漢方薬・生薬

喉の腫れに効果的な加味解毒湯(カミゲドクトウ)その特徴とは

加味解毒湯(カミゲドクトウ)は喉の腫れに効果的な漢方薬です。

喉の腫れは我慢すれば何とかなると放置しがちですが、時間が立つことで重症化してしまうケースが珍しくありません。

重症化を防ぐために早めの対策を行っていきましょう。

加味解毒湯(カミゲドクトウ)の効能

喉の痛み
加味解毒湯(カミゲドクトウ)は喉の腫れ、咳、桃炎、桃周囲炎に効果的な漢方薬です

喉の腫れや咳はそのまま放置していると細菌に感染しやすくなり、さらなる症状の悪化を呼び込む危険性があります。

早めに対策を行っていく必要があるでしょう。

加味解毒湯(カミゲドクトウ)の副作用

副作用
ほとんど副作用がない加味解毒湯(カミゲドクトウ)ですが、一部症状が出てしまう人もいます。

副作用の症状が出ているにも関わらず使用を続けると、さらなる重症化の恐れがあるでしょう。

胃腸の不快感

胃腸に不快症状が広がり、食欲不振、吐き気、下痢、気持ち悪さといった、症状が表れることがあります。

少しでも腹部周辺に違和感が起こったら、副作用を疑うようにしてください。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が起こることがあります。倦怠感は人によって感じ方が違う場合がありますが、例えばうまく物が持てない・歩くのが億劫といったことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

手足の違和感

手足にこわばりや痙攣、ピクピクと動くといった、不快な症状が見られたら副作用を疑いましょう。

これらの症状は長時間重い物を持つといった行動でも起こるので、直前の行動を思い出してみてください。

むくみと体重増加

むくみと体重増加が起こることがあります。むくみとは何らかの理由で体内に水分がたまり、皮膚が膨張してしまう症状です。

むくみは体のさまざまな部分に表れるので、少しでも心当たりがあったら副作用を疑ってください。

血圧の上昇

特に理由がないのに血圧が上昇してしまうことがあります。

血圧が上昇すると、ほてりや汗ばみといった、さまざまな症状が見られるでしょう。

確実性を高めるためには、血圧計を使うようにしてください。

このほかにもさまざまな症状が表れることがあります。

副作用は人によって症状が違ってくるので、少しでも体調不良が見られたらすぐに加味解毒湯(カミゲドクトウ)の使用をやめてください。

加味解毒湯(カミゲドクトウ)の注意点

注意
ほとんどに人に使っていきやすい加味解毒湯(カミゲドクトウ)ですが、人によっては使用に注意が必要です。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が加味解毒湯(カミゲドクトウ)を使うと、それぞれの効果が混ざり合ってしまうことがあります。

薬は絶妙なバランスの元成り立っているので、少しの変化でも効果に影響してしまうんです。

現在使っている薬、これから使う予定の薬に気を付け、医師や薬剤師に相談してから使用してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が加味解毒湯(カミゲドクトウ)を服用すると、持病に影響をもたらす恐れがあります。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が加味解毒湯(カミゲドクトウ)を服用すると、母体や胎児に影響することがあります。

その人の体質や体調によっても違ってくるので、必ず医師や薬剤師に相談してから使用してください。

小児や高齢者

小児や高齢者は加味解毒湯(カミゲドクトウ)の服用に注意してください。

副作用が出やすくなってしまう恐れがあります。

加味解毒湯(カミゲドクトウ)の服用法

服用
加味解毒湯(カミゲドクトウ)を使用する際は、水やお湯、またはぬるま湯を使用してください。

漢方薬は微妙なバランスの元成り立っているので味付きの飲み物で服用すると、効果に影響してしまうことがあります。

食前や食間に服用することも大切なので、食事のタイミングを守るようにしてください。

漢方薬を使っても症状が解消されない!その原因

疑問
漢方薬を服用しても症状が解消されないケースがあります。

その場合、漢方薬が原因ではないことがあるのでさまざまなケースを知り、症状が解消されなかったときに備えるようにしてください。

漢方薬が症状に合っていない

漢方薬の効能を効率的に感じるためには、その症状に合わせた物を選んでいく必要があります。

症状に合っていない漢方薬を選んでも、思ったような効果を感じることはできないでしょう。

どの部分に支障を感じているかを確認し、自分に合った漢方薬を活用していってください。

他疾患が関わっている

漢方薬は効果的な医薬品ですが、何らかの疾患が関わっている場合には効果を感じられないことがあります。

原因がハッキリとしている疾患の場合、西洋医学の元作られた医薬品の方が使っていきやすいでしょう。

漢方薬を服用しているのにいつまでたっても症状が治まらないときは、医師に相談するようにしてください。

漢方薬を休止した時間が長すぎる

場合によっては漢方薬を休止することは大切です。

でもその期間があまりに長いと、効果を感じられなくなってしまうことがあるでしょう。

漢方薬は継続的に使用することで効能を発揮してくれるので、できるだけ使用を続けていくようにしてください。

漢方薬はどこで保管したらいいの?

漢方 保管
漢方薬は適切な場所で保管していく必要があります。

相性の悪い場所に保管すると、品質や効能を損ねてしまうことがあるんです。

目安を知り、保管する際の参考にしてみましょう。

直射日光の当たらない暗所

漢方薬に直射日光が当たり続けると、品質や効能を損ねてしまうことがあります。

窓際のような日当たりのいい場所を避け、光の当たりづらい暗所に保管しましょう。

湿気の少ないカラッとした場所

湿気の多い場所に保管するとカビ発生の要因となります。

なるべく湿気の少ない、カラッとした場所に保管しましょう。

特に水回りやキッチンを避けてください。

過度に乾燥していない場所

過度に乾燥している場所に保管すると、漢方薬がひび割れてしまう要因となります。

漢方薬の種類によっては、ひび割れることで効能を損ねてしまうことがあるんです。

除湿器や家電の近くは、避けるようにしてください。

温度が安定している場所

温度が安定していない場所で保管すると、漢方薬にとって負担となってしまいます。

負担が強くなれば、過度な乾燥や湿気を呼び込むでしょう。

エアコンをうまく利用し、室温を一定に保つようにしてください。

人の出入りが激しい場所は温度の変化が起きやすいので、なるべく独立した場所に保管してください。

加味解毒湯(カミゲドクトウ)の副作用を知りうまく活用していこう

加味解毒湯(カミゲドクトウ)は喉の腫れに効果的な、頼りがいのある漢方薬です。

でも加味解毒湯(カミゲドクトウ)には副作用があり症状が出た後にも服用を続けると、かえって体調が悪くなってしまうことがあるんです。

漢方薬のいい点だけではなく悪い点にも注目し、うまく活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?