漢方薬・生薬

荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)の効能と副作用とは?詳しく解説!

荊芥連翹湯という漢方薬を知っていますか?

荊芥連翹湯は、日常の悩みに寄り添ってくれる漢方薬です。

副作用が少なく使っていきやすいので、普段使いにちょうどいいものになっています。

そんな荊芥連翹湯の特徴を詳しく紹介していきます。

荊芥連翹湯の効能

荊芥連翹湯は体のほてりや血液の循環に作用してくれる漢方薬です。

ニキビや湿疹の症状にも効果的なので、肌の状態に悩んでいる人も使っていきやすいでしょう。

そのほかにも目の充血や鼻づまりといった不快症状に、効果的に働きがけます。

すべて日常で起こりがちな症状なので、いざというときに頼りになる漢方薬といえます。
ニキビ

荊芥連翹湯の副作用

ほとんど副作用のない荊芥連翹湯ですが、まれにさまざまな症状が出ることもあります。

事前に確認し、いざというときに備えましょう。

むくみと体重増加

荊芥連翹湯を使ったことで、むくみや体重増加が起こる場合があります。

むくみとは細胞内に水分がたまり、皮膚が盛り上がる症状を指します。

水分がたまることで体重にも影響をもたらし、太ったような印象を周りに与えることもあります。

通常、安静にしていれば解消されることが多いですが、副作用によって症状が起こっている場合、むくみがなくなるとは限りません。

少しでもむくみの症状を感じたら使用をやめしょう。

手足のしびれや痛み

手足がしびれ痛みを伴うことがあります。

手足のしびれは長時間体を酷使することで起こりますが、特に理由がないのにしびれや痛みを感じるようなら荊芥連翹湯の使用をやめましょう。

咳や息切れ

咳や息切れの症状があるようなら副作用の可能性があります。

荊芥連翹湯を使用したことで、肝臓に支障が来たすことがあるからです。

めったに起こることのない重篤な症状ですが、もし心当たりがあるようなら使用をやめることが無難です。

食欲不振や吐き気

体が荊芥連翹湯を受け入れられず、食欲不振や吐き気の症状が起こることがあります。

漢方薬独特の風味や苦みに気持ち悪さを感じていることもありますが、念のため使用をやめるようにしてください。

めったにないことですが、漢方薬で副作用が出ることもあります。

症状が安定しないようなら、すぐに使用をやめ医師や薬剤師に相談しましょう。

ここで書かれている副作用がすべてではありません。

人によって症状は違ってきます。普段から気を付ける癖をつけてください。

荊芥連翹湯の注意点

荊芥連翹湯は基本的にどなたでも使いやすくなっています。

ただ使用に注意が必要な人もいるので、よく確認しましょう。
kanp16

妊娠中の人

妊娠中の人が漢方薬を使用すると、副作用が大きく出てしまうことがあります。

母体や胎児の健康を阻害する場合があるので、必ず医師に相談してから使用してください。

持病を持っている人

持病を持っている人は漢方薬の使用に注意が必要です。

持病の内容によっては、漢方薬の作用が悪い方向に働く恐れがあるからです。

ほかの薬を使用している人

ほかの薬を使用している人が漢方薬を使うと、相互作用により体に悪影響をもたらすことがあります。

症状を悪化させ変化をもたらすことがあるので、すでにほかの薬を使用している人は注意しましょう。

過去に薬で副作用が出た人

過去に薬を使用したときに具合が悪くなった経験がある人は、使用に注意が必要となります。

その薬に含まれている成分が、配合されているかもしれません。

荊芥連翹湯を服用するときには必ず注意点を守り、場合によっては医師や薬剤師に相談するようにすると安心です。

注意が必要な飲み合わせ

荊芥連翹湯には相性が悪い飲み合わせがあります。

むやみに併用すると体に悪影響をもたらすことがあるので、必ず確認しておいてください。

甘草

甘草は漢方薬に多く使われています。

誤って飲んでしまうと副作用が多く出てしまう恐れがあるので、成分表の確認や薬剤師に相談するといったことを徹底してください。

グリチルリチン

風邪薬に使われていることが多い成分です。

こちらも副作用を大きくしてしまうことがあります。
薬 飲み合わせ

意外に知られていない!漢方薬の正しい飲み方

漢方薬は食品に使われていることも多く、適当に服用している人が珍しくありません。

しかし漢方薬にも正しい飲み方が存在するので、せっかく漢方薬を使用するなら知っておきましょう。

まず漢方薬は胃の中がからっぽの状態のほうが、より効果的に働きます。

食事を取る前に服用してください。漢方薬は風味を活かしたほうが、いいとされています。

あまり味付けをせず、水やお湯で飲んだ方がいいです。

荊芥連翹湯を飲みやすくする工夫

漢方薬はなるべく水やお湯を使用し、食前に飲むことが望ましいです。

とはいっても漢方薬には独特の苦みや風味があり、それによって途中で服用をやめてしまう人が珍しくありません。

漢方薬は毎日続けていくことが大切なので、これでは中途半端な結果に終わってしまいます。

自分でできる工夫を行って、長続きさせるようにしましょう。

みそ汁やスープに混ぜる

みそ汁やスープといった水気の多い食事に荊芥連翹湯をまぜ、服用しやすくしていくという手があります。

この方法なら飲み下しながら、荊芥連翹湯を服用することができるんです。

適度に具材を入れることで、漢方薬独特の苦みをごまかすこともできます。

市販のゼリーと一緒に服用

市販で売られているゼリーに、荊芥連翹湯を混ぜるのもいいでしょう。

さまざまな味が販売しているので、飽きることがほとんどありません。

すでに出来上がっているので、自分で作る手間もなく便利です。

フルーツソースを利用すれば、さらに自分の理想的な味に近づけることもできるでしょう。

手作りチョコレートと一緒に食べる

板チョコを溶かしそこに荊芥連翹湯を入れて固めれば、スイーツとして気軽に食べられます。

ミルクや砂糖の量を調節できるので、自分好みチョコレートにしていくことができます。

フルーツやナッツを入れることで、栄養たっぷりのチョコレートが作れますよ。

コーヒーや緑茶に混ぜる

コーヒーや緑茶といった香りの強い飲み物に混ぜ、荊芥連翹湯の風味をごまかすという手もあります。

漢方薬にありがちな独特に風味を苦手とする人は珍しくなく、香りでごまかすだけでも大分飲みやすくなりますよ。

調味料に混ぜて料理に使う

お好きな調味料に混ぜるというのもいいでしょう。

調味料に混ぜることでサラダや炒め物といった、さまざまな料理に手軽に使うことができます。

混ぜるだけなので手間もかからず、思い立ったときにつかえるのはとても便利ですね。

漢方薬を服用するのはとても大変です。

自分に合った工夫を行い、毎日続けていけるシステムを作っていきましょう。

荊芥連翹湯は日常使いできて便利!

荊芥連翹湯は体のほてりや血液循環に働きがけ、鼻づまりにも効果的な漢方薬です。

これらの症状は年齢や性別を問わず起こるので、とても使い勝手のいい漢方薬といえます。

自分でできる工夫を行っていき無理なく服用していくことができれば、あなたの生活に役立てることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?