漢方薬・生薬

甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)で口内炎を解消!その特徴とは?

口内炎が気になる人は、甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)で解消しましょう。

この漢方薬は私たちが普段悩みがちな、口内炎や下痢といったさまざまな症状に効果的な漢方薬です。

症状に気付いたら我慢せず、早めに対策を行いましょう。

甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)の効能

口臭
甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)は、みぞおちの痛みから来る、口内炎・下痢・吐き気・神経症・不眠症・口臭・イライラといった、さまざまな症状に効果的な漢方薬です。

日常的で起こりがちなさまざまな症状に効果的なので、うまく活用すればとても便利に使っていけるでしょう。

日常で起こりがちな症状はつい放置しがちですが、そのままにすれば重大な疾患のきっかけとなることがあります。

早めに解消していくために生活習慣の改善や漢方薬の使用を、早めに検討していってください。

甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)の副作用

倦怠感
ほとんど副作用が出ることのないですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用が出ているにも関わらず使用を続けると、さらなる重症化を招くリスクがあるんです。

目安を参考に少しでも体に異常を感じたら、すぐに甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)の使用をやめてください。

むくみや体重増加

むくみや体重増加が副作用として起こることがあります。

むくみとは余分な水分が体内にたまり、全体が太ったような印象になってしまう症状です。

水分が体内にたまることで、体重増加を伴なうこともあるでしょう。

大抵は鏡を見たときの印象の違いで自覚することができますが、少しの変化では分からないこともあります。

変化があいまいなときは、人に確認してもらうことも大切になるでしょう。

呼吸困難

呼吸困難の症状が起こり、息がしづらいといった症状が見られることがあります。

息をするときに使えた感じがある、深呼吸に時間がかかるといったことがあったら副作用を疑ってみましょう。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が走り、体がうまく動かなくなることがあります。

起き上がるのに時間がかかる、歩くのに時間がかかるということがあったら、すぐに甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)の使用をやめてください。

胃腸の違和感

胃腸に違和感が起こり、気持ち悪さや吐き気、食欲不振といった症状が見られることがあります。

腹痛のような症状が起きたときも副作用を疑い、すぐに漢方薬の使用をやめてください。

動悸

特に理由がないのに動悸が走り、落ち着かなくなることがあります。

ここで書かれていることに限らず、ほかにもさまざまな症状が副作用として表れることがあります。

少しでも体調不良を感じたら、すぐに甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)の使用をやめるようにしてください。

不安を感じた人は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

目安を紹介していくので、自分に当てはまっていないか確認してみましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)を服用すると、体調不良となってしまう恐れがあります。

妊娠中の女性の体に漢方薬がどんな変化をもたらすか、まだ分かっていない部分があるからです。

自分で使用を決めてしまわず、かかりつけの医師に相談してから使用するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)を服用すると、薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

薬同士がぶつかり合ってしまうと、それぞれの効能を損ねてしまうことになるでしょう。

薬の使用には注意を配り、医師や薬剤師に相談してから使用してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)を服用すると、持病の影響してしまう恐れがあります。

持病の種類によっても対応は違ってくるので、医師に確認してから使用してください。

高齢者や小児

高齢者や小児が甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)を服用すると、体調不良のきっかけとなることがあります。

事前に家庭で話し合い、小児の手が届かない場所に保管してください。

使用の際は医師の診断を受けるようにしましょう。

甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)の服用法

サプリ 水
甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)を服用する際は、水やお湯、ぬるま湯で服用するようにしてください。

それ以外で服用すると、効能を損ねてしまうことがあります。

加えて漢方薬は食品が入っていない状態の方が効能を発揮するので、食前や食間に使用するようにしましょう。

漢方薬のメリット

メリット
漢方薬にはそれならではのメリットがあります。

1.副作用が少ない

漢方薬はほかの医薬品に比べて比較的、副作用が少ない漢方薬です。

そのためほかの医薬品によって副作用が出てきた人も、漢方薬でなら感じないことがあるんです。

もちろん漢方薬で副作用を感じる人もいますが、検討する価値はあるでしょう。

2.原因がハッキリしていなくても使用できる

気になる症状を解消していこうと思うと、原因をハッキリさせておく必要があります。

でも漢方薬の場合は原因がハッキリしていなくても、使用することができるんです。

その理由は漢方薬ならではの特徴が関係しています。

漢方薬は原因に働きがけるのではなく体の回復機能を高め、対策を行っていく医薬品だからです。

そのため原因がよくわからない症状に対しても、効率的に使っていくことができます。

3.未病にも使用できる

未病とは病気とは言わないが健康ともいえない、微妙な状態に対する用語です。

これといって疾患があるわけではないけど、明らかに支障を感じているという人は漢方薬が使っていきやすいでしょう。

なんとなく疲れやすい、体が怠い、イライラするといったことがあったら、漢方薬の使用を検討してみてはいかがでしょうか。

漢方薬のデメリットとは

デメリット
漢方薬にはメリットだけではなく、それならではのデメリットもあります。

1.独特の風味や味わいがある

漢方薬にはそれならではの独特の風味や味わいが存在しています。

漢方薬にはさまざまな生薬が使われているので、説明しづらい味わいが混在してしまうんです。

2.すぐには効果が表れないことがある

漢方薬は比較的緩やかに効果を発揮する医薬品です。

すぐに症状を解消したい人には、あまり向かないことがあるでしょう。

3.市販では取り扱っている種類が少ない

漢方薬を市販で購入する場合、あまり種類が取り扱われていないことがあります。

マイナーな漢方薬を購入するときには、通販や漢方薬ショップを頼ることになるでしょう。

甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)の特徴を知りうまく活用しよう

甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)は口内炎や不眠症、吐き気といった日常生活で起こりがちなさまざまな症状に効果的な漢方薬です。

メリットだけではなくデメリットもありますが、その特徴を知ればうまく活用していけるでしょう。

気になる症状があったら早めに対策を行い、悩みを解消していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?