漢方薬・生薬

胃に効く漢方!症状別に見るおすすめ漢方薬について解説

胃に効く漢方をお探しではありませんか?

胃が健康でないと、食事を摂ってもおいしく感じることができませんし、食事を満足に摂ることができないと身体を動かすエネルギーを充分に蓄えることができなくなってしまいます。

漢方では、胃腸の機能を高めて正常な状態へと改善する効果のある漢方薬がいくつかあります。

今回の記事では、胃に効く漢方について詳しく解説します。
胃

胃が痛む方 – 安中散料

安中散料(あんちゅうさんりょう)は、冷えやストレスから胃が痛む方、慢性的な胃痛や胃もたれ、食欲不振などに悩まされている方におすすめの漢方薬です。

体力中等度以下で、腹部は力がなくて、胃痛又は腹痛があるような方、胸やけや、げっぷ、胃もたれ、食欲不振、はきけ、嘔吐などを伴う方の神経性胃炎、慢性胃炎、胃腸虚弱などに対して効果・効能があります。

安中散料の成分

安中散料には以下の7つの生薬が含まれています。

  • ケイヒ
  • エンゴサク
  • ボレイ
  • ウイキョウ
  • カンゾウ
  • シュクシャ
  • リョウキョウ

胃や胸に違和感のある方 – 半夏瀉心湯

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は、胃や胸につかえ感などの違和感がある方、お腹が鳴り下痢などの症状がある方に効果のある漢方薬です。

体力中等度で、みぞおちがつかえた感じがあり、悪心や、嘔吐、食欲不振、軟便、下痢などの症状がある方の慢性胃腸炎、下痢・軟便、消化不良、胃下垂、胃弱、二日酔い、げっぷ、胸やけ、神経性胃炎、口内炎、神経症などに対して効果・効能があります。

半夏瀉心湯の成分

半夏瀉心湯には以下の7つの生薬が含まれています。

  • ハンゲ
  • オウゴン
  • カンキョウ
  • カンゾウ
  • タイソウ
  • ニンジン
  • オウレン

胃・お腹が痛い方 – 柴胡桂枝湯

柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)は、風邪をこじらせて腹痛がある方、胃腸に炎症がある方に効果のある漢方薬です。

体力中等度から、やや虚弱で、腹痛を伴った微熱、寒気、胃・頭痛などがある方の胃腸炎、風邪の中期から後期の症状がある方に対して効果・効能があります。

柴胡桂枝湯の成分

柴胡桂枝湯には以下の9つの生薬が含まれています。

  • サイコ
  • ハンゲ
  • オウゴン
  • カンゾウ
  • ケイヒ
  • シャクヤク
  • タイソウ
  • ニンジン
  • ショウキョウ

胃がもたれる方 – 六君子湯

六君子湯(りっくんしとう)は、胃がもたれて食べることが困難な方、食べることで胃がもたれる方、胃腸が弱い方に効果のある漢方薬です。

体力中等度以下で、胃腸が弱く、食欲がない方、疲れやすく、貧血性な方の胃炎、胃腸虚弱、胃下垂、食欲不振、胃痛、消化不良、嘔吐などに対して効果・効能があります。

六君子湯の成分

六君子湯には以下の8つの生薬が含まれています。

  • ソウジュツ
  • ニンジン
  • ハンゲ
  • ブクリョウ
  • タイソウ
  • チンピ
  • カンゾウ
  • ショウキョウ

吐き気や腹痛のある方 – 五苓散

トイレで吐く女性
五苓散(ごれいさん)は、急性胃腸炎など吐き気があり、腹痛を伴う下痢のある方、二日酔で胃がムカムカしているような方に効果のある漢方薬です。

五苓散は、体力に関わらず用いることができ、喉が渇き、めまい、嘔吐、腹痛、はきけ、頭痛、むくみなどの症状がある方の水様性下痢、頭痛、むくみ、二日酔いなどに対して効果・効能があります。

五苓散の成分

五苓散には以下の5つの生薬が含まれています。

  • タクシャ
  • ソウジュツ
  • チョレイ
  • ブクリョウ
  • ケイヒ

胃が不調になる原因

胃や腸は、口に入れた食べ物や飲み物を身体に吸収されやすい形に分解し、吸収させることで栄養素としてエネルギーになります。

このように胃腸は、人間が生命を維持する上で重要な役割を担っているため、胃腸が不調になってしまうと体への栄養補給が乏しくなってしまいます。

胃や腸が不調になってしまう主な原因は、食べ過ぎや飲み過ぎが続いて胃腸が疲れてしまった場合に起こります。

胃の中で消化しきれない状態で次の消化物が入ってくると胃の中がオーバーワークになってしまうため、胃が不調を起こします。

食事が胃腸に与える影響は非常に大きいため、このような状態が続いてしまうと、胃腸はストレスを感じてしまい機能が低下してしまうのです。

また、胃腸は環境の変化によるストレスでも調子が悪くなることがあります。

環境の変化は、体に対して無意識のうちに強いストレスを与えてしまったりするため、自律神経のバランスを崩してしまい、胃の不調、吐き気、便秘、下痢などの症状が現われやすくなってしまうのです。

このように胃腸の調子が悪くなってしまった場合は、漢方などを用いて胃腸の働きを高める治療が必要なのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、胃に効く漢方について詳しく紹介してきました。

漢方や生薬の組み合わせによって作られる、日本で独自に発展した、漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品の総称です。

古代中国から伝わる漢方は、生薬の組み合わせによってさまざまな症状の緩和・改善に役立ちます。

今回、胃の症状別に紹介してきた漢方薬はどれも「胃に効く漢方」なので、突然の胃の症状に対して対策できるように、常備しておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート