漢方薬・生薬

身近だけれど意外と知らない漢方について分かりやすく解説

薬局やドラッグストアに何気なく並んでいる薬やCMなどで「漢方薬」というものを目にしますよね。

私たちはなんとなく中国から伝わった医学の漢方という認識をしていますが、それ以上を知っている人はほとんどいません。

身近な存在の漢方ですが、意外と知らないことだらけで間違った知識を持っている人がいます。

そこで今回は漢方についてわかりやすく解説します。

実は漢方は日本育ち

日本
漢方の生まれは中国ですが、実は日本育ちだと言う事をご存知ですか?

中国から日本に伝わったのは5~6世紀以降のことです。

室町時代までは中国から伝来した医学の知識で医療が行われていましたが、その後は日本で独自の進化をしていきます。

日本人の体質に合わせて日本風土を使用した漢方薬はまさに日本人専用の薬として重宝されてきました。

現代医学としても用いられている漢方薬はこの伝統を受け継ぎ、日本人向けの薬として作られています。

よく目にする未病ってなに?

漢方に効果があるとされている未病とは一体どんな病気なのか気になりますよね。

未病とは具体的な病名ではなく、病名が付かない病気や病気の一歩手前の状態を指します。

主に肩こりや便秘、ニキビ、不眠、冷え性などが当てはまります。

この未病も交えて漢方がどのようなものなのか見ていきましょう。

分かりやすい漢方のいろは

漢方のいろは
漢方の考えでは「人間の体も自然の一部分である」という考え方をしています。

病気ではなく病気の人を診るという発想は漢方ならではの考えで、西洋医学(蘭学)では対応できないような病名が付かないような未病にも対処できます。

漢方の素晴らしい所は症状が出ている所だけでなく、その原因となる根本から改善することでしょう。

気になる未病を治す過程で別の未病も改善したというのは漢方ではよくある話です。

漢方の基本となる漢方薬は効果が医学的に認められた「生薬」を2種類以上組み合わせて作られています。

なんとなく生薬と聞いてもイメージは沸きませんよね。

次はこの生薬について解説していきます。

漢方に用いられる生薬

生薬は植物の茎や根、鉱物、貝殻といった薬成分を持っている自然から採れる素材のことです。

天日で干して乾燥させたり蒸したりその素材を活かすのに最適な方法で処理されます。

そしてその人の症状や体質などを考慮して複数種類の生薬を組み合わせたものが「漢方薬」となります。

ハーブやドクダミ、アロエなど一つの素材で作られているものも民間薬に分類されます。

民間薬の場合は自然由来でこれだけ安全ですと謳っている広告をよく目にしますが、漢方薬も同じく自然由来でありながら長い歴史と理論のあるものなので的確に使いやすいものだと思います。

漢方薬は自然由来の成分なのでアレルギーにさえ注意すればとても体に優しい薬なのです。

多彩な治療ができる漢方薬

漢方は多彩
ここまでで漢方についてかなり理解が深まりましたね。

漢方薬は2種類以上の生薬を組み合わせるので多彩な治療ができます。

例えば同じ症状でも体質や年齢、性別が違うのであればその人に合わせた薬を処方することができます。

完全オーダーメイドの薬と表現するのが一番適切ではないでしょうか。

ですが漢方にも速攻性のあるものから継続して飲み続けなければいけないものなど様々な種類があります。

自分に一番合った漢方薬を処方してもらうために漢方についての相談をした方がいいでしょう。

西洋医学と漢方医学の違い

では西洋医学と漢方医学の違いとは何なのでしょう。

もちろん病気を治すのに西洋医学の場合の方が良い事もあります。

漢方医学と西洋医学の違いについて理解することで、自分に出ている症状でどっちの医学を利用した方が良いのか適切な判断が下せます。

漢方は身体の異常を自然のサイクルに戻すことで正常で健康的な身体へ戻すことを主としています。

西洋医学では悪い所をピンポイントで改善したり取り除くことを主としています。

西洋医学は急性疾患や外傷が多かった時代で重宝され、高い評価を受けてきました。

今の時代は外傷を負う事が少なくなり、現代病とも言える一見健康に見えるのに自分にしかわからない異常が出てきています。

この現代病の多くは西洋医学の処置方法では対処できません。

そこで注目を集めているのが漢方医学というわけです。

その人の体質や生活習慣を考慮しどういった症状が出ているのかを事細かに把握して結果的に健康的な体に整えていく治療は漢方ならではです。

漢方医学の応用

仏像
ここまで漢方薬をメインにご紹介しましたが、同じ漢方医学の理論を使った漢方薬以外の体へのアプローチ方法を紹介します。

以下の5種類があります。

  • 養生
  • 気功
  • 整体
  • 薬膳
  • 鍼灸

なんとなくイメージ出来るものから何だかわからないものもありますね。

次はこの5種類の漢方についてご紹介します。

養生

養生とは健康的に過ごすために必要なこと全般を指します。

より健康になるための方法や病気を予防する活動が主です。

生命を養うと書いて「養生」なので、ただ生きているだけではなく健康のためにより一層努力することが養生に繋がります。

今健康な人も来年、再来年もより元気でいられるような健康への取り組みをすることが大切です。

今の健康状態を把握し、生活習慣を改善することでより健康な生活を送ろうという漢方の基礎の考え方です。

気功

気功は陰陽五行思想に基づくエネルギーである「気」を体内に循環させて質を高める「内気功」、体外から体内へ良い気を入れる「外気功」があります。

さらに美容や病気の治療もできる健康を考えた「軟気功」、護身術など武道で使われるものを「硬気功」としています。

専門の知識を持ち、気功を操る人を気功師と呼んでいます。

気功師はカウンセリングを行い、その人の体調や症状に合わせて施術を行います。

整形外科や整骨院などに通っても治らなかった腰痛が気功によって治った事例などが報告されています。

整体

マッサージと整体は同じものと思われがちですが、実は違いがあるのをご存知ですか?

マッサージは凝り固まった筋肉をほぐして血行やリンパの流れを良くする効果がありますが、整体の場合は関節のゆがみやズレを改善します。

体の歪みを整えながら漢方薬を併用すると相乗効果が期待できます。

薬膳

薬膳はマズイ・ニガイ・食べにくいなどマイナスなイメージがありますが、そんなことはありません。

薬膳の基本は旬の食材を使い、その人の症状に一番効果的な調理法・組み合わせで提供することです。

薬膳を作るには食べ物の効能表などを上手く利用し、生薬やハーブ学なども学び、専門の知識・経験が必要です。

日本で育った漢方の一種ですが、中国の素材も利用した料理が魅力的です。

有名なものは高麗人参やナツメ、クコの実、ハトムギではないでしょうか。

薬膳料理にも資格があり、民間のスクールなどで簡単に受講することができます。

自宅でも簡単に出来る薬膳をぜひ習ってみてはいかがでしょうか。

鍼灸

鍼灸はハリや艾(モグサ)を用いて経穴と呼ばれるツボを刺激することでリンパ・血の流れを正していく治療法です。

鍼治療では、針を上下左右に振ったりしてツボを刺激することで筋肉のコリや痛みに効果があります。

お灸は艾を皮膚の上に直接乗せるものや、艾と皮膚の間に味噌やショウガ、ニンニクなどを入れるものなど様々あります。

お灸を燃やして発生する熱がツボに直接働きかけ、リンパ・血の流れを良くしてくれます。

この熱源を遠赤外線やレーザーで代用しようとする実験も行われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?