の諸病、婦人の更年期障害、急激に起こる筋肉の痙攣を伴う疼痛、神経痛の症状にも効果的です。

甘草(カンゾウ)

甘草は、マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したもの。

高さ40~70cmの多年草で、生薬としては、マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したものを用います。

主な効能は、鎮痛、鎮痙、解毒、鎮咳などに効果があります。

他にも、咽喉痛、胃痙攣、胃潰瘍、胃痛、十二指腸潰瘍、疼痛などの症状にも効果的です。

大棗(タイソウ)

大棗は、クロウメモドキ科ナツメの果実を乾燥したもの。

高さ10mほどの落葉小高木で、特に黄土の乾燥地帯に生育しています。

主な効能は、強壮、利尿、矯味などに効果があります。

他にも、腹部膨満感、消化不良を伴う胃腸疾患、感昌による下痢、発熱と悪寒が交互にあるような症状にも効果的です。

生姜(ショウキョウ)

生姜は、ショウガ科ショウガの根茎のこと。

生薬としては、ショウガ科ショウガの根茎を用います。

主な効能は、芳香辛味性健胃、食欲増進、発汗などに効果があります。

他にも、胃内停水、座骨神経痛、腰痛、夜尿症、尿量が多い、四肢の冷痛、風邪、妊娠中のむくみなどの症状にも効果的です。

葛根湯の副作用や注意点

葛
一般薬と比べ副作用は少ないですが漢方薬にも場合によっては副作用がみられます。

人によっては、

  • 胃の不快感
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 動悸や不眠
  • 発汗過多

などがみられることがあります。

重い副作用は見られることはありませんが、配合生薬の「甘草」の大量服用により、むくみを生じたり血圧が上がってしまうことがあります。

この他にも、肝障害の報告もあるようで、ひどい倦怠感、強い吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなると言った症状が見られる場合は医師に相談するようにしましょう。

葛根湯を飲むタイミング

漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。

顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいです。むかつきがあるような場合は、水で飲んでもかまいません。

もし、漢方薬を飲むことで食欲がなくなったり、吐き気を催すような場合は、食後でも大丈夫です。

また、葛根湯を飲んでも効果がみられないような場合は医師に相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?