漢方薬・生薬

小半夏加茯苓湯の効果・効能!つわりの症状に効くって本当?

小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)という漢方薬はご存知でしょうか?

つわりなどの症状でツライときによく用いられる薬で食欲がなく胃に水分が溜まっている感じがするときに効果を発揮する漢方薬です。

今回はこの、小半夏加茯苓湯について詳しく紹介していきます。

小半夏加茯苓湯の効果・効能

つわり
小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)は、副作用が少ない漢方薬で、つわりに効果的です。

つわりの期間は約6~8週間とされており、毎日のつらい症状をお腹の赤ちゃんへの影響がなく和らげてくれます。

小半夏加茯苓湯には、吐き気を抑える半夏(ハンゲ)生姜(ショウキョウ)といった生薬が配合され、さらに消化機能の活発化や精神安定作用のある茯苓(ブクリョウ)を加えた漢方薬です。

妊娠初期の吐き気や嘔吐、食欲不振や食の好みの変化などが起きる時期に効果的です。

小半夏加茯苓湯の成分(生薬)

漢方薬研
小半夏加茯苓湯は、以下の3つの生薬で作られています。

  • 半夏(ハンゲ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 生姜(ショウキョウ)

これらがバランスよく配合されているので、副作用がほとんどなく体に優しくつわりの症状を改善させてくれます。

それぞれ、どのような効果があるのか見ていきましょう。

半夏(ハンゲ)

半夏(ハンゲ)は、サトイモ科カラスビシャクの球茎の外皮を除いて乾燥したものです。

主な効能は、体を温め、停滞しているものを動かし、発散させる作用があり、去痰(きょたん)、鎮吐(ちんと)、鎮静などに効果があります。

痰咳を伴う鼻炎、気管支炎、つわり、消化不良、胃腸炎、食欲不振などの症状に適した生薬です。

茯苓(ブクリョウ)

茯苓(ブクリョウ)は、サルノコシカケ科のマツホド菌の菌核を乾燥し外皮を除いたものです。

外皮は黒っぽい褐色で、内面は白色をしている特徴があります。

主な効能は、利尿作用が高く、体力増強作用薬の巡りを良くする作用などがあり、健脾(けんひ)、滋養、鎮静、血糖降下などに効果があります。

口渇、悪心、下痢、下腹部痛、生理痛、生理不順、更年期障害などに適した生薬です。

生姜(ショウキョウ)

生姜(ショウキョウ)は、ショウガ科ショウガの根茎です。

生のショウガが「生姜」、そのまま乾燥したものが「乾生姜」、蒸して乾燥したものが「乾姜」といい、漢方の世界でも幅広く使われます。

主な効能は、体を温め、新陳代謝機能を高める作用があり、芳香辛味性健胃、食欲増進、発汗などに効果があります。

胃内停水、座骨神経痛、腰痛、夜尿症、風邪、妊娠中のむくみなどに適した生薬です。

小半夏加茯苓湯の副作用と飲み方

服用
小半夏加茯苓湯を服用することで、確認されている副作用はありません。

漢方薬は副作用が少なく体に優しく健康的にさまざまな症状を改善させる働きがありますが、正しい飲み方をすることがとても大切です。

正しい服用方法

小半夏加茯苓湯は、通常、成人は1日6gを1日2〜3回に分けて、食前または食間に服用します。

飲み忘れた場合は、気がついたとき、できるだけ早く1回分を飲むようにして下さい。

また、漢方薬は、飲む方の年齢、体質、体重、症状などにより適宜増減されるので、必ず医師や薬剤師に指示された服用方法に従うようにして下さい。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)の効果・効能について案内してきました。

小半夏加茯苓湯は、つわりの期間に服用することで、ツライ症状を和らげる漢方薬です。

他にも今回紹介したような効果・効能が生薬に含まれているため、さまざまな症状にも適した漢方薬と言えます。

副作用がなく、健康的に症状を改善したいなら、小半夏加茯苓湯(ショウハンゲカブクリョウトウ)がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?