漢方薬・生薬

釣藤散の効果効能や特徴、副作用について解説

釣藤散(チョウトウサン)は、高血圧や動脈硬化からくるめまい・耳鳴りなど、各種症状に対して効果を期待できる漢方薬です。

ここでは、そんな釣藤散の特徴や副作用について紹介。

釣藤散の効果をより高める正しい飲み方についても掲載しています。

釣藤散の効果効能

イケメン おじさん

釣藤散(チョウトウサン)は、中年以降の比較的体力がある慢性的な頭痛に効果を期待できる、中国・金時代の古典書「本事方」にも掲載されている漢方薬。

特に、高血圧を伴う頭痛に対して効果的とされていて、起床後~午前中にかけて服用することでその効果を発揮できるようです。

そのほかにも、高血圧や動脈硬化で顕現されるめまい・肩こり・耳鳴り・のぼせ・抑うつ・不眠症といった症状に対しても使用することができます。

釣藤散の配合生薬は下記のとおりです。

チョウトウコウ・・・慢性的な頭痛やめまい、肩こりを改善する
チンピ・・・精神的に安定させる作用がある
ハンゲ・・・体を温めて身体機能を活発化させる
バクモンドウ・・・咳嗽を止めて熱感を改善する
ブクリョウ・・・病後の体力増強を促してミネラル類の排出量を活発化させる
ニンジン・・・新陳代謝を促して胃の衰弱を助ける
ボウフウ・・・関節が痛み偏頭痛を伴う時に効果的
キクカ・・・目の充血やかすみなど眼疾患に対して効果を期待できる
カンゾウ・・・緊張を緩和させる作用を有している
ショウキョウ・・・体を温めて新陳代謝を助ける
セッコウ・・・うわごとやもだえなどに効果的

釣藤散を飲めば痩せる?

☆釣藤散を飲めば痩せるかについて文章を作成☆

釣藤散の副作用

おっさん 飲む

人によっては副作用の可能性がある症状があらわれることがあります。

服用を続けていく中で慣れていくことが多いですが、馴染むことなく胃のムカムカを覚えたり、食欲がなくなったりするなら、服用を中止して専門医に相談してください。

症状は、下記のように軽度なものから重度なものまであります。

軽度・・・胃の不快感、食欲不振、吐き気、軟便、下痢、便秘、発疹・発赤、かゆみ
重度・・・倦怠感、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ、筋肉のふるえなど

釣藤散の効果的な飲み方

どんな漢方薬にも正しい飲み方で服用することで効果を発揮することができます。

基本的には、1日の用法・用量は下記のようになっています。

成人(15才以上)・・・1日3回/1回4錠
15才未満7才以上・・・1日3回/1回3錠
7才未満歳5才以上・・・1日3回/1回2錠
5才未満・・・服用してはいけない

釣藤散は、5才以上であれば1日3回、食前または食間に水や白湯で服用します。

もちろん、この服用方法で問題ないのですがよりその効果を実感したいなら起床時~午前中にかけて服用するとベストタイミングです。

釣藤散についてまとめ

おじいさん マッスル
釣藤散(チョウトウサン)は頼りがいのある漢方薬ですが、一部副作用を感じたり使用に注意が必要な人もいます。

効能だけではなく副作用にも注目し、もしものときに備えていきましょう。

飲みにくいと感じたら服用を助けてくれる、便利なアイテムを使用していくことも大切です。

服薬ゼリーやオブラートを使い、無理なく服用するための工夫を行ってみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート