医薬品販売について

医薬品販売に必要な許認可証の情報

許可の種類

店舗販売業許可証 許可番号 第9293008号

許可年月日

平成29年9月12日

有効期限

平成35年6月30日

店舗開設者

株式会社 漢方生薬研究所

店舗の名称

漢桜陽薬店

店舗の所在地

福岡県福岡市中央区天神3丁目1−12-6F

所轄自治体

福岡市中央保健所

取り扱う一般用医薬品の区分

第二類医薬品、第三類医薬品

この店舗に勤務する者の名札等による区分に関する説明

登録販売者:「登録販売者」の名札 白い白衣
その他 :「一般従事者」の名札

医薬品販売に必要な許認可証の情報

店舗管理者

登録販売者】亀井 優子
販売従事登録番号:40-08-10234号

勤務する登録販売者

亀井 優子:担当業務:保管・陳列・販売・情報提供・相談・発送(月、火、水、木、金)
篠原 愛 :担当業務:保管・陳列・情報提供・相談・発送(月、火、水、木、金)

店舗の営業時間

月・火・水・木・金 AM 10:00~PM 5:00 (土日祝休み)

専門家が相談応需を受ける連絡先電話番号

0120-852-489
相談応需可能時間:月・火・水・木・金 AM 10:00~PM 5:00 (土日祝休み)

緊急連絡先

0120-852-489

店舗の写真

外観
内観

医薬品に関する注意

医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい。
医薬品の使用に関しては、使用上の注意をよく読んで、それに従い適切に使用してください。
医薬品の使用に関するお問い合わせは電話、FAX、メールアドレスにてお受けしております。
お気軽にお問い合わせください。
ご注文は、365日、24時間お受けいたしますが、定休日は注文確認メール、メール返信・商品の発送業務はお休みさせていただきます。
海外発送は取り扱いいたしておりません。
【 Sorry,our shop does not sell any items to foreign customers. 】

要指導医薬品および一般用医薬品の販売制度に関する事項

1.医薬品のリスク区分の定義及び解説

要指導医薬品および一般用医薬品はリスク別に分類されています。

  • 要指導医薬品
    医療用から一般用に移行して間もなく、一般用としてリスクが確定していない薬(スイッチ直後品目)と劇薬の総称。
  • 第一類医薬品
    特にリスクの高い医薬品。一般用医薬品としての使用経験が少ない等安全上特に注意を要する成分を含む医薬品です。
  • 指定第二類医薬品
    第二類医薬品のうちリスクが比較的高いもので特に注意を要する成分を含む医薬品です。
  • 第二類医薬品
    リスクが比較的高い医薬品。
    その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害が生じるおそれがある成分を含む医薬品です。
  • 第三類医薬品
    リスクが比較的低い医薬品。日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調や不調が生じるおそれがある成分を含む医薬品です。

2.医薬品のリスク区分の表示に関する解説

医薬品パッケージ(外箱・外包)および添付文書にリスク区分を表示します。

  • 要指導医薬品:パッケージに要指導医薬品と表示
  • 第一類医薬品:パッケージに第一類医薬品と表示
  • 指定第二類医薬品:パッケージに第二類医薬品又は第二類医薬品と表示
  • 第二類医薬品:パッケージに 第二類医薬品と表示
  • 第三類医薬品:パッケージに第三類医薬品と表示

3.医薬品のリスク区分の情報提供に関する解説

医薬品には、それぞれ情報提供の義務・努力義務があり、対応する専門家が下記の表のように決まっています。

医薬品分類 対応する専門 情報提供 相談対応
要指導医薬品 薬剤師 義務(文書及び対面での情報提供) 義務
第一類医薬品 義務(文書での情報提供)
指定第二類医薬品 薬剤師または登録販売者 努力義務
第二類医薬品
第三類医薬品 不要

4.指定第二類医薬品に関する留意事項

指定第二類医薬品を購入する場合は禁忌事項をご確認下さい。

指定第二類医薬品を使用する場合は薬剤師又は登録販売者にご相談されることをおすすめします。

指定第二類医薬品は専門家が在席する情報提供カウンターより7m以内に陳列します。

5.要指導医薬品および一般用医薬品の陳列に関する解説

  • 要指導医薬品および第一類医薬品の陳列
    薬剤師より対面で直接情報提供を受けて購入されるために、お客様が直接手に取れない陳列となります。
  • 指定第二類医薬品の陳列
    専門家が在席する情報提供カウンターより7m以内に陳列します。
  • 第二類医薬品、第三類医薬品の陳列
    許可を受けた医薬品売場に陳列します。

6.一般用医薬品の販売サイト上の表示に関する解説

医薬品のリスク分類ごとに区分してページごとに掲載し、そのページにも医薬品の分類を表示をします。

7.医薬品による健康被害救済制度に関する解説

  • 「医薬品副作用被害救済制度」
    医薬品を適正に使用したにもかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度です。
  • 独立行政法人医薬品医療機器総合機構
    http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai.html
  • 救済制度相談窓口
    電話:0120-149-931
    (祝日・年末年始除く 月~金 9:00~17:30)
    電子メール:kyufu@pmda.go.jp

8.個人情報の適正な取り扱いを確保するための措置

当社では、販売によって知り得た個人情報を適正に取り扱っています。(個人情報の取り扱いについてをご参照下さい)

9.その他、必要な事項

医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい。
薬剤師または登録販売者が不在時には医薬品売場を閉鎖しております。
当店では使用期限が6ヵ月以上ある医薬品のみ販売いたします。
相談窓口は次のとおりです。
0120-852-489
月・火・水・木・金 AM 10:00~PM 5:00 土日祝休み

10.厚生労働省 一般用医薬品の販売サイト一覧

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/ippanyou/hanbailist/

TOP
何かお困りですか?