漢方薬・生薬

風邪や頭痛の症状にお悩みなら川芎茶調散!その効能と副作用

川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)は、風邪や頭痛の症状に効果的な漢方薬です。

風邪や頭痛の症状は放置したままでいると、さまざまな疾患のきっかけとなることがあります。

使いやすい漢方薬を使用して、早めに解決していきましょう。

川芎茶調散の効能

サプリ
川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)は、風邪の諸症状頭痛効果的な漢方薬です。

そのほか女性特有の症状である、月経前症候群(PMS)にも効果が期待できます。

月経前症候群(PMS)の症状による、頭痛やもやもや感を感じている人にも使っていきやすい漢方薬といえるでしょう。

川芎茶調散の副作用

だるい
ほとんど副作用がない川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)ですが、一部副作用の症状が出てしまう人もいます。

そういった人の場合、使用を続けることでさらに症状を悪化させてしまうことになるでしょう。

目安を記載しておくので参考にしてみてください。

胃腸の不快感

胃腸不快感が広がり、下痢や食欲不振といったさまざまな症状が現れます。

重症度は人によって違うので、少しでも胃腸の調子が悪くなったら川芎茶調散の使用をやめるようにしてください。

体重増加とむくみ

体重増加むくみの症状が起こることがあります。

むくみは体内の水分が多くなり、皮膚の膨張を伴う症状です。

単純に見た目に影響するだけではなく、人によっては重苦しさや痛みを伴うことがあるんです。

状態を放置していると精神的ストレスにより、さらにむくみの症状が進んでしまうケースもあります。

鏡で確認し、いつもと違うと感じたらすぐに川芎茶調散の使用をやめてください。

倦怠感

特に理由がないのに倦怠感があり、動作に支障をきたすことがあったら副作用の可能性があるでしょう。

倦怠感は人によって感じ方が大きく違ってきます。

例えばいつもより起き上がるのに時間がかかるといったことがあったら、副作用を疑ってみることが大切です。

手足の痙攣

手足が痙攣を起こし、うまく動作しなくなることがあります。

痙攣状態から麻痺へと続く恐れもあるので、少しでも手足に不快症状を感じたら副作用を疑いましょう。

漢方薬によっておこる副作用には、未知数の部分があります。

体質や体調も関係してくるので、ここで書かれていることがすべてとは限りません。

少しでも体に異常を感じたら、副作用を疑ってみることが大切です。

使用をやめても症状が続くようならすぐに医師に相談してください。

川芎茶調散の注意点

女医注意
川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)を使用するにあたり、一部注意が必要な人がいます。

無理に服用を続ければ副作用の症状を悪化させたり、体調に悪影響をもたらすこともあるでしょう。

妊娠中の女性

漢方薬が妊娠中の女性にどんな影響を与えるかは、未知数の部分があります。

独断で使用を続ければ、体調にどんな変化を及ぼすかわかりません。

必ずかかりつけの医師に相談してから服用するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が川芎茶調散の使用を続けると、効能が邪魔し合い体調に大きな悪影響をもたらす恐れがあります。

ほかの薬を服用している人はもちろん、これから服用したいと考えている人も医師や薬剤師に相談してから服用したほうが安心です。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が川芎茶調散を服用すると、持病に何らかの影響をもたらす恐れがあります。

持病を抱えている人は、かかりつけの医師に相談してから服用するようにしてください。

小児や高齢者への使用

小児や高齢者に使用すると体に悪影響をもたらす恐れがあります。

自分で使用する場合も、なるべく手の届かない場所に保管するといった、工夫を行うようにしてください。

川芎茶調散の正しい服用法

服用
食品に混ぜて飲まれることも多い漢方薬ですが、できれば水やお湯で服用するようにしてください。

味のついた飲み物や食品と混ぜて服用すると、効能を損ねてしまう場合があるんです。

服用する時間を調節することも大切です。食前食間に服用するようにしましょう。

できれば食事の時間を区切るようにすると、調節しやすくなります。

漢方薬が苦手としている環境

調合
漢方薬には苦手としている環境があります。漢方薬にとってよくない状況で管理すると効能を損ねてしまう恐れがあるので、環境については普段から注意するようにしてください。

湿気の多い場所は危険

漢方薬は湿気の多い場所に放置していると、カビ発生の要因となっていまいます。カビが発生すると衛生的によくないうえ、効能を損ねてしまうでしょう。

なるべく湿気の多い場所には保管せず、しっかり密封するといった工夫を行っていってください。

乾燥が強すぎる場所も危険

あまりに乾燥が強い場所に放置しておくと、ひび割れの要因となることがあります。

特に乾燥が激しくなりがちな冬は注意するようにしてください。

日当たりがいい場所

日当たりがいい場所に放置を続けると、効能に変化を及ぼす危険があります。

窓際のような日当たりのいい場所を避け、日の当たりにくい暗所に保管するようにしましょう。

漢方薬を保管しやすくしてくれるアイテム

ピルケース
しっかりと密封することで、湿気や乾燥から漢方薬を守ることができます。

元々の容器で保管していくのもいいですが、状況に応じて便利なアイテムも使用していってください。

乾燥剤

強い湿気から守ってくれるアイテムです。

乾燥剤と一緒にお好きな容器に入れれば、効率的に湿気から川芎茶調散を守ることができるでしょう。

乾燥剤のタイプによってはただ湿気から守るだけではなく程よく湿気を残し、乾燥させすぎない機能を持った乾燥剤があります。

季節や状況に応じて使い分けるといいですね。

乾燥剤は通販で簡単に購入することができますが、とりあえず試してみたいという人はお菓子に使われている乾燥剤を試してみましょう。

実質0円で乾燥剤がどういったものなのかを知ることができます。

ピルケース

薬を管理するために開発されたアイテムです。

小さな箱に分かれているので、錠剤タイプの漢方薬を簡単に管理することができますよ。

メーカーごとに色やサイズが異なります。自分の好みによって使い分けてみてください。

収納ポーチ

漢方薬を収納するのに便利な収納ポーチです。

はがきケースや手帳ケースのように、フィルムに漢方薬を小分けにして管理することができます。

外に漢方薬を持ち出すことが多い人は、ピルケースよりも収納ポーチの方が携帯しやすいでしょう。

注意点を守りながら川芎茶調散を活用しよう

使っていきやすい川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)ですが、服用には注意していく必要があります。

妊娠中の女性や持病を持っている人が服用すると、体調を悪くしてしまう恐れがあるからです。

また副作用を感じてしまう人もいるので必ず注意点を確認し、場合によっては医師や薬剤師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?