漢方薬・生薬

打撲の腫れが長引くようなら治打撲一方!その効能と副作用

足 打撲
打撲の症状に悩んでいる人は、治打撲一方(チダボクイッポウ)が使っていきやすいでしょう。

血行を促し、腫れや痛みを軽減してくれます。

打撲は軽く見られがちですが、放置しておくと炎症や痛みが強くなっていく恐れがあります。

気付いたときに早めに対策を行ってください。

治打撲一方はどういった人が使いやすい?

女 けが
治打撲一方(チダボクイッポウ)は打撲の症状に効果的な漢方薬です。

そんな治打撲一方を使っていきやすい人がいるので、自分の状況と合っているか考えてみましょう。

スポーツで体を痛めやすい人

スポーツを行っていると打撲(打ち身)が日常茶飯事な人もいるでしょう。

1度打撲した部分は放置しておくと事故を起こしたときにまた刺激を与えてしまい、重症化してしまう恐れがあります。

普段から治打撲一方を用意しておくと何かと便利ですよ。

悪路を行く機会が多い人

生活環境が影響し通勤や通学の際に、悪路を行く人が珍しくありません。

そういった人は自分でも気付かないうちに患部を打ってしまい、時間が立ってから腫れや炎症が広がっていることに気付くケースが珍しくありません。

うっかり屋さん

そそっかしいところがある人なら、治打撲一方が使っていきやすいでしょう。

軽い打撲なら気付かないことが多いんです。

重いものを持つ機会が多い人

重いものをもつ機会が多い人は、何かと傷を負う機会が多いものです。

仕事やプライベートで重いものをもつ機会が多い人も、治打撲一方を使っていきやすいでしょう。

あまりに症状が重いようなら病院に行くことも大切

打撲と一言にいっても、重い症状から軽い症状までさまざまです。

あまりに症状が重いようなら、医師に診断してもらうことも大切でしょう。

例えばとても強い痛みを感じていたり、腫れがひどく熱を持っているようならすぐに病院に行ってください。

漢方薬はあくまで補助的に使っていき、体調が思わしくないと感じたら医師に診断してもらうことも大切です。

治打撲一方は水かお湯で飲むようにしよう

治打撲一方(チダボクイッポウ)を初めとする漢方薬は、ほかの薬と同じ医薬品としての扱いをされています。

通常の薬と同じように、水かお湯で服用してください。

もし飲みにくいと感じたら、漢方薬と水を馴染ませトロトロの状態にしておくと服用しやすくなります。

治打撲一方の効能

効能
治打撲一方(チダボクイッポウ)に含まれる桂皮と丁子が打撲を負った部分の熱や痛みを発散させ、その他の生薬で腫れや血液循環に働きがけます。

打撲によって痛みの症状が強く出ている人に、使っていきやすい漢方薬といえるでしょう。

軽い打撲と思いきや、時間が立つことで腫れや痛みが目立つケースもあります。

少しでも患部に違和感があるようなら、治打撲一方の使用を検討してみてください。

治打撲一方の副作用

ほとんど副作用のない漢方薬ですが、一部副作用の症状が出てしまう人もいます。

症状が出てしまった場合に備え、目安を知っておきましょう。

血圧の上昇

特に何も行っていないのに血圧の上昇が見られることがあります。

血圧の上昇が起こった場合、ほてりや汗ばみといった症状が表れることが多いので、体調に心を配るようにしてください。

場合によっては体温計で熱を測ってみてもいいでしょう。

むくみと体重の増加

むくみと体重の増加が同時に起こることがあります。

むくみとは体内に不必要なほどの水分がたまり、皮膚の一部もしくは全体が膨張してしまう症状です。

太ったような印象になるので、すぐに分かることもあります。

ただむくみの表れ方は人それぞれなので、分かりにくいケースもあるでしょう。

そういったときには、人にチェックしてもらうのも手です。

体の力が入らない

体から力が抜けたようになり、うまく動作しなくなることがあります。

ずっと体がだるくやる気が出ない・もやもや感があるといったことがあったら、副作用を疑ってみましょう。

手足の痙攣

手足が痙攣し麻痺の症状が起こることもあります。

ものがうまくもてない・手足がピクピクと震えるといったことがあったら、副作用の症状を疑ってみましょう。

このほかにも人によって、さまざまな症状が起こる恐れがあります。

副作用の症状は1つだけ起こるとは限りません。

複数の症状が混在することもあるので、体調には気を配りましょう。

もし少しでも体調に不安を抱えていたら、医師や薬剤師に相談することも大切です。

治打撲一方の注意点

!
治打撲一方(チダボクイッポウ)の使用には、注意が必要なケースもあります。

無理に服用すると、体に異常を引き起こすことがあるので、よく確認しておいてください。

胃の調子が悪い

胃の調子が悪い人は使用に注意が必要です。

例えば食欲不振や腹痛、下痢といった胃の不調から起こる症状を感じている人は注意しましょう。

体力が低下している人

体力が低下している人が治打撲一方を服用すると、症状をさらに悪化させてしまう恐れがあります。

妊娠中の人

治打撲一方には大黄(ダイオウ)という、漢方薬が含まれています。

大黄(ダイオウ)には子宮を収縮させる効能が含まれており、胎児に影響する恐れがあります。

特に妊婦は使用に気を付け、かかりつけの医師に判断にしたがってください。

甘草を含んだ薬を服用している人

甘草を含んだ薬を服用している人が治打撲一方を服用すると、強い副作用が出てしまう恐れがあります。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が治打撲一方を使用すると、体調に悪影響をもたらすことあります。

それぞれの薬の効能がぶつかり合ってしまうため、しっかりと効果が感じられなくなってしまうんです。

なんらかの薬を服用している人・これから服用予定の人は使用に注意していってください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が治打撲一方を服用すると、持病に影響をもたらす恐れがあります。

持病を抱えている人は必ず医師に相談し、使用許可をもらうようにしましょう。

高齢者や小児

高齢者や小児は生理機能が低下していたり、発達していない可能性があります。

体調や体質を考慮して、慎重に使用していく必要があるでしょう。

独断で判断するのは難しいので、医師に相談しながら使用すると安心です。

漢方薬は気軽で誰でも使用しやすいと思われがちですが、やはりリスクは存在します。

特に持病を抱えていたり、妊娠中だったりと特殊な状況にある人は使用に注意しましょう。

心配な人は自分の判断で使用せず、医師や薬剤師に相談してください。

打撲は放置すると危険!治打撲一方で早めの処置を


たかが打撲と思われがちですが、放置しておくと腫れや痛みを引き起こすリスクのある状態です。

そのまま放置するのではなく、治打撲一方(チダボクイッポウ)を使って症状に働きがけていってください。

もし症状が重いと感じたら医師に診断してもらうことも大切です。

自分の体質や体調を考慮し、1番安心できる対策を行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?