漢方薬・生薬

抑肝散(ヨクカンサン)とは?生薬や効果・効能副作用を知っておこう

漢方は体質改善をしながら、気になる症状を緩和するもので、多くの方が服用しています。

今回は数ある漢方の中でも感情をコントロールする「抑肝散」について書いていきます。

抑肝散とは?効果やどんな時に処方されるのか

イライラ 神経の高ぶり
抑肝散は「虚弱体質」で神経が高ぶる時に処方される漢方で、「肝」を抑える効果があります。

東洋医学では「肝」は肝臓という意味ではなく、神経や感情をコントロールする働きがあるといわれています。

抑肝散には

  • 緊張を緩和し体をほぐす
  • イライラや神経が高ぶっているのを緩和
  • 手の震え、痙攣の緩和

このような効果があります。

特に、神経の高まり夜寝れない「小児泣き」や「疳の虫」の治療に使用されます。

この漢方は小児向けの漢方とも言われていますが、大人が服用しても問題はありません。

進行したアルツハイマー型認知症や、不眠症、自立神経失調症、鬱病、神経症の方の補助薬としても処方されています。

その中でも不眠症の改善は注目されていて、不眠症の方は眠っているときの睡眠の不安定さを示す「CAP値」というのが低下しています。

しかし、抑肝散を服用することで、中枢神経に働きかけセロトニンの分泌を増やし、セロトニンの量をコントロールする作用があるので、CAP値も安定するというデータがあります。

さらに、神経の興奮を抑えるという点から、更年期障害で起こるイライラに対しても有効に働くとい言われています。

抑肝散に配合されている生薬

抑肝散 成分
ここでは抑肝散に配合されている7つの生薬と、その効果について書いてみました。

①当帰(とうき)
セリ科当帰やホッカイトウキの根を乾燥させて使用したものです。

補血作用や痛みを止め、血行促進効果があるので、生理不順や生理痛に効果を発揮します。

女性に関わる漢方には高確率で配合されている生薬です。

②釣藤鈎(チョウトウコウ)
アネ科カギカズラの刺がある茎枝で、痙攣を抑えたり、鎮静作用に優れています。

また解熱作用もある生薬になります。

③川芎(せんきゅう)
セリ科川芎や動植物の根や茎を乾燥させたもので、月経を調整したり、活血作用・鎮痛作用があります。

女性とって味方になる生薬です。

④蒼朮(そうじゅつ)
ホソバオケラやシナオケアの根茎を乾燥させたもので、胃の健康や、整腸作用、利尿効果があります。

そのため体内の水分を調整したり、消化器官のトラブルを改善するために使用されています。

⑤茯苓(ぶくりょう)
サルノコシカケ科マツホドの菌の核から使用されていて、利尿作用があります。

そのほかにも、鎮静作用や、胃を健康にしたり、めまいにも効果を発揮します。

⑥柴胡(サイコ)
セリ科ミシマサイコや動植物の根を乾燥させたもので、解熱・鎮痛作用に優れています。

その他にも消炎作用や抗菌作用・抗ウィルス作用があります。

⑦甘草(かんぞう)
マメ科のウラルカンゾウやスペインカンゾウの根などを乾燥したもので、鎮痛、去痰、鎮痙、胃を健康にする効果があります。

そのため、腹痛、下痢、動悸などに使用されています。

甘草には、毒を緩和する効果があるので多くの漢方に配合されている生薬です。

抑肝散の服用方法は?

成人の場合、1日7.5gを2回~3回に分けて食前または食間に服用します。

子どもが飲む場合は

  • 年齢
  • 体重
  • 症状

の状態によって、飲む量や回数が異なってくるので、医師の指示に従い服用しましょう。

実は中国では、抑肝散は子供にしか処方されていませんが、日本では大人子ども関係なく処方されています。

抑肝散の副作用を知っておこう

抑肝散 副作用
では最後は抑肝散の副作用について書いておきます。

①偽アルドステロン症
甘草の大量服用によって、体が浮腫んだり、血圧が上がる症状がでることがあります。

複数の漢方を長期的に服用している方は、特に注意が必要です。

②間質性肺炎
服用したときに、空咳、息苦しさ、息切れ、発熱が起こった場合間質性肺炎の可能性があるので、すぐ病院を受診しましょう。

③肝障害
だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹・白目が黄色くなる、尿が茶褐色になるという症状が出たら、肝障害を疑いましょう。

この場合もすぐ服用を中止して、病院を受診して下さい。

④消化器官の違和感
胃痛、吐き気、下痢など人によっては(特に胃腸が弱い方)は消化器のトラブルが起こる可能性があります。

服用を一旦中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

まとめ

抑肝散には、神経の高ぶりを抑える効果のある漢方で、子供にも処方されることがわかりました。

もし飲んでいて少しでも体に違和感を感じたら、服用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?