漢方薬・生薬

桂枝加葛根湯(ケイシカカッコントウ)とは?特徴や副作用をご紹介!

桂枝加葛根湯(ケイシカカッコントウ)という漢方薬を知っていますか?
風邪の諸症状に効果的な漢方薬です。

季節の変わり目は風邪にかかりやすいですよね。早めに対策を行っていきましょう。

桂枝加葛根湯の効能と副作用

寒そうな女性

桂枝加葛根湯は風邪の諸症状に効果的な漢方薬です。
例えば風邪のひき始めの肩こりや頭痛、悪寒といった症状に働きかけることができます。

風邪かなと思ったらすぐに対処して、長引かないようにしたいですよね。

ただ、風邪でダウンしているのに副作用に気がつかないと余計に辛い思いをしてしまいますよね。起こりうる副作用をいくつかあげてみますので確認して見てください。

食欲不振や吐き気

食欲がなくなったり気持ち悪くなることがあります。無理して飲まずに服用を中止しましょう。

発疹や赤み

桂枝加葛根湯を服用した後に、湿疹など肌の異常を感じたら服用を中止してください。

筋肉のピクつきや震え

筋肉がピクつき、震えも伴うことがあります。
これといった理由がないのに体の異常を感じたら、副作用を疑うようにしましょう。

血圧の上昇やほてり

血圧が上昇しほてりを感じるようなら、副作用の可能性があります。

ほかにも倦怠感や力が入らないといった症状が起こることがあります。

桂枝加葛根湯の注意点

薬を服用する女性

妊娠中の人

母体や胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。

かかりつけの医師に相談してください。

持病を持っている人

服用したいときには必ず医師に診断してもらうようにしてください。

ほかの薬を服用している人

医師から処方された薬はもちろん市販薬の中にも、桂枝加葛根湯との相性が悪いものがあります。
自己判断せず、医師や薬剤師に確認してください。

この飲み合わせに注意しよう

桂枝加葛根湯は飲み合わせに注意が必要な成分があります。
飲み合わせに悪いものと一緒に服用すると体に悪影響を及ぼすことがあるので、覚えておきましょう。

甘草

多くの漢方薬に含まれているので、漢方薬を併用する時には甘草の量を確認するようにしましょう。

グリチルリチン

甘草に含まれる有効成分で、風邪薬やトローチなどに含まれることがあります。過剰に摂取しないように注意しましょう。

漢方薬の正しい服用法

胃のパズル

漢方薬は一般的に食前か食間に飲むように指示されることが多いです。漢方薬も医薬品なので用法容量をしっかりまもり服用しましょう。

桂枝加葛根湯だけに頼っては駄目!

漢方はあくまでサポートです。今までの生活を見直し適度な運動とバランスのとれた食事を意識するようにしましょう。

運動は週休二日制で行う

運動は心身のバランスを整えるに効果的な習慣ですが、あまりに行いすぎると体の不調のきっかけとなります。
週に2日は体を休め、無理なく運動するようにしてください。

運動に慣れていないうちはウォーキングを30分程度行うなど、疲れにくい方法を取り入れましょう。

色で分かる食生活の改善法

緑黄色野菜

食生活を改善しようと思うと何かと大変です。
そこでおすすめなのが、食材のに注目して食材を選ぶ
方法です。

色に注目して食事を作るだけなのでとても簡単ですよね。

例えば緑はブロッコリー、赤はトマト、白は大根と言うように様々な色を選んで料理をすると自然と栄養バランスが整います。

安眠に最適なサプリメント選びを行う

安眠は体を休めるのに大切なことですが、ストレスの多い現代ではなかなかゆっくりと休むことはできませんよね。

そういったときに使っていきやすいのが、サプリメントです。

例えばGABAには気持ちをゆったりとさせてくれる作用があり、緊張状態をやわらげてくれます。

ほかにもグリシンには深い睡眠を助けてくれる作用があると言われています。様々な成分の入ったサプリメントも販売されているので、自分の状況に合わせて選んでみましょう。

漢方専門店に行ってみる

漢方薬にはさまざまな効能を持ったものがあり、選ぶのが大変ですよね。
そんなとき頼りになるのが、漢方専門店です。

漢方専門店では漢方の知識をもった薬剤師が体調に合わせた漢方薬を紹介してくれます。

副作用や飲み合わせの問題も相談できます。

頭痛を伴う風邪の始まりには桂枝加葛根湯!

頭痛で苦しむ男性

桂枝加葛根湯は風邪の始めに起こる頭痛などに効果的な漢方薬です。

漢方を飲みながら健康的な生活を送ることで効果を実感しやすくなります。

無理のないよう服用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?