漢方薬・生薬

温清飲の効能と副作用を詳しく解説!うまく活用しよう

温清飲は女性ならではの悩みに効果的な漢方薬です。まだまだ認知度の低い漢方薬ですが、これから話題になる可能性の高い漢方薬です。その効能とは?副作用はあるの?詳しく紹介していきます。

温清飲の効能

頭に手を当てる女性
温清飲は女性に効果的な漢方薬です。のぼせ・末端に対するほてり・ホルモンバランスの崩れによるさまざまな症状に効果的なため、ホルモンバランスの乱れによって起こることの多い月経不順や更年期障害に効果的です。

イライラを抑制し皮膚のかゆみや赤みを抑える働きもするので、年齢を問わず使っていきやすい漢方薬といえるでしょう。

温清飲の副作用

漢方薬である温清飲にはほぼ副作用が存在していません。でもまれに副作用が起こることがあるので、事前に正しく知っておきましょう。

胃のむかつきと食欲不振

温清飲の使用により胃がむかつき、食欲不振を起こす人がいます。吐き気を伴うこともあるため、気持ち悪さを感じたら直ちに使用を中止してください。

肝障害

肝障害とは甘草が正常に働かなくなり、健康を阻害する症状を指します。黄疸や全身のだるさ、発疹といったさまざまな症状が起こり、そのまま放置すると慢性的な体の不調が起こります。

温清飲が原因となっている場合は使用をやめれば解消されるので、上記のような異常を感じたら使用をやめてください。

間質性肺炎

肺の異常で咳や息切れが起こる症状です。

発熱とだるさ

温清飲を使用することで発熱が起こり、だるさも伴うことがあります。発熱は体中のほてりといった形で現れることがあるので、体が汗ばむといった症状が起こったら必ず体温を測ってみてください。

これらの副作用は放置し続けると、大きなリスクとなります。必ず自身の症状を確認し、長時間症状が解消されない時には医師や薬剤師に相談しましょう。

温清飲の使用が難しい人

白衣の女性
温清飲の使用に注意が必要な人がいます。場合によっては体に悪影響を及ぼすので、自分が使用できる状態にあるか確認してください。

妊娠中の人

漢方薬にはほぼ副作用が存在していません。でも妊娠中の人が使用すると、悪影響を及ぼす可能性もあるため使用には注意が必要でしょう。

使用の際は必ずかかりつけの医師に相談してください。

持病のある人

漢方薬の作用により、持病の症状が変化もしくは悪化する可能性があります。持病を持っている人は、独断で服用しないようにしてください。

ほかの薬を併用している人

医師に処方された薬・市販の薬・漢方薬をすでに使用している人は、温清飲の服用に対し注意が必要です。複数の薬が影響しあうことにより、効果に悪影響を及ぼすことがあるからです。

疾患の治療により処方されている薬だとその効果を邪魔し。より深刻化する可能性もあるので、すでに使用している薬があるときには医師や薬剤師に相談しましょう。

胃腸が弱い人

胃腸が弱い状態にある人が温清飲を服用すると、症状をさらに悪化させてしまう可能性があります。吐き気や食欲不振を起こすこともあるので、使用の際は胃腸の状態に注意してください。

漢方薬を服用しやすくする工夫

漢方薬には癖が強く服用しにくい特徴があります。毎日使用するとなるとストレスが強くなり、途中でやめてしまう人もいるんです。漢方薬を毎日の暮らしに役立てるため、服用しやすくする工夫を行いましょう。

料理に混ぜる

料理に混ぜることで、気軽に漢方薬を摂取することができます。なるべく調味料をたくさん使い、味が濃い料理に使用するようにしましょう。

鍋物やスープに混ぜることで独特の癖を感じにくくなり、食材を複数使うことで栄養を豊富に取ることができます。手作りお菓子に混ぜれば、風味を付け加えることもできますね。

スムージーに混ぜて手軽に摂取

栄養豊富なスムージーに混ぜて、さらに効果をアップさせるのもいいでしょう。フルーツや野菜たっぷりのスムージーには足りない栄養を補てんし、新陳代謝に働きがけ美容を助ける効果があります。

自分好みに調整することができるスムージーで、栄養バランスを整えながら漢方薬を摂取していきましょう。

らくらく服薬ゼリー

龍角散が販売しているらくらく服薬ゼリーは、薬に混ぜて使用することができる便利なアイテムです。好きな味の中から自由に選べるため、飽きづらく使い勝手がいいのが特徴となります。

漢方薬を使用する際の面倒を軽減することができるので、まとめ買いしておくと便利でしょう。お子様用も販売しているので、子供に漢方薬を使用したいときにもおすすめです。

漢方薬はきちんと保存することが大切

漢方薬
漢方薬は袋やビンの状態で売っていることが多く、元々保存がしやすい状態になっています。でもいちいち袋から出すといった作業を面倒に感じる人が珍しくなく、自分流にアレンジすることでさらに使いやすくなるでしょう。

ジッパー付き小袋

100均でよく売っている、ジッパー付きの小袋が漢方薬の保存にとても便利です。適度な大きさで管理しやすく、ジッパーがついているので乾燥から漢方薬を守ります。

細かく分けることで1日の使用量を守ることもできるため、服用量の管理にも最適です。

クリップをうまく活用

ジッパー付きの小袋が見つからないようなら、クリップをうまく活用するといいでしょう。クリップにはさまざまな大きさがあり、小袋はもちろん大袋にも対応できます。

大きさの異なるクリップを用意し、ケースによっていろいろ使い分けると便利ですね。

錠剤タイプならピルケースがおすすめ

錠剤タイプの漢方薬ならピルケースの使用が便利です。中身が見え確認しやすく飲みすぎを予防することもできますよ。複数の漢方薬を飲んでいる場合もとても便利です。

漢方薬ごとにピルケースを用意し、使い分けるようにすると管理がしやすくなるでしょう。ピルケースは100均でも販売しています。色別に分けるようにすると便利ですよ。

実は他疾患が潜んでいる場合があり!

漢方薬は体の回復力に働きがけ、症状を軽減することができます。でも他疾患が潜んでいて、漢方薬だけでは解決できない場合もあるんです。

漢方薬を使用しても症状が安定しないときには、他疾患を疑うことが大切になります。

自律神経失調症

ストレスや生活習慣の変化といったことが原因で自律神経のバランスが崩れ、心身の健康が阻害される症状です。めまいだるさ、冷え性といった状態が続くようになり、イライラや不安など心にまで影響を及ぼします。

食欲不振や吐き気といった症状が起こる人もいて、その症状が千差万別です。体の不調が長期間続くようなら、自律神経失調症を疑ってみてください。

膠原病

何らかの要因をきっかけとしてだるさやめまい、関節の腫れやこわばりといった症状を引き起こします。遺伝や環境が関係しているともいわれますが、いまだ謎の多い疾患です。

特に女性に発症しやすく、その症状自体は多岐に渡ります。

このように体の不調の原因は多々あるので、疾患も視野に入れ気になるようなら医師に相談するようにしてください。

効能と副作用を正しく知り使用していこう!

温清飲は女性の悩みに効果的な漢方薬ですが、その使用には一部注意が必要に人がいます。その副作用と注意点を知っていけば、安心して使用していくことができるでしょう。

女性の体は環境の変化やストレスに左右されやすいです。温清飲で気軽に対策していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?