漢方薬・生薬

胃痛が治まらないなら香砂六君子湯(コウソサン)で解消!その副作用って?

胃痛が続いているなら、香砂六君子湯(コウソサン)の使用を検討してみてください。

胃痛の状態が続くと日常的にストレスを感じ、さらに症状が悪化してしまう恐れがあります。

少しでも症状を感じたら、すぐに対策を行っていきましょう。

香砂六君子湯(コウソサン)の効能

胃痛
香砂六君子湯(コウソサン)は胃痛や嘔吐、膨満感、下痢、腹痛といった、胃腸の関連する症状に効果な漢方薬です。

放置したままでいるとさらに重症化し、日常生活を大きく阻害してしまうでしょう。

胃腸の不快症状を感じたら、すぐに対処を行うことが大切です。

香砂六君子湯(コウソサン)の副作用

めまい
ほとんど副作用を感じることがない香砂六君子湯(コウソサン)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用の症状が出ているにも関わらず使用を続けると、重大な疾患のきっかけとなることもあるでしょう。

目安を確認し、いざというときに備えるようにしてください。

胃腸の不快感

胃腸に不快症状が広がり、食欲不振や吐き気、気持ち悪さといった症状が見られます。

腹痛のような症状が感じられたら、すぐに香砂六君子湯(コウソサン)の使用をやめてください。

むくみと体重増加

むくみと体重増加が同時に起こることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、スタイルを損ねてしまう症状です。

太ったような印象になってしまううえ、実際に体重が増えてしまうこともあるんです。

少しでもむくみの症状を感じたら、すぐに香砂六君子湯(コウソサン)の使用をやめるようにしてください。

手足の痙攣

手足に痙攣の症状が見られ、ピクピクと震えることがあります。

ほかにも麻痺の症状を感じてしまう人もいるでしょう。

発熱や動悸

特に理由がないのに発熱や動悸の症状が表れ、ほてりや汗ばみを伴なうことがあります。

少しでも発熱の症状を感じたら、すぐに使用をやめてください。

血圧の上昇

血圧が上昇してしまい、ほてりや汗ばみの症状を感じる人がいます。

頭痛のような症状を感じることがあるので、体調に注意を払うようにしてください。

このほかにもさまざまな症状を感じることがあります。

ここに記載されていることがすべてとは限らないので、少しでも体調不良を感じたらすぐに香砂六君子湯(コウソサン)の使用をやめてください。

香砂六君子湯(コウソサン)の注意点

検査
ほとんどの人に使っていきやすい香砂六君子湯(コウソサン)ですが、一部使用に注意が必要な人もいます。

無理に服用を続けると体調不良を引き起こすことがあるので、使用には注意するようにしてください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が香砂六君子湯(コウソサン)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

特にこの漢方薬には妊婦の体に影響しやすい麻黄(マオウ)を初めとする、さまざまな生薬が使われています。

使用には注意を払うようにしましょう。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が香砂六君子湯(コウソサン)を使用すると、薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

漢方薬や薬は絶妙なバランスの元成り立っているので、少しの影響でも効能を損ねてしまうことがあるんです。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が香砂六君子湯(コウソサン)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

持病を抱えている人は、使用に注意するようにしてください。

小児や高齢者

小児や高齢者が香砂六君子湯(コウソサン)を使用すると、体調に影響をもたらす恐れがあります。

該当者が誤って服用しないよう、保管場所に気を配るようにしましょう。

併用注意な生薬や薬

注意

甘草

甘草を含んだ薬や漢方薬を使用すると、副作用の症状が出やすくなってしまいます。

甘草やお菓子に使われていることもあるので、成分表を確認するといった注意を行ってください。

麻黄(マオウ)

麻黄(マオウ)を取りすぎると、副作用の症状が出やすくなってしまいます。

インターフェロン製剤

間質性肺炎が表れる恐れがあります。

香砂六君子湯(コウソサン)は水で服用しよう

水
香砂六君子湯(コウソサン)を服用する際は、を使用するようにしてください。

それ以外で服用すると、しっかりと効能を感じることができなくなります。

水で服用することが難しいようなら、お湯やぬるま湯を使用してください。

胃痛をそのままにしていると他疾患のきっかけとなることがある

うつ病
胃痛は軽く扱われがちですが、そのまま放置していると他疾患のきっかけとなることがあります。

うつ病

痛みを伴なう症状が続くことにより気持ちが落ち込み、うつ病のきっかけとなることがあります。

うつ病になると心身の健康を阻害され、体の痛みとなって症状が表れることもあるんです。

胃痛を重症化させないためにも、早めの処置が大切になるでしょう。

自律神経失調症

心身を健康的な状態に保つために大切な自律神経が阻害され、慢性的に乱れる状態が続く症状です。

さまざまな体の不調のきっかけとなります。

不眠症

胃痛の状態が続くことで睡眠が阻害され、不眠症を発症する恐れがあります。

睡眠がうまく行っていないと自律神経が阻害され、疾患のきっかけとなることがあるでしょう。

なぜ漢方薬の服用をやめてしまう人がいるのか?

疑問
漢方薬の服用をしている人の中には、途中で服用をやめてしまう人もいます。

そういった人には一定の特徴があるので、確認しておきましょう。

すぐに効果を感じられないのでやめてしまう

漢方薬は継続的に使用することで効能を発揮する医薬品です。

即効性を感じにくいことがあるので、今すぐ症状を解消したい人には向いていないことがあるでしょう。

独特の風味や味わいがあるので嫌になる

漢方薬には表現しがたい、独特な味わいや風味があります。

その独特さが嫌になってしまい、服用をやめてしまう人が珍しくありません。

できるだけを使用していきたい漢方薬ですが、ときには食品を使用することも大切になるでしょう。

金銭的な問題が勃発

漢方薬は金額が高くなりがちなので、金銭的問題が勃発することがあります。

漢方薬には生薬が使われているのでどんな生薬が使われているかによって、金額が大きく違ってくるんです。

漢方薬にはなぜ独特の風味や味わいがある?

漢方薬に独特の味わいがあるのは、その生薬に関係しています。

漢方薬に使われる生薬には、鉱物や植物、動物や菌類といった、さまざまなものが存在しているからです。

それぞれの生薬が混在することで、独特の味わいや風味が出てしまうことがあるでしょう。

香砂六君子湯(コウソサン)の効能だけではなく副作用を知ることが大切

香砂六君子湯(コウソサン)は頼りがいのある使いやすい漢方薬ですが、その使用には注意が必要になります。

人によって副作用を感じてしまう人がいるからです。

その効能だけではなく副作用にも注意し、うまく香砂六君子湯(コウソサン)を活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?