漢方薬・生薬

倦怠感に効果的な藿香正気散(かっこうしょうきさん)!その特徴とは

日常生活で怠さを感じているなら、藿香正気散(かっこうしょうきさん)が使っていきやすいです。

倦怠感は甘く見られがちですが、放置したままでいると体調不良を引き起こします。

早めに対策を行っていきましょう。

藿香正気散(かっこうしょうきさん)の効能

倦怠感
藿香正気散(かっこうしょうきさん)は夏風邪胃腸の不調、それに伴なう症状に効果的な漢方薬です。

胃腸に不調が起こると倦怠感や食欲不振、下痢、食欲不振といった、さまざまな症状を引き起こします。

これらの症状は誰にでも起こりやすく、放置しておけば慢性的な疾患につながりかねません。

少しでも心当たりがあったら、早めに対策を行っていく必要があります。

藿香正気散(かっこうしょうきさん)の副作用

具合わるい
ほとんど副作用が出ることがない藿香正気散(かっこうしょうきさん)ですが、一部副作用が出てしまう人もいます。

無理に服用を続けるとかえって症状が悪化してしまうこともあるので、少しでも心当たりがあったらすぐに藿香正気散(かっこうしょうきさん)の使用をやめてください。

手足のしびれや怠さ

手足にしびれや怠さを感じ、うまく力が入らないといった症状が見られることがあります。

うまく物が持てない・手足がピクピクと震えるといったことがあったら、副作用を疑うようにしましょう。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が起こることがあります。

特に理由がないのに力が入らないといったことがあったら、副作用を疑うようにしましょう。

湿疹やかゆみ

肌に湿疹やかゆみの症状が見られることがあります。

湿疹はハッキリとした形ではなく赤みとなって症状が表れることがあるので、肌の状態がいつもと違うといったことがあったら副作用を疑うようにしてください。

そのほかにもさまざまな症状が副作用として、表れることがあります。

ここに書かれていることがすべてとは限らないのでいつもと体調が違うと感じたら、すぐに藿香正気散(かっこうしょうきさん)の使用をやめてください。

藿香正気散(かっこうしょうきさん)の注意点

妊婦
ほとんどの人に使っていきやすい藿香正気散(かっこうしょうきさん)ですが、一部使用に対し注意が必要な人もいます。

念のため確認をしておき、いざというときに備えておきましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が藿香正気散(かっこうしょうきさん)を服用すると、体調に支障を来たす恐れがあります。

漢方薬が妊婦に対しどんな影響をもたらすかどうかは、まだ未知数の部分があるからです。

使用する人の体調を熟知している、かかりつけの医師に相談してから使用するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が藿香正気散(かっこうしょうきさん)を服用すると、薬同士が影響しあってしまうことがあります。

薬は絶妙なバランスの元成り立ち、少しの変化でもしっかりと効果を発揮することができなくなることがあるんです。

現在薬を服用している人やこれから服用する予定にある人は、医師や薬剤師に相談してから服用することが大切になります。

持病を持ってる人

持病を持っている人が藿香正気散(かっこうしょうきさん)を服用すると、持病に何らかの影響をもたらすことがあります。

持病の種類によっても違ってくるので、医師に相談しながら服用したほうが無難です。

何らかの薬によって体調不良になった人

過去に何らかの薬によって体調不良になったことがある人は、藿香正気散(かっこうしょうきさん)の使用に注意してください。

アレルゲンとなる物質が、含まれている恐れがあります。

高齢者や小児

高齢者や小児への使用には注意が必要です。

生理機能の関係で、体調不良になる可能性があります。

勘違いで使用されないよう、事前に周りに説明しておきましょう。

藿香正気散(かっこうしょうきさん)の服用法

服用
藿香正気散(かっこうしょうきさん)を服用する際は、水やお湯で服用することが大切です。

そのほかの飲み物で服用すると、効果を薄めてしまうことがあるんです。

食前食間のタイミングを守り、予め水やお湯を用意してから服用していきましょう。

漢方薬のメリット

メリットデメリット
漢方薬には様々なメリットがあります。

その特徴を知り、より漢方薬についての知識を高めていってください。

副作用が少ない

漢方薬は比較的副作用の少ない医薬品です。

医薬品によって体調を崩したことがある人は、漢方薬の方が使っていきやすいことがあるでしょう。

原因が分かっていなくても使っていける

医薬品を使用するときには、ほとんどの場合原因がハッキリと分かっていることが求められます。対して漢方薬は体の回復機能を高めるという特徴から、原因がハッキリとしていなくても効能を発揮することができるんです。

食品と混ぜ合わせてもそれほど違和感がない

できれば水やお湯と一緒に服用していきたい医薬品ですが、場合によっては食品を使用することも大切になってくるでしょう。

そんなときはほかの医薬品よりも、漢方薬の方が馴染ませやすいです。

漢方薬の中には食品として使われる物もあり、食品との相性がいい組み合わせもあるんです。

うまく漢方薬と食品を混ぜ合わせて、服用しやすくしていきましょう。

漢方薬ならではのデメリット

さまざまなメリットが知られている漢方薬ですが、実はデメリットも存在します。悪い点も知り、正しい知識を身に着けていきましょう。

独特の味わいがある

藿香正気散(かっこうしょうきさん)を初めとする漢方薬には、独特の味わいが存在します。漢方薬には生薬といわれる、さまざまな動物や植物、または鉱物が使われています。

それらがブレンドされることによって、説明しがたい独特な味わいが発生してしまうんです。そのことが原因で、服用をやめてしまう人も珍しくありません。

一言に漢方薬といってもその種類はさまざまです。自分が飲みやすい物を選んでいくことも、大切になってくるでしょう。

金額が高くなりがち

漢方薬は一般的な医薬品と比べて、金額が高くなりがちな傾向にあります。というのも、漢方薬に使われている生薬の品質はさまざまで、その品質によって金額が大きく変わってくるからです。

そのため続けることが難しくなり、途中でやめてしまう人がいます。

市販で売っている種類が少ない

ドラッグストアや薬局でも販売している漢方薬ですが、市販で売っている物となるとそんなに数が多くありません。

漢方薬の種類は数多に渡るうえ、現在も西洋医学の元作られた医薬品の方が一般的だからです。

漢方薬を買おうと思っても、目当ての物が販売していないことがあるでしょう。

藿香正気散(かっこうしょうきさん)をうまく活用していこう

藿香正気散(かっこうしょうきさん)は、胃腸の症状に効果的な漢方薬です。ただその使用にはデメリットもあるんです。メリットだけではなくデメリットも知ることで、うまく活用していくことができるでしょう。

場合によっては食品も利用し無理なく服用するための、工夫を行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート