レシピ, 美容・健康, 食薬・薬膳

暑さが残る時期におすすめの薬膳スイーツ


暑さが残る時期、つい、アイスや冷たい飲み物ばかりになっていませんか。

冷たいものの取りすぎで胃腸の調子を崩しては、残暑を乗り切ることができなくなってしまいます。

そこで、熱を冷ます働きのある食材をうまく取り入れて、美味しく薬膳スイーツを楽しみましょう。

残暑の時期にとりたい食材

暦の上では季節が移り変わって、乾燥に備えはじめる時期になっても、やはりまだ日中の暑さは体にこたえます。

中医学では、気温が高い状態が続くと体にも熱が取り込まれて、次第に熱は体を傷つける、と考えられています。

そこで、体内にこもった熱による症状に働く「清熱」と、熱によって渇いた体液を補充する働きをもつ「生津」の食材を使ったかんたん薬膳スイーツレシピをご紹介します。

マンゴーヨーグルトゼリー

マンゴーヨーグルトゼリーの主な材料、ヨーグルトと牛乳、マンゴーは、どれも生津の働きのある食材です。

このレシピでは、マンゴーシロップを使用していますが、生のマンゴーや冷凍マンゴーをトッピングして、アレンジしてみるのもおすすめです。

材料

(カップ4個分)

  • プレーンヨーグルト 150g
  • 牛乳        200ml
  • 砂糖        30g
  • 粉ゼラチン     5g
  • マンゴーソース   大さじ2

作り方

手順1
  1. 牛乳を500wのレンジで30秒温める(常温に戻したものでなくてOK)。
  2. 砂糖と粉ゼラチンを入れたら、しっかり溶けるまでよく混ぜる。
  3. 砂糖やゼラチンの粒が残っているようだったら、500wずつ加熱して混ぜる。

手順2

ゼリー液を4等分して冷蔵庫で冷やし、固まったらマンゴーソースをかけて出来上がり。

大人のシリアルバー

シリアルは、小麦などの穀物を加熱調理した加工食品のことです。

小麦は清熱の働きがありますので、同じ清熱の食材であるリンゴやココナッツが入ったシリアルの簡単チョコバーを紹介します。

はとむぎにも清熱の働きがありますので、ぜひ、アレンジレシピとしてはとむぎシリアルバーも作ってみることをおすすめします。

材料

  • シリアル    80g
  • マシュマロ   20g
  • 板チョコレート 1枚
  • バター     10g

作り方

手順1
  1. マシュマロと板チョコレート、バターを耐熱容器に入れ、500wのレンジで加熱し、手早く混ぜる。
  2. 少し混ぜにくいですが、シリアルを入れて全体をざっくり混ぜたら、500wのレンジで20秒加熱し、もう一度手早く混ぜる。

手順2
  1. かたまりにならないうちに、手早くバットに移して平たくして冷ます。
  2. 冷めたら、細長く切り分けて出来上がり。

シリアルの大きさによっては、しっかり固まらないこともありますが、ざっくりした食感を楽しみましょう。

まとめ

残暑の時期におすすめの薬膳スイーツ、包丁や火を使わないところも、作りやすくていいと思います。

どれも手に入れやすい食材で、気軽に作れるレシピですので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

国際中医薬膳師/調理師(ハラール認証)/医薬品登録販売者/フードコーディネーター2級/マスターオーガニックコーディネーター/オーガニックコスメマイスター/加工食品診断士

當房 清香

医薬品登録販売者としてOTC薬(市販薬)を販売する業務に就く傍ら、健康や薬に関する記事ライターとして活動。
調理師やフードコーディネーターの資格を保有し、更にはオーガニック・薬膳・食品添加物に関する資格も持っており、料理研究家。
「自分の未来は、現在カラダに取り入れているものでつくられていく」
ことを幅広い視点でお伝えしている。
元裁判所書記官であるが、妊娠・出産を機に転身し現在に至る。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート