漢方薬・生薬

咳や淡の症状に効果的な清肺湯!その特徴を分かりやすく解説

清肺湯(セイハイトウ)という漢方薬について知っているでしょうか。

実は咳や淡といった、よく起こりがちな症状に効果的な漢方薬なんです。咳や淡といった症状を放置しておくと、日常生活に大きく関係します。

その効能はもちろん、副作用や注意点もよく知り効率的に使っていきましょう。

清肺湯の効能

漢方薬研
清肺湯(セイハイトウ)は咳や淡、喉の違和感に効果的に使っていけます。

粘り気のある淡によって咳が止まらなかったり、気管支炎の可能性がある人には使っていきやすい漢方薬といえるでしょう。

咳の症状が長引くと体力が奪われたり、強いストレスとなって体調不良のきっかけとなる恐れがあります。早めに対策を行っていくといいですね。

清肺湯の副作用

副作用

清肺湯(セイハイトウ)は使っていきやすい漢方薬です。

でも人によっては副作用の症状が出てしまうこともあり、絶対に安全とは言い切れません。

目安として、表れる可能性のある副作用を見ていきましょう。

発熱

清肺湯を利用したことによって、発熱の症状が起こることがあります。

特に理由がないのに体温が上昇してしまうようなら、副作用を疑う必要があるでしょう。

呼吸困難

呼吸がうまくできなくなることがあります。

それと一緒に肺音の異常を伴なう可能性があるので、呼吸が正常に行われているのか確認する必要があるでしょう。

むくみと体重増加

むくみ体重増加が同時に起こってしまうことがあります。

むくみは体内に余分な水分が発生し、皮膚が膨張したかのようになってしまう症状です。

この状態になってしまうと美容を損ねるだけではなく、それがストレスとなり体調不良のきっかけとなってしまうこともあります。

少しでも体がいつもと違うと感じたら、むくみを疑ってください。

脱力感

体にうまく力が入らなかったり、怠さを感じることがあります。

手や足の痙攣

手や足の痙攣を引き起こすことがあります。

末端がピクピクと震え、違和感があるようなら副作用を疑いましょう。

このように漢方薬の副作用として、さまざまな症状が起こることがあります。

ただここに書かれている副作用がすべてではありません。

人によって見られる症状が違ってくるので、少しでも体調不良を感じたら清肺湯(セイハイトウ)使用をやめてください。

状況によっては症状が悪化することもあります。早めに医師や薬剤師に相談しましょう。

清肺湯を使う際の注意点とは?

女医注意
どなたでも使っていきやすい清肺湯(セイハイトウ)ですが、一部使用に注意が必要なケースもあります。念のため確認しておきましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が清肺湯(セイハイトウ)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

安易に使用を決めてしまわず、医師の診断を受けるようにしてください。

胃腸の不調を感じている人

食欲不振や下痢といった胃腸の不調を感じている人は、清肺湯(セイハイトウ)の使用に注意が必要です。

高齢者

高齢者はさまざまな体の機能が損なわれているので、場合によっては使用に向かないことがあります。

小児への使用

ケースによっては体調不良になることがあります。

ほかの薬を使用している人

ほかの薬を使用している人が清肺湯を服用すると、互いの効能がぶつかり合い、うまく作用しなくなることがあります。

すでにほかの薬を服用している人は、医師や薬剤師に相談してみるのも大切です。

複数の漢方薬を服用するときにも注意するようにしましょう。

持病を持っている人

持病を持っている人が漢方薬を服用すると、持病に影響をもたらすことがあります。

どのように影響していくかは人によって違ってくるので、かかりつけの医師に相談してください。

漢方薬に悪いのは乾燥?それとも湿気?

乾燥サプリ
漢方薬の保管方法については、さまざまな情報が飛び交っています。

湿度が高すぎると駄目だとか、乾燥のしすぎもよくないといった話です。

薬の保管方法についてはその薬の形状や効能で変わってきますが、湿度が悪いという話も乾燥が悪いという話も間違ってはいません。

あまりに湿度が高すぎると品質を損ねてしまう恐れがあり、逆にあまりに乾燥させすぎても錠剤がひび割れてしまい効能に変化を及ぼす可能性があります。

基本的には湿度が高い場所をさけ、同時に強い乾燥からも守る必要があるでしょう。

漢方薬の管理に必要な環境

サプリ

漢方薬の管理に関しては、注意を行っていく必要があります。管理の仕方によっては効能を損ねたり、形状を変えてしまうことがあるからです。

注意が必要なポイントについて紹介してきます。

日の当たらない場所で保管する

直射日光が当たり続けると効能を損ねてしまうことがあります。

なるべく日の当たらない場所に保管しましょう。

湿度が高くなりがちな場所を避ける

湿度の高い場所に保管するとカビの発生といった、薬にとってよくない状況を誘発します。

冷蔵庫での保存は避けたほうが無難

一見効率のよさそうな冷蔵庫での保管ですが、あまりに冷たい環境におくと外に出した際に水気を発生させてしまうことがあります。

湿度のバランスに気を配りつつ、室温で保存するのが無難です。

漢方薬の保管については医師や薬剤師によって、判断が違ってくることがあります。

保管についてお悩みの方は、お近くの病院や薬局に相談してみてください。

漢方薬の管理をしやすくしてくれるアイテム

ピルケース

乾燥剤

単純に乾燥を防いでくれるアイテムと思いがちですが、中には湿気はもちろん、乾燥のしすぎも防いでくれるものが存在します。

漢方薬の効能をしっかりと感じるためには、ベストな状態を保つことが大切になるんです。

漢方薬のためを考えると湿気はもちろん、乾燥のしすぎもいい影響を与えません。

部屋における湿度のバランスは、季節や立地条件によっても変わります。

状況に合わせて使用する乾燥剤を変えてみることも大切になるでしょう。

ピルケース

ピルケースは薬を保存するために作られたアイテムです。密閉空間に漢方薬を閉じ込めることができるので、空気や風の影響を避けることができるでしょう。

湿度や強い乾燥から漢方薬を守ることができる便利なアイテムになります。

ジップロック

さまざまな形状の物が売っている密閉式の袋です。

通常、食品の管理に使われる商品ですが、漢方薬を管理するアイテムとしても使っていけますよ。

細かく分けることができるので、複数の漢方薬を管理するのに便利です。

いろいろなサイズがあるので、状況によって使い分けていきましょう。

清肺湯で気になる咳や淡を解消していこう

咳や淡の症状はつい我慢してしまいがちです。

でも軽いものだからといって放置を続けると、さらに症状を悪化させてしまうことがあります。

病院に行くほどではないけど、何らかの対策を行っていきたい・・・そういった人には清肺湯(セイハイトウ)が使っていきやすいでしょう。

自分の状況に合わせて1番いい選択をしていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?