漢方薬・生薬

桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)の効能と副作用とは?詳しく解説!

桂枝加芍薬湯は、お腹が痛くなり何度トイレにいっても便意を感じるタイプの人に効果的な漢方薬です。こんなタイプの人は意外と多いのではないでしょうか。
今回は。桂枝加芍薬湯について解説していきます。

桂枝加芍薬湯の効能

桂枝加芍薬湯は膨満感のあるしぶり腹や腹痛に効果的な漢方薬です。

膨満感などお腹の不調は放置しがちですが、何も対策をとらないとストレスは続き他疾患のきっかけとなることがあります。

早めに解消していくことが大切ですね。

膨満感やしぶり腹など放置するとどうなる?

kanpo10

膨満感やしぶり腹を放置しておくと、他疾患のきっかけとなることがあります。

うつ病

膨満感やしぶり腹は精神的にもストレスとなることがあります。

ストレスの蓄積が長期間続けば、うつ病のきっかけとなることもあります。

さらに、うつ病は精神だけではなく肉体的にも影響を及ぼすことがあります。

その中には便秘や腹痛、膨満感といった症状もあり悪循環となることも。

腸閉塞

便秘が長期間続くことで、腸閉塞となることがあります。

便秘が続くと大腸が弛緩および拡張してしまい障害を起こしてしまうことがあります。

たまった便がかたくなることで、排出自体が困難になります。

便が排出されなくなればどんどんたまってしまうので、ますます症状が重症化していきます。

膨満感や便秘は早めに対策していきましょう。

桂枝加芍薬湯の副作用

kanpo11

事前に知っておけば予防することができる場合があるので、確認しましょう。

胃の気持ち悪さや吐き気

人それぞれ感じ方が違うので、少しでも胃に不快な症状を感じたら使用をやめましょう。

むくみ

他に原因もなく突然、顔が太ったと感じたり、いつもなら着ることができる服が着られないなど感じたら副作用のむくみかもしれません。

筋肉がピクピクする

特に理由がないのに筋肉がピクピクするといったことがあったら、副作用の可能性があります。

安静にしているのに筋肉が痙攣する、体が落ち着かないといったことがあったら気をつけましょう。

手足に力が入らない

手足に力が入らずものが持てないといったことがあったら、副作用の場合があります。

例えば、簡単なタイピングができない、タオルが絞れないといったことがあったら気をつけましょう。

手足に関してはしびれを併発する人もいます。

発疹や赤み

発疹や赤みの状態は人によって違うので何か変化を感じたら気をつけましょう。

症状が解消されないようなら、医師や薬剤師に相談しましょうね。

桂枝加芍薬湯の注意点

桂枝加芍薬湯は、服用に注意が必要な人がいます。

妊娠中の人

妊娠中の女性はデリケートなので、どんなことが起こるか分かりません。自分で判断せず、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

持病を持っている人

持病を持っている人が桂枝加芍薬湯を服用すると、持病に影響をもたらすことがあります。

必ず医師に相談し、使用しましょう。

何らかの薬を使用している人

何らかの薬を服用している人は、併用することで悪影響をもたらすことがあります。

医師や薬剤師に相談すると安心です。

桂枝加芍薬湯の正しい飲み方

本来は水やお湯と一緒に食前や食間に服用するよう指示されているなので、服用法を守るようにしてください。
kanpo12

錠剤?それとも粉末?

漢方薬には錠剤タイプと粉末タイプがあります。

続けやすい剤形を選びましょう。

飲み合わせに注意が必要

桂枝加芍薬湯を服用するときは飲み合わせに注意しましょう。

薬に使用される成分の中には、桂枝加芍薬湯との相性が悪いものがあります。

事前によく確認しておくといいですね。

甘草

甘草は多くの漢方薬に使用されている生薬です。
桂枝加芍薬湯も甘草という生薬を含むので、他の漢方薬を併用するときは甘草を過剰に摂取しないように気をつけましょう。

グリチルリチン

風邪薬に配合されることのある成分です。同じく甘草にも含まれている成分なのでよくわからないときは医師や薬剤師に相談しましょう。

桂枝加芍薬湯をうまく活用していこう

桂枝加芍薬湯は膨満感や腹痛などお腹の不調に効果的な漢方薬です。

注意事項をよく守り服用していきましょう。

少しでも不安を感じたら、医師や薬剤師に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?