漢方薬・生薬

嘔吐に効果的な厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)の特徴とは

嘔吐が治まらないときは、厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)が使っていきやすいです。

この症状はそのまま放置していると、食道炎や不眠症の要因となります。

そのまま放置せず、早めに対策を行っていきましょう。

厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)の効能

苦しい
厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)は、嘔吐、げっぷ、膨満感に効果的な漢方薬です。

嘔吐や膨満感は誰にでも起こりやすく、日常生活を大きく阻害します。

そのまま放置しているとさらに重症化していく恐れがあるので、早めに対策を行っていきましょう。

厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)の副作用

副作用
ほとんど副作用が出ることのない厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)ですが、中には症状が出てしまう人もいます。

目安を確認し、いざというときに備えてください。

発熱や呼吸困難

発熱や呼吸困難の症状が起こることがあります。

特に理由がないのに発熱し、息がしづらいといったことがあったら副作用を疑うようにしてください。

むくみと体重増加

むくみと体重増加が同時に起こることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、体が膨張してしまう症状です。

むくみが起こると水分がたまってしまうので、体重増加も引き起こします。

四肢の痙攣

四肢に痙攣が起こり、うまく動作しなくなることがあります。

末端がピクピクと震えることがあったら、すぐに厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)の使用をやめてください。

発疹や蕁麻疹

皮膚に発疹や蕁麻疹の症状が起こることがあります。

赤みとなって症状が表れることもあるので、少しでも皮膚に赤みを感じたら副作用を疑うようにしてください。

胃腸の不快感

吐き気や食欲不振、腹痛といった、さまざまな症状を感じることがあります。

このほかにもさまざまな副作用を感じることがあるので、少しでも症状を感じたらすぐに使用をやめるようにしてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談しましょう。

厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)ですが、中には服用に注意点が必要な人もいます。

妊娠中の女性

厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)には、妊娠中の女性の体に影響をもたらす麻黄(マオウ)を初めとした、さまざまな生薬が使われています。

妊娠中の女性やその可能性がある人は、医師に相談してから使用してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)を使用すると、薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

持病を抱えている人

持病を抱えている人も注意しながら、漢方薬を使用してください。持病に影響をもたらすことがあります。

高齢者や小児

高齢者や小児が厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)を使用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)の服用法

厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)を使用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯を服用してください。

それ以外で服用すると、効能や品質を損ねてしまうことがあります。

嘔吐の症状が続くと他疾患のきっかけになる

腹痛
嘔吐の症状をそのまま放置していると、他疾患のきっかけとなることがあります。

疾患になれば治療に時間がかかるようになり、金銭的負担も大きくなってしまうんです。

目安を確認しておいてください。

食道炎

食道炎は食道に炎症が起き、ビランや腫瘍が起こる症状を指します。

度重なる嘔吐により食道が傷つけられると、そのリスクが高まるでしょう。

自律神経失調症

嘔吐の症状が続くことによりそれがストレスとなり、自律神経失調症を引き起こすことがあります。

この疾患になってしまうと自律神経のバランスが崩れてしまい、倦怠感やほてりといったさまざまな症状を引き起こします。

不眠症

嘔吐の症状が続くことにより安眠が阻害され、不眠症の症状が起こることがあります。

不眠症になると、眠りが浅くなったり睡眠の質にも影響してくるでしょう。

漢方薬を継続するための工夫とは

はちみつ
漢方薬は継続的に使用する必要があります。

でも服用を続けるうちに、やめてしまいたくなることがあるんです。

無理なく使用していくためには、自分でできる工夫を行っていく必要があるでしょう。

食品と混ぜ合わせて服用する

食品と混ぜ合わせることで、漢方薬を服用しやすくすることができます。

漢方薬には独特の癖があるので、その味わいをうまくごまかしていく必要があるんです。

コンデンスミルクやハチミツを使って、マイルドにしていきましょう。

適切な場所で保管する

漢方薬は適切に保管することで品質や効能を損ねてしまうリスクを、軽減していくことができます。

特に大切な要素が、直射日光、湿気、温度です。

これらの要素が強いところに厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)を保管すると、カビの発生やひび割れのリスクを高めてしまうんです。

なるべく、直射日光、湿気、温度を避け、光の当たりにくい暗所に保管しましょう。

漢方薬の保管を助けてくれるアイテムを使用する

漢方薬の保管を助けてくれるアイテムを使用し、管理しやすくしていきましょう。例えばピルケースを使うことで、複数の漢方薬を一度に管理することができます。

お薬ポーチを使えば外に持ち歩きしやすくなるでしょう。

こういったアイテムは人によって使い勝手が違ってきます。手に取って選んでみてください。

厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)をうまく活用していこう!

頼りがいのある厚朴生姜半夏人参甘草湯(コウボクショウキョウハンゲニンジンカンゾウトウ)ですが、その使用には注意点も存在します。

使用に注意が必要な人が服用すると、副作用が出やすくなってしまうでしょう。

その効能だけではなく注意点にも注目し、うまく漢方薬を活用していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート