漢方薬・生薬

傷口が化膿してしまったら左突膏(サトツコウ)!その特徴を分かりやすく解説!

左突膏(サトツコウ)は傷口が化膿してしまったときに、効果的に働いてくれる漢方薬です。

傷口をそのままにしていると化膿を起こしやすくなり、さらに重症化していけば治りが遅くなってしまうでしょう。

何らかの傷を負ってしまったら、すぐに対策を行うようにしてください。

左突膏(サトツコウ)の効能

擦り傷
左突膏(サトツコウ)は、化膿の症状に効果的な漢方薬です。

傷口が化膿しているにも関わらずそのままにしていると、傷の治りが遅くなってしまうんです。

また腫れあがった部分は熱やうずくような痛みを伴なうこともあり、そのままにしていると日常的なストレスとなります。

傷口が少しでも腫れていると感じたら、すぐに対策を行っていきましょう。

左突膏(サトツコウ)副作用

かゆみ
ほとんど副作用が起こることのない左突膏(サトツコウ)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用が出ているにも関わらず使用を続けると、重症化していくことがあるでしょう。

左突膏(サトツコウ)の副作用として表れる可能性があるのが、かゆみや発疹です。

発疹は人によってかなり強いかゆみを感じることがあるので、少しでも発疹の症状を感じたらすぐに左突膏(サトツコウ)の使用をやめてください。

また左突膏(サトツコウ)が体に合わないことによる、アレルギー症状を感じることもあります。

まずは肘の内側に使用し、体に合っているかどうか試してみてください。

左突膏(サトツコウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすいですが、中には左突膏(サトツコウ)の使用に注意が必要な人がいます。

無理に使用すると体調を損ねてしまう恐れがあるので、少しでも皮膚に不快症状が表れたらすぐに左突膏(サトツコウ)の使用をやめてください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が左突膏(サトツコウ)を使用すると、使った場所に副作用の症状が見られることがあります。

使用には注意するようにしてください。

過去の薬によって体に異常が起こった人

過去に薬によって体に異常が起こったことがある人は、左突膏(サトツコウ)の使用に注意してください。

原因物質が左突膏(サトツコウ)に含まれていることがあります。

傷口が化膿しないための予防法とは?

疑問
傷口を化膿させないようにするためには、早めの処置が大切になります。

傷を負った部分を放置せず、すぐに対策を行っていきましょう。

1. きれいなハンカチやガーゼで傷口を覆う

まずはきれいなハンカチやガーゼで傷口を覆ってください。

汚れたハンカチやガーゼで傷口を覆うと、菌を体内に取り込んでしまいます。

2. 傷を負った場所を心臓より高い場所に上げる

傷を負った箇所を心臓よりも高い位置に上げ、出血しすぎないようにしてください。

3. きれいな水で汚れを洗い流す

きれいな水で傷口をよく洗い流しましょう。

汚れや木片が残っていると、化膿の要因となります。

もし木片が刺さっているようなら、ピンセットで丁寧に取り除いてください。

4. 清潔なガーゼや包帯で保護する

清潔なガーゼや包帯で傷口を保護してください。

5. なるべく触らず安静を保つ

傷口はなるべく触らず、安静な状態に保つようにしてください。

持っておくと便利!いざというときに役立つアイテムとは?

救急箱
傷口の化膿を予防するためには、傷を作ってしまった時点で早めに対策を行う必要があります。

いざというときに役立つ、便利なアイテムを常に用意しておきましょう。

包帯やガーゼ

まず大切なのがきれいな包帯やガーゼです。

傷口を保護するために使われるので、使用頻度の高いアイテムなんです。

切らしてしまわないよう、余裕をもって用意しておきましょう。

ピンセット

ピンセットは傷口についた汚れや木片を除去するのに便利です。

傷口をむやみに手で触ると、患部にが入り込む危険性があります。

いくつか用意しておくようにしましょう。

また清潔な状態を保つため、品質チェックを定期的に行ってください。

はさみ

包帯やガーゼを切るための小さなはさみを購入しておきましょう。

軟膏

この場合は左突膏(サトツコウ)を用意しておいてください。

もちろん左突膏(サトツコウ)に限らず、ほかの軟膏を用意しておいても大丈夫です。

絆創膏

軽度な傷なら絆創膏の方が都合のいいときもあります。

ただ絆創膏は放置しておくと摩耗していくので、常に新しいタイプを用意しておいてください。

これらすべてのアイテムを救急ケースに入れ、いざというときに備えておきましょう。

一番大切なのは傷を作らないこと!

注意
傷口が化膿するような事態を避けるためには、傷を作らないことが一番です。

でもついボーとしてしまったり、注意力散漫から怪我をしてしまうことがあります。

どんな状況で怪我をしやすいか、改めて確認しておきしょう。

周りの状況を確認していなとき

歩きスマホや歩き読書が原因で周りをあまり確認せず、転んだり何かに当たって傷を追ってしまうことがあります。

一点に集中して歩いていると周りが見えず、注意力散漫になってしまうんです。

外を歩いているときは周りを確認しながら、歩くようにしてください。

周りを確認せず走り出す

子供の頃、きちんと周りを確認しながら歩きなさいといわれたものですが、大人になっても急いでいるときは周りを確認せず走り出してしまうことがあります。

その結果、意外な段差に脚を取られ、転んでしまうことが珍しくありません。

外を歩くときは、きちんと周りを確認しながら歩くようにしましょう。

自分のアレルゲンを調べる方法

血液検査
人によっては左突膏(サトツコウ)を使うことで、アレルギー症状を引き起こしてしまうことがあります。

そういった事態を避けるためには、事前にアレルゲン検査を行うようにしましょう。

クリニックにてアレルゲン検査を行う

一部のクリニックにてアレルゲン検査を行うことができます。

血液や唾液、患部の反応によって、自分がどんなものにアレルギー症状を感じるのか、簡単に知ることができますよ。

ただどこのクリニックでも行っているとは限りません。

無駄足にならないために、念のため事前にアレルギー検査を行っているか問い合わせてみましょう。

アレルギー検査キットを使う

アレルギー検査キットを使って、自分のアレルゲンを手軽に知ることができます。

少量の血液を取った後で、後はキットをそのまま送り返すだけです。

自宅で検査が行えるので、時間がない人にとっては便利な方法といえるでしょう。

副作用にも注意してうまく左突膏(サトツコウ)を活用しよう!

左突膏(サトツコウ)は化膿の症状に効果的な漢方薬ですが、中には副作用の症状を感じてしまう人もいます。

かゆみや発疹の症状が出てしまう人が、珍しくないんです。

その効能だけではなく副作用にも気を配り、注意しながら使用するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?