美容・健康, 食薬・薬膳

【夏の食養生】熱を冷ます食材で!ゴーヤーと砂肝の黒酢炒め

夏は気温が高くなり、体も影響を受けて熱がこもりがちです。

そんな時は、アイスや冷たい飲み物に手が伸びてしまいますが、食べすぎると胃腸が冷えて、体調を崩すこともあります。

そこで、中医学で考える「食養生」として、体の熱を冷まし、体調をととのえる効果もある食材とレシピをご紹介します。

夏におすすめの食材

中医学では、治療や体質改善を目的とする場合、個別の体質や環境などを考慮して、その人に合う生薬や食材で、中心となったり支える役割を組み立てます。

ですが、食材として毎日気軽に取り入れられるものも多くあります。ここでは、「普段使いの薬膳料理」に取り入れたい食材について、みていきましょう。

中医学でみる「夏」

中医学では、夏は立夏から立秋までの3か月を指します。

この時期は、気温が高くなる「昼」が最も長く、湿度もあって過酷です。

汗をかきやすくなる中、さらなる暑さで食欲がなくなり、夏バテしやすくなります。

そんな時には、熱を覚ましつつ滋養があり、食欲がわくような薬膳料理がぴったりです。

そこで、体の熱を冷ます「清熱」の働きがある食材を紹介します。

「清熱」の働きがある食材のご紹介

穀物類では、はと麦や小麦、また小麦のグルテンが主原料である、お麩も「清熱」の働きがある食材です。

野菜類と果物の中で、夏が旬で「清熱」の食材については、以下のものがあります。

  • 冬瓜、ゴーヤー、ヘチマやきゅうり、といった瓜の仲間
  • なす、トマト、レタス、緑豆もやし、ごぼう
  • スイカ、パイナップル、メロン、パパイヤ、レモン、メロン、キウイフルーツ

旬の時期は4月から6月ですが、もずくにも「清熱」の働きがありますので、積極的に取り入れたい食材の一つです。

果物類もたくさんありますので、アイスクリームを食べるよりも、果物を冷やして美味しくいただく方がニキビにも良いですね。

「清熱」の働きがある食材の中でも、夏の野菜として代表といえば「ゴーヤー」です。

ここでは、黒酢を使って食欲を増す、夏バテ知らずのレシピを紹介します。

【ゴーヤーと砂肝の黒酢炒め】

材料

  • ゴーヤー     1本
  • 砂肝       100g
  • にんじん     1本
  • プチトマト    8個
  • しいたけ     3本
  • 油        大さじ2

【スープ】

  • 鶏だし      60ml
  • 塩        ひとつまみ

または

  • 顆粒チキンスープ 大さじ1
  • 水        60ml

【黒酢あん】

  • 黒酢       大さじ1
  • 砂糖       大さじ1
  • 料理酒      小さじ2
  • しょうゆ     大さじ1/2
  • 片栗粉      小さじ1

作り方

材料の下ごしらえ

 

  1. ゴーヤーはわたを除いて一口大に切り、しいたけは4頭分、にんじんは5mmぐらいの半月切りにします。
  2. プチトマトは半分にするか、小さければ少し切り込みを入れてそのまま使います。
砂肝の下ごしらえ

 

  1. 砂肝はスジや皮は切り落とさず、なるべく薄くスライスします。
  2. 黒酢あんの材料とスープは、それぞれ別の容器で合わせ、それぞれよく混ぜておきます。
材料を炒める

 

  1. フライパンに油をひいて中火にかけ、煙が出る直前ぐらいまで熱します。
  2. 砂肝を入れて炒め、色が変わったらほかの材料を入れます。
  3. 3分ほど炒めたら、スープを加えて全体になじませてもう2分加熱し、火を止めます。
  4. 黒酢あんを回し入れて全体を手早く混ぜ、再び中火で加熱して、とろみが付いてきたら出来上がりです。

夏の食養生まとめ


ここでご紹介したレシピ以外にも、ゴーヤーは油との相性も良く、ビタミンCも壊れにくいので、天ぷらにもぴったりです。

きゅうりやトマトなど、加熱をしなくても調理できる野菜もたくさんあります。

体の熱を冷ます旬の野菜で、夏に負けない体をつくる「食養生」をぜひ、取り入れてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

国際中医薬膳師/調理師(ハラール認証)/医薬品登録販売者/フードコーディネーター2級/マスターオーガニックコーディネーター/オーガニックコスメマイスター/加工食品診断士

當房 清香

医薬品登録販売者としてOTC薬(市販薬)を販売する業務に就く傍ら、健康や薬に関する記事ライターとして活動。
調理師やフードコーディネーターの資格を保有し、更にはオーガニック・薬膳・食品添加物に関する資格も持っており、料理研究家。
「自分の未来は、現在カラダに取り入れているものでつくられていく」
ことを幅広い視点でお伝えしている。
元裁判所書記官であるが、妊娠・出産を機に転身し現在に至る。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート