漢方薬・生薬

女性が使いやすい苦参湯(クジントウ)!おりものの悩みを解消しよう

女性ならではの悩みであるおりものの対策をしたいなら、苦参湯(クジントウ)が使っていきやすいでしょう。

おりものは女性を悩ませる大きな問題です。

我慢を続ければ大きなストレスとなるので、気付いた時点で早めに対策を行っていきましょう。

苦参湯(クジントウ)の効能

ヘルプ 女性
苦参湯(クジントウ)はおりものが多くかゆみを感じる症状、膣の炎症、湿疹、疥癬(かいせん)に効果的な漢方薬です。

おりものによるかゆみが起こると、プライベートはもちろん、仕事にも支障を来たすことになるでしょう。

膣の炎症を早めに解消するためにも、早めの対策が必要になっていきます。

苦参湯(クジントウ)の副作用

副作用
ほとんど副作用が出ることのない苦参湯(クジントウ)ですが、一部副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用の症状が出ているにもかかわらず使用を続けると、体調不良のきっかけとなることがあるでしょう。

目安を紹介していくので少しでも症状を感じたら、すぐに苦参湯(クジントウ)の使用をやめてください。

呼吸困難による息苦しさ

呼吸困難の症状が表れ息苦しさを感じたら、すぐに苦参湯(クジントウ)の使用をやめてください。

むくみと体重増加

体中がむくみ体重増加も見られることがあります。

むくみが起こってしまうと大きくスタイルを損ね、着る服に制限が出ることもあるでしょう。

大抵は自分で気付くことができますが、人に判断してもらうことも大切です。

胃腸の不快感

食欲不振、吐き気、気持ち悪さといったさまざまな症状が表れます。

これらの症状に加え、腹痛のような症状が表れることがあるので、少しでも症状を感じたらすぐに苦参湯(クジントウ)の使用をやめてください。

手足のこわばりや麻痺

手足のこわばりや麻痺の症状が見られることがあります。

こわばりや麻痺の症状が起こると、手足をうまく動かすことができなくなるでしょう。

手足に違和感が出てきたら、副作用を疑うようにしてください。

湿疹および蕁麻疹

湿疹や蕁麻疹の症状が見られることがあります。

湿疹はかゆみを伴なうことがあるので、皮膚の状態に気を配るようにしてください。

このほかにもさまざまな症状が副作用として、表れることがあるでしょう。

少しでも体調不良を感じたら、すぐに苦参湯(クジントウ)の使用をやめてください。

苦参湯(クジントウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい苦参湯(クジントウ)ですが、中には使用に注意が必要なタイプもいます。

妊娠中の女性

苦参湯(クジントウ)には麻黄(マオウ)という、子宮を収縮させる作用のある生薬が含まれています。

妊娠中の女性は特に使用に注意し、医師に相談してから服用しましょう。

授乳中の女性

授乳中の女性が苦参湯(クジントウ)を服用すると、母乳を通じて乳児が摂取してしまうことがあります。

授乳中の女性は使用に注意してください。

ほかの薬を使っている人

ほかの薬を服用している人が苦参湯(クジントウ)を使用すると、薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

薬と漢方薬の併用には気を配り、医師や薬剤師に相談してから使用してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が苦参湯(クジントウ)を服用すると、持病に影響をもたらしてしまうことがあります。

持病を抱えている人は医師に相談してから、服用するようにしてください。

高齢者や小児

高齢者や小児は漢方薬の使用に向かないことがあります。

家庭での保管には注意を配り、幼児の手が届かない場所に保管してください。

不安な人は医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

そもそもおりものってどういったもの?

疑問 女性
おりものは女性の健康のバロメーターともいわれる存在で、膣内をきれいに保つため汚れを体外に排出する役割を持っています。

通常はそこまで問題になることはありませんが、体調不良時には臭いやかゆみを帯びたものに変化することもあるでしょう。

また年齢やストレスとも関係してくるので、女性の健康を測るための目安となる存在といえます。

苦参湯(クジントウ)の服用法

水
苦参湯(クジントウ)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯を服用するようにしてください。

それ以外で服用すると、効能を損ねてしまうことがあります。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に服用するようにしてください。

漢方薬を継続しにくい人がいる!その理由

女性 嫌い
漢方薬を服用する人の中には、途中で使用をやめてしまう人もいます。

そういった人には一定の傾向があるので、いくつかの例を知っていきましょう。

独特の風味や味わいが服用を邪魔する

漢方薬には独特の癖や味わいが存在しています。

そのため最初は我慢していても、途中で服用をやめてしまう人が珍しくないんです。

漢方薬独特の特徴をごまかすために、うまく食品を使っていくのも手ではあります。

ジャムやメープルシロップといった、使いやすい食品と合わせてみましょう。

これらの食品はアレンジがしやすいので、味に飽きてしまうリスクを軽減することができます。

飲み忘れが続きそのままやめてしまう

漢方薬を飲み忘れることが多くなり、そのままの流れで服用をやめてしまいます。

一回でも飲み忘れが起こると、服用が面倒になってしまう人もいるでしょう。

飲み忘れを防ぐためにお薬カレンダーを使用し、きちんと服用したか目で確認することが大切になってきます。

消費期限が過ぎてしまい廃棄した

漢方薬の消費期限が過ぎてしまい、そのまま廃棄してしまいます。

漢方薬にも一般的な医薬品と同様に消費期限が存在しているので、確認するようにすると安心です。

消費期限が過ぎないよう、しっかりと使い切るようにしてください。

例えば漢方薬が保管されている瓶や袋にマジックで消費期限を書いておくと、分かりやすくて何かと便利です。

外に持っていくのが面倒になった

仕事をしている人は外に漢方薬を持っていく必要があります。

でも日々忙しい日々を送っているとなんとなく面倒になってしまい、そのまま服用をやめてしまうケースが珍しくありません。

漢方薬の持ち歩きを簡単にするために、ピルケースやお薬ポーチといった便利なアイテムを使用してみてください。

各社さまざまなタイプを販売しているので直接見て、自分にあったものを購入してみるといいでしょう。

苦参湯(クジントウ)の効能だけではなく副作用も知ることが大切

苦参湯(クジントウ)は女性の悩み解消に役立つ、頼りがいのある漢方薬です。

でも使用に当たりいくつかの副作用があり、リスクも存在するんです。

効能だけではなく副作用も知り、うまく苦参湯(クジントウ)を活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?