漢方薬・生薬

牛膝散(ゴシツサン)で月経痛を解消しよう!そのメリットとデメリットとは

月経痛を感じている人は、牛膝散(ゴシツサン)が使っていきやすいでしょう。

この漢方薬は女性ならではの症状に効果的で、お悩みの解消を助けてくれます。

少しでも症状を感じたら、早めに対策を行ってください。

牛膝散(ゴシツサン)の効能

漢方
牛膝散(ゴシツサン)は、月経痛、無月経、膨満感、うずくような痛みに効果的な漢方薬です。

月経の問題をそのままにしていると、他疾患のきっかけになります。

加えてプライベートや仕事に大きく影響してくるので、大きなストレスになるでしょう。

少しでも症状を感じたら、早めに対策を行っていく必要があります。

牛膝散(ゴシツサン)の副作用

倦怠感
ほとんど副作用が出ることのない牛膝散(ゴシツサン)ですが、中には症状を感じてしまい人もいます。

副作用が出ているにもかかわらず使用を続けると、さらに重症化していくこともあるでしょう。

目安を確認し、いざというときに備えてください。

発熱や呼吸困難

発熱や呼吸困難の症状が同時に起こることがあります。

特に理由がないのにほてりや汗ばみ、息苦しさを感じることがあったら副作用を疑うようにしてください。

むくみと体重増加

むくみと体重増加が同時に起こることがあります。

むくみとは体内に余計な水分がたまり、体が膨張してしまう症状です。

体に不要な水分がたまることにより、体重増加が起こってしまうこともあるでしょう。

四肢の痙攣

四肢に痙攣の症状がみられ、うまく動かすことができなくなることがあります。

四肢に違和感が起こりいつもに比べて動きにくいと感じたら、すぐに牛膝散(ゴシツサン)の使用をやめてください。

発疹や蕁麻疹

発疹や蕁麻疹の症状が起こり、かゆみや痛みを伴なうことがあります。

皮膚の状態に気を配り、赤みが見られるようなら副作用を疑うようにしてください。

胃腸の不快感

胃腸の不快症状が走り、食用不振、吐き気、気持ち悪さ、腹痛の症状を感じることがあります。

少しでも胃腸の違和感が起こったら、すぐに牛膝散(ゴシツサン)の使用をやめてください。

牛膝散(ゴシツサン)の注意点

ほとんどの人に使っていきやすい牛膝散(ゴシツサン)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

使用に向かない人が無理に服用すると、体調を損ねてしまうことがあるでしょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が牛膝散(ゴシツサン)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

特に牛膝散(ゴシツサン)には大黄(ダイオウ)を初めとする、妊婦への使用に注意が必要な生薬が使われているんです。

使用の際は、医師に確認してから使用してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用すると、薬同士がぶつかり合ってしまうことがあります。

薬の相性によっては体に悪影響をもたらす恐れがあるので、併用には注意してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が牛膝散(ゴシツサン)を服用すると、持病に影響をもたらすことがあります。

持病の種類によっても対応は違ってくるので、医師に確認してから使用してください。

高齢者や小児

高齢者や小児が牛膝散(ゴシツサン)を服用すると、体調を損ねてしまうことがあります。

該当者の手が届かない場所に保管するようにしてください。

牛膝散(ゴシツサン)の服用法

水
牛膝散(ゴシツサン)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯で服用してください。

水以外で服用すると、しっかりと効能を感じることができなくなってしまいます。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に服用してください。

月経痛を放置していると他疾患のきっかけとなる

うつ病
月経痛をそのまま我慢し放置していると、他疾患のきっかけになることがあります。

うつ病

ストレスや不安にさらされることで心身のバランスを崩し、うつ病を発症してしまうことがあります。

うつ病を発症すると不安やストレスを感じやすくなり、日常生活に大きな支障をもたらすでしょう。

自律神経失調症

自律神経失調症を引き起こすことにより、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

自立神経のバランスが崩れると、心身に乱れを生じさせてしまうんです。

加えて不眠症やパニック障害といった、心疾患の要因ともなるでしょう。

漢方薬の持ち歩きって実は大変!

大荷物
漢方薬を規則的に服用するためには、外に持ち出すことも大切になってきます。

でも漢方薬の持ち歩きは意外に大変で、難しいと感じている人が珍しくありません。

瓶で販売されているものも多くかさばる

漢方薬はで売られているタイプが珍しくなく、多くの場合はかさばります。

そのためバッグに入れると重く感じ、気軽に持ち出すことが難しいんです。

ちょうどいい量を取り出せない

漢方薬を持ち出すときはちょうどいい量を取り出すのが大変です。

多くの漢方薬は取り出しやすさを重視していないので、一度にたくさん出てしまうことがあります。

人前に取り出しづらい

漢方薬のパッケージにはしっかりと名称が記載されていることが多く、人の目が気になります。

場合によっては外で服用する必要があるので、日常的なストレスを感じることになるでしょう。

漢方薬を持ち歩きやすくしてくれるアイテム

ハッピー
漢方薬を持ち出しやすくするために、便利なアイテムを使用していくのもありです。

自分合ったタイプを選択し、漢方薬を服用しやすくしてください。

ピルケース

ピルケースは薬の管理を助けてくれる、使いやすいアイテムです。

複数の部屋に分かれているので、漢方薬を使い分けるのに便利でしょう。

コンパクトなので、持ち歩きにも便利です。

お薬ポーチ

お薬ポーチは薬を持ち歩くのにとても便利なアイテムです。

一見普通のポーチと変わりませんが中にはフィルムが用意されていて、複数の漢方薬を管理するのにとても使い勝手がいいです。

さまざまなデザインが販売しているので、自分の好みに合わせることができますよ。

ジップロック

本来食品を管理するために使われるジップロックですが、漢方薬を管理するのにも便利です。

半透明なので中身がすぐに分かり、飲み忘れも防いでくれるでしょう。

さまざまなタイプが販売しているので、自分に合ったものをまとめ買いしておくと楽です。

持ち歩きにくい牛膝散(ゴシツサン)!アイテムをうまく使っていこう

漢方薬である牛膝散(ゴシツサン)は、持ち歩きにくい存在です。

そういった事態を避けるためには、アイテムを使っていく必要があるでしょう。

ピルケースやお薬ポーチ、ジップロックといった商品を使い、気軽に持ち歩くようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート