漢方薬・生薬

むくみが気になるなら五苓散(ゴレイサン)!その副作用は注意点も紹介

五苓散(ゴレイサン)はさまざまな症状に対応する、使っていきやすい漢方薬です。

年齢や性別を問わずに使用できるので、うまく活用すれば悩みの解決に役立てることができるでしょう。

ただ使用するためにはその効能はもちろん、注意点や副作用を知っていくことも大切です。

正しく知り、五苓散をうまく活用していってください。

五苓散の効能

むくみ 吐き気
五苓散(ゴレイサン)は体の中の無駄な水分を輩出し、むくみや吐き気といった諸症状に働きがけます

体質に関係なく使っていきやすいので、とても利便性の高い漢方薬といえるでしょう。

むくみや吐き気といった症状は自分の力だけで解消しにくく、長引くとさらに症状を悪化させることがあります。

早期解決していってください。

五苓散の副作用

五苓散はほとんど副作用がない漢方薬ですが、一部症状を感じてしまう人もいます。

もし症状が起こってしまったときに備え、よく確認しておきましょう。

胃の不快感

胃に不快感が起こり吐き気や胸やけといった、症状が起こることがあります。

人よって微妙に症状が違ってくるので、少しでも胃に違和感が起こったら警戒しましょう。

発疹や赤み

体に発疹や赤みが起こることがあります。

発疹の出方は人によって違うので、少しでも肌に異常を感じたら副作用を疑ってください。

五苓散の注意点

服用時の注意
五苓散は誰でも使っていきやすい漢方薬ですが、使用に注意が必要な人もいます。

事前によく確認しておきましょう。

妊娠中の人

妊娠中の人が五苓散を服用すると、体調不良になることがあります。

母体に影響がなくても胎児に影響があることがあるので、独断での使用は危険です。

使用したいときは、かかりつけの医師に相談してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が五苓散を使用すると、薬との相乗効果によって体に異常が起こることがあります。

薬の効果を弱める可能性もあるので、すでにほかの薬を服用している人・これからほかの薬を服用する人は使用に注意してください。

気になる人は医師や薬剤師に相談しましょう。

持病を持っている人

持病を持っている人が五苓散を服用すると、持病に変化や悪化をもたらすことがあります。

独断での使用はやめるようにしてください。

そのほかにもその人の大切や体調によって、使用に注意が必要な場合があります。

漢方薬のメリット

漢方薬のデメリットはどんなことがあるでしょうか?

デメリットを見てみましょう。

ほとんどの場合副作用がない

漢方薬にはほとんど副作用がありません。

症状の原因に働きがける西洋医学と違い、東洋医学では症状の要因となるさまざまな体の状態に働きがけます。

そのため強い副作用が起こりづらく、人によっては使いやすいことがあるでしょう。

食品に使われていることがあるのでなじみやすい

漢方薬の中には甘草(カンゾウ)や桂皮松(シナモン)といった、食品に使われる生薬が使われています。

独特の味わいや風味を除外すれば服用しやすく、人によってはなじみやすいんです。

漢方薬のデメリット

独特の味わいがある

五苓散をはじめとする漢方薬には独特の味わいがあり、人によっては飲みにくいと感じることがあります。

飲みにくい漢方薬を無理に服用することで、ストレスを感じる人も珍しくありません。

即効性を期待しにくい

漢方薬は続けていくことで体の回復機能を高め、症状に働きがけます。

今感じている症状をすぐ治したい人には不向きなので、即効性を期待しにくい特徴があるんです。

すぐに症状を解消したい人は、医師に相談するようにしてください。
医者

五苓散の正しい服用法

五苓散は正しく服用していく必要があります。

服用法を間違えると効能を阻害することがあるので、服用法を守るようにしましょう。

まず漢方薬は食前や食間に服用することが望ましいです。

空腹状態のときに服用してください。ジュースやコーヒーではなく、水かお湯で服用することも大切になります。

無理に漢方薬を飲み続けるとどうなる?

服用しにくいと感じているのに五苓散を無理に服用すると、さまざまな弊害をもたらすことがあります。

ストレスから服用をやめてしまう

まずいと感じているのに無理に漢方薬を服用しつづけると、そのことがストレスとなり服用をやめてしまう可能性が出てくるんです。

漢方薬は服用し続けることが大切なので、途中で服用をやめてしまうことはもったいないですよね。

漢方薬に悪いイメージを持ってしまう

漢方薬の服用がうまくいかないことで悪いイメージを抱いてしまい、服用自体がいやになってしまうこともあります。

服用するたびに吐き気を感じてしまう

独特の味わいや風味に、吐き気を感じてしまう人もいるでしょう。

服用するたびに吐き気を感じれば、強いストレスとなってしまいます。

このように五苓散の服用がうまくいかないと、強いデメリットを引き起こしてしまうんです。

飲みやすくしていくためには、工夫を行っていく必要があります。

五苓散を飲みやすくしてくれる食品

漢方薬を飲みやすくしていくためには、工夫を行っていく必要があるんです。

さまざまな方法の中でも、食品を使っていく方法が便利でしょう。

粉末と混ぜやすいのはクリーム系統の食品

特に粉末と混ぜやすいのがクリーム系統の食品です。

クリーム系統の食品は粉末と混ぜ合わせやすく、簡単になじませることができるでしょう。

例えばコンデンスミルクやチョコクリームはとても使いやすいです。

ダマにならないよう少しずつ入れ、味を調整していってください。

スープは粉末を溶かしやすい

スープを利用して、漢方薬が持つ味わいや風味をごまかすのも手です。

スープは味付けもしやすく、とても便利に使っていけます。

みそ汁や海鮮スープといった、おいしいスープと合わせていきましょう。

漢方薬の乾燥を防いでくれるアイテム

乾燥 ジップロック
漢方薬は乾燥すると効能を損ねてしまいます

便利なアイテムを使い、管理していくと安心です。使っていきやすいアイテムを紹介していきます。

ジップロック

100均でも売っているジップロックなら、簡単に五苓散を管理することができます。

簡単に密封できるので、手間がかかることもありません。

ピルケース

薬を管理するのに便利なアイテムです。

小分けにすることができるので、複数の漢方薬が混ざることもありません。

家用と外出用で分けて使っていくといいですね。

乾燥材

お菓子に入っているような乾燥材を使うと、管理しやすくなります。

乾燥材は通販でも気軽に買うことができるので複数購入し、いつでも使えるようにしておいてください。

注意点を守りながら五苓散を活用していこう

五苓散(ゴレイサン)はむくみや吐き気といった、誰にでも起こる症状に効果的な漢方薬です。

でも一部副作用を感じてしまう人もいるため、使用には注意が必要です。

効能だけではなく副作用や注意点をよく知り、うまく五苓散を活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?