漢方薬・生薬

咳や淡の症状に効果的な滋陰至宝湯(ジインシホウトウ)!その効能と副作用を紹介

滋陰至宝湯(ジインシホウトウ)という漢方薬について、知っているでしょうか。

といった症状に効果的で、うまく活用していけばあなたのお悩み解決に役立ちます。

咳や淡は放置しておくと他疾患のきっかけとなることもあり、大きなストレスを呼び込むんです。正しく知り、うまく活用していきましょう。

滋陰至宝湯の効能

漢方一覧

滋陰至宝湯(ジインシホウトウ)は軽い熱の症状に効果的に働きます。

倦怠感の症状を持った人にも使っていきやすいので、日常生活のちょっとした悩みに働きがけてくれる漢方薬といえるでしょう。

滋陰至宝湯の副作用

ストレス女性
ほとんど副作用のない滋陰至宝湯(ジインシホウトウ)ですが、一部副作用を感じてしまう人もいます。

副作用の症状は人によって違い、どんな症状が起こるか分かりません。

ただある程度の傾向はあるので、事前によく確認しておきましょう。

むくみや体重増加

むくみや体重の増加が起こり、体が太ったような印象になることがあります。

実際に体重の増加が起こることもあり、美容に大きく関係してくるでしょう。確認は簡単に行えます。

まず患部を強くつかんでみてください。通常時ならすぐに皮膚が元の状態に戻ります。

むくんでいたら、元の状態に戻らずへこんだままになってしまうんです。

そのほか、服の装着感で確認する方法もあります。むくんでいる状態ではズボンがきつくなり、いつものように簡単に履けないことがあるんです。

服を着た感じがいつもと違うと感じたら、むくみを疑ってください。

胃の不快感

胸やけ食欲不振といった症状が起こります。

少しでも気持ち悪さや違和感があったら、滋陰至宝湯の服用をやめてください。

手足のしびれ

手足がしびれ、うまく物が持てない・理由もなくぷるぷると震えるといったことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

ここで記載されている以外にも、さまざまな副作用が表れることがあります。

少しでも体に異常を感じたら、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

滋陰至宝湯の注意点

女医注意
滋陰至宝湯(ジインシホウトウ)の使用には、注意が必要な場合があります。

医師や薬剤師の判断が必要なこともあるので、確認しておいてください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が滋陰至宝湯を使用すると、体調不良のきっかけとなることがあります。

妊娠中の女性の体は通常時と違うので、漢方薬の効能がどんな影響をもたらすか分かりません。

独断で使用せず、必ずかかりつけの医師の診断を受けるようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が滋陰至宝湯を使用すると、体に対し悪影響を起こしかねません。

薬は絶妙なバランスの元成り立っています。効能がぶつかり合うと、体に悪影響をもたらすことがあるんです。

使用の際は必ず、医師や薬剤師に相談してください。

持病を持っている人

持病を持っている人が滋陰至宝湯を服用すると、滋陰至宝湯が持病に影響し体調不良のきっかけとなることがあります。

持病を抱えている人の体はとてもデリケートです。独断での使用はやめましょう。

甘草を含んだ薬や漢方薬

甘草を含んだ漢方薬と一緒に滋陰至宝湯を服用すると、体調不良のきっかけとなることがあります。

甘草は漢方薬によく使用されているので、使用に注意するようにしてください。

咳の症状で考えられる疾患

咳き込む女性

咳の症状は疾患によって起こっていることがあります。滋陰至宝湯を使っても症状が改善されないときは、疾患を疑ってみてください。

肺炎

ウイルスによって肺に炎症ができ、咳や発熱の症状を引き起こします。

特に免疫力が低下した人に起こりやすく、どちらかというと老人や子供といった体の弱い人がかかりやすい疾患です。

放置すると命に関わることもあるので、早期治療が大切になります。

気管支炎

細菌によって気管支に炎症ができ、喉の痛みや咳、鼻水といった症状が起こります。

重症化していくと、淡の症状も見られるようになるでしょう。

気管支喘息

アレルギーによって気管支が狭くなり、呼吸困難の発作を繰り返すようになります。

息をするたびヒューヒューといった特殊な呼吸音を繰り返すようになり、非常に不快感を伴います。

滋陰至宝湯の飲み方

服用
滋陰至宝湯を飲み際は服用法を守ってください。服用法を守らず使用すると、効能をしっかりと感じることができなくなります。

まず大切なのが水やお湯を使用することです。

コーヒーやジュースで服用すると、しっかり効能を感じることができなくなるかもしれません。

そのほか食前食間に使用するようにしてください。漢方薬は空腹状態のほうが効能を感じやすくなります。

なぜ漢方薬を飲まなくなってしまう人がいるのか?

飲まない
途中で漢方薬を飲まなくなってしまう人が珍しくありません。なぜそうなってしまうんでしょうか?

独特の味わいや風味が嫌になる

滋陰至宝湯(ジインシホウトウ)を初めとする漢方薬には、独特の味わいや風味があります。

そのため服用しにくいと感じる人が珍しくなく、途中でやめてしまいます。

飲みやすくしていくための工夫が必要となるでしょう。

飽きてしまう

滋陰至宝湯の服用に飽きてしまい、続けていくのが面倒になってしまいます。

毎日のことなので、こういったことが起こってしまうんですね。飽きずに服用していくためには、飽きない工夫を行っていく必要があります。

すぐに効果が出ないのでやめてしまう

漢方薬は体の回復機能に働きがける特徴があります。

そのため即効性を必要としている人が使用すると、思ったような結果が得られないことがあるんです。

漢方薬の効能は数回の使用だけでは分からないことがあります。

効果がないとすぐにやめてしまうのはもったいないでしょう。

食品をうまく活用して三黄瀉心湯を飲む

食品
できれば水やお湯で服用していきたい漢方薬ですが、途中でやめてしまうリスクを軽減するためには自分でできる工夫を行っていく必要があります。

食品をうまく使い、飲みやすくしていきましょう。

ハチミツ

ハチミツはとろみと甘みがバランスよく配合されています。三黄瀉心湯と混ぜることで、漢方薬独特の味わいや風味をごまかすことができるでしょう。

アレンジしやすいので、とても便利に使っていけます。

メープルシロップ

ホットケーキによく使われるメープルシロップですが、そのまま食べても大丈夫です。

三黄瀉心湯を混ぜて、スプーンですくって食べるようにしてください。

アイスクリームやプリンといった、スイーツに混ぜて食べるのもいいでしょう。

注意点を守り滋陰至宝湯をうまく活用していこう!

滋陰至宝湯(ジインシホウトウ)は効果的な漢方薬です。

でも注意点を守らず服用を続けると、体に支障を来たすこともあるんです。

リスクを軽減するためには滋陰至宝湯の効能だけではなく、副作用も知っていく必要があります。

特徴をしっかりと知り、うまく滋陰至宝湯を活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?