漢方薬・生薬

十味敗毒湯の効果とは?生薬や服用方法・副作用を知っておこう

十味敗毒湯とはニキビに効果があると、口コミでも有名な漢方薬です。

今回は十味敗毒湯の効果や配合されている生薬、さらに服用方法や副作用について書いていきます。

漢方では肌トラブルはこう考える

にきび
漢方で肌トラブルとは、ほこり、メイク、雑菌などが原因で、肌がふさがれてしまい体内の水が排出されない受胎を肌トラブルと言います。

水が多いと、ジュクジュクと化膿し、少ないと乾燥、かゆみ、肌荒れになります。

水が滞ると、体の中をめぐる「」が滞ります。

この血も滞ると、肌に必要な栄養素が行き渡らなくなり、様々な肌トラブルを引き起こします。

ちなみにこの血が滞ることで起こる代表的な肌トラブルは、「シミ」です。

十味敗毒湯とは?

江戸時代
十味敗毒湯とは、10種類の生薬が毒を体から排出するという考えから名前が付けられた漢方です。

江戸時代の外科医である華岡青洲によって日本で作られました。

十味敗毒湯の効果をチェック

疑問
十味敗毒湯にはどのような効果があるのでしょうか?

  • 化膿している吹き出物
  • 化膿を繰り返すん木日
  • 湿疹
  • 蕁麻疹
  • 皮膚炎
  • 水虫

このようなものに効果があると言われています。

例えば・・

「急に蕁麻疹や湿疹が出来た」

「膿をもつ初期の皮膚疾患」

といったものです。

口コミで、よくニキビの治療薬として処方され効果があったという方多いです。

しかし、飲んで速攻でニキビが治るというわけでない、さらに十味敗毒湯単体でニキビ治療をするわけではありません。

出来てしまったニキビにはやはりニキビの治療薬が使用されますが、十味敗毒湯を服用することでニキビを作らない=体質改善の効果があります。

実際にアットコスメの口コミでも、十味敗毒湯が一番効果があったという方もいます。

もちろん漢方薬なので体質に合わなければ、効果を感じることは出来ませんが、毎日しっかり服用することで、体質からニキビを出来にくくすることが出来ます。

配合されている生薬

漢方
では十味敗毒湯に配合されている10種類の生薬について見ていきましょう。

①防風(ぼうふう)

セリ科のボウフウの根や根茎を乾燥したもので、発汗、解熱、鎮痛効果があり、皮膚の病気や風邪、神経痛に効果があります。

②荊芥(けいがい)

シソ科のケイガイの花穂を乾燥したもので、止血やかゆみを鎮める、抗菌作用があります。
腫れもの、風邪、喉の痛み、発熱に使用されます。

③川芎(せんきゅう)

セリ科センキュウのひげ根を取り除いた根茎を、湯通し乾燥したもので、日本でも生息しているので、日本のものが使用されています。
補血、強壮、鎮痛効果があり、蕁麻疹や化膿性の皮膚疾患に効果を発揮します。

④独活(どくかつ)

ウコギ科のウドの根茎を乾燥さいたもので、痛み止めや、発汗、解毒、血管収縮作用があります。

めまいや頭痛、神経痛に効果を発揮します。

⑤桔梗(ききょう)

キキョウ科キキョウの根を乾燥したもので、咳止めや膿を排出する効果があります。

喉の痛みにも使用されています。

⑥甘草(かんぞう)

マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したもので、緊張を緩和させ作用があり、解毒、鎮咳、鎮痙効果があります。

多くの漢方に配合されている生薬です。

⑦樸樕(ぼくそく)

ブナ科クヌギの樹皮を乾燥したもので、解毒効果に優れ、痔や下痢、下血に使用されています。

⑧柴胡(さいこ)

セリ科ミシマサイコの根を乾燥したもので、解熱、解毒効果にすぐれ肝臓疾患などの病気の緩和に使用されています。

⑨生姜(しょうきょう)

ショウガ科ショウガの根茎を乾燥したもので、体を温めて新陳代謝機能を高める効果があります。

食欲増進や発汗作用に優れ多くの漢方に使用されています。

⑩茯苓(ぶくりょう)

サルノコシカケ科マツホド菌の菌核を乾燥して、外の皮を取り除いたものです。

利尿作用にすぐれていて、病後の体力増強作用があります。

十味敗毒湯に効果のある体質は?

にきび 女性
漢方は体質に合ったものを服用しなければ、効果を感じることは出来ません。

十味敗毒湯は

「吹き出物が出来やすく、化膿しやすい体質」の方に向いている漢方です。

さらに

  • 体力が中程度以上
  • 化膿がある皮膚疾患
  • 化膿しやすい体質

この3つに当てはまる方は効果を実感することが出来ます。

十味敗毒湯はドラッグストアでも購入することが出来ますが、まずは皮膚科を受診して医師と相談し、自分の体質を見極めたうえで処方してもらうと安心です。

皮膚科では、ツムラの医療用の漢方がよく処方されます。

十味敗毒湯の服用方法

空腹
十味敗毒湯は、他の漢方と同じように成人なら1日7.5gを、2~3回にわけ食前または食間に水かぬるま湯で服用します。

空腹の状態で飲むのがポイントで、効果を実感出来るまでには個人差がありますが、1ヶ月はかかると思っておきましょう。

体質改善なので、毎日しっかり飲むことを忘れないでください。

十味敗毒湯の副作用をチェック

腹痛
漢方薬には、副作用の心配はあまりないと言われていますが、人によっては副作用がでることもあるので注意が必要です。

漢方薬を服用するにあたり、重篤な副作用についてはこちらの記事を確認してください。

上記の副作用は重篤な副作用ですが、起こるのは本当に稀です。

しかし症状が現れたら、すぐに服用を中止して医師に相談することが大切です。

その他にも十味敗毒湯には

  • 下痢
  • 発疹
  • 蕁麻疹
  • 眠気
  • 胃部不快感

などが報告されています。

服用していて少しでもおかしいなと感じたら、すぐ医師と相談しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回ニキビに効果のある十味敗毒湯について見てきました。

10種類の生薬が配合されていて、ニキビを出来にくい体にしてくれるということがわかりました。

ドラッグストアやインターネットからも気軽に購入することが出来ますが、自分の体質に合っているかどうかは、やはり医師の診察を受けないとわかりません。

まずは皮膚科を受診して、しっかりと自分の肌の状態を見てもらってから処方してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート