漢方薬・生薬

喉の炎症が気になるなら柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)!その効能と副作用とは?

柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)という漢方薬は、喉の炎症に効果的です。

喉の炎症はちょっとしたきっかけで起きやすく、重症化すればさまざまなデメリットをもたらします。

ただ柴胡清肝湯にはいくつか注意点や副作用があり、使用の仕方に気を付けていく必要があるんです。

柴胡清肝湯のことを正しく知り、効率的に活用していきましょう。

柴胡清肝湯の効能

生薬一覧

柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)は喉の炎症や腫れ、神経を高ぶりといったさまざまな症状に効果的漢方薬です。

体だけではなく神経のお悩みにも効果的な漢方薬で、年齢を問わず使っていきやすい漢方薬といえます。

柴胡清肝湯の副作用

腹痛女性

ほとんど副作用のない柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)ですが、一部症状を感じてしまう人もいます。

症状が出ているにも関わらず使用を続けると、他疾患のきっかけとなることもあるでしょう。

事前によく確認し、もしものときに備えておいてください。

むくみと体重増加

むくみ体重増加を同時に起こり、見た目に大きく影響してしまうことがあります。

むくみは余計な水分が体にたまることによって起こるので、単純に膨張するだけではなく体重にも関係してきます。

重度の場合は患部の違和感で気付くことができますが、軽度の場合はすぐには気付けないことがあるでしょう。

そういったときには気になる部分を強く圧迫し、跡がつくかどうかを確認してみてください。

跡がついたまま戻らないようなら、副作用の症状が起こっている可能性があります。

体がふるえ筋肉がピクピクする

体にふるえを感じ筋肉がピクピクするようなら、副作用の症状が出ていることがあります。

胃の不快感

食欲不振・胸やけ・気持ち悪さ・吐き気といった症状があったら、副作用の症状を疑いましょう。

重症化すれば、実際に吐いてしまうこともあります。

このようにさまざまな副作用が起こることがあります。ただ人によって副作用の出方は違い、ここで書かれているものがすべてではありません。

少しでも体調不良を感じたら、すぐに柴胡清肝湯の使用をやめてください。

柴胡清肝湯の注意点

ストレス女性

どなたでも使っていきやすい柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。無理に使用すると体調不良のきっかけとなることがあるので、よく確認しておいてください。

喉の炎症を放置するとどうなる?

喉が痛い

たかが炎症と侮っていると、さまざまな弊害をもたらすことになります。日常生活に支障を来たすことがあるので、よく確認しておきましょう。

食事が取りにくくなる

喉の炎症が広がっていくと痛みを感じ、食事をするたびに苦痛を感じるようになってしまいます。

食事を取るたびに問題が起こるので、次第に食欲不振になってしまうこともあるでしょう。

炎症が広がりやすくなる

そっとしておくことで自然に炎症が解消されるとは限りません。何もせずにいることでかえって炎症が広がり、重症化していくこともあるんです。

症状が重症化していけば、治療を行う際に余計な時間がかかります。

咳が止まらなくなる

少しの刺激でも喉が反応するので、異物感から咳が止まらなくなることがあるでしょう。

咳が続くようになればそのたびに喉が刺激され、また炎症が広がり痛みを感じやすくなるといった悪循環が起こるようになります。

柴胡清肝湯の服用法

薬を飲む
柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)を服用する際はお湯を用意し、その中に粉末の柴胡清肝湯を混ぜた後トロトロの状態になるまで馴染ませてください。

粉末を直接口内に送るよりも飲みやすく、むせるリスクを軽減することもできます。

漢方薬を断念してしまう人が多い理由

飲まない

中には漢方薬の服用を断念してしまう人がいます。

その理由はさまざまあるので、自分の状況に関係しているかどうか確認してみてください。

味わいや風味が服用を邪魔してしまう

さまざまな生薬が配合されている漢方薬には、たくさんの味わいや風味が交じり合っています。

そのため独特の苦みや酸っぱみ、または甘みを生み出し、人によっては飲みにくいと感じてしまうんです。

飽きてしまう

毎日同じ漢方薬を服用することでだんだんと味に飽きてしまい、服用を続けていく意欲が阻害されます。

漢方薬を飽きずに続けていくためには、味を変化させるといった工夫が大切になるでしょう。

飲み忘れが続き服用をやめてしまう

毎日服用を続けていくことが大切な漢方薬ですが、たまに飲むのを忘れてしまうことがあります。

そういったことが続くと嫌気が指してしまい、途中で服用をやめてしまう人が珍しくありません。

無理に服用して嫌悪感を抱いてしまう

柴胡清肝湯に嫌気を指してしまっているのに無理に服用を続けると、飲むこと自体に嫌なイメージを抱いてしまい使用をやめてしまいます。

服用を助けてくれるアイテムが便利!

カプセル

安心して柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)の服用を続けるためには、自分でできる工夫を行っていく必要があります。

あまり難しいやり方では途中で挫折してしまうので、気軽にできる工夫を行っていきましょう。

服薬ゼリー

さまざまなメーカーが販売している、薬を飲むために開発されたアイテムです。

大人はもちろん子供でも使っていきやすいアイテムで、使い方もとても簡単ですよ。

容器に中身のゼリーを出して、そのなかに漢方薬を混ぜてください。

粉末タイプ・錠剤タイプどちらにも適応します。混ぜた後はすくって食べるだけです。

レモン味やコーヒーゼリー風味といったいろいろな味も販売しているので、飲みやすさだけではなく飽きるといったリスクも軽減できますね。

カプセル

空の状態のカプセルがドラッグストアや通販で販売しています。粉末タイプの漢方薬を入れるだけで完成なので、とても気軽に使っていきますよ。

これのいいところは粉末の漢方薬を、簡単にカプセルタイプに変えられることです。

粉末タイプが苦手な人には、とても使っていきやすいアイテムといえるでしょう。

錠剤を潰すアイテム

錠剤タイプの漢方薬を苦手と感じている人は、錠剤を潰すアイテムを使ってみましょう。

名称はそれぞれ違いますが、錠剤クラッシャーやピルクラッシャーと呼ばれます。

錠剤をすりつぶすことで、簡単に粉末タイプにすることができますよ。

錠剤の大きさによっては、錠剤クラッシャーだけでは不十分な場合があります。

そういったときには錠剤用のカットはさみを使って小さくしてから、錠剤クラッシャーにかけてください。

飽きない工夫をしながら柴胡清肝湯を服用しよう

薬 飲み方
柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)は効果的な漢方薬ですが、飽きて途中でやめてしまう人が珍しくありません。

そういった事態を回避するためには、便利なアイテムを使い服用を助けていく必要があるんです。

そのほかにも柴胡清肝湯には、さまざまな副作用や注意点が存在します。

効能だけではなく副作用も確認し、正しく柴胡清肝湯を活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?