漢方薬・生薬

腹痛にお悩みなら柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)で解消!その特徴も知っておこう

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)は腹痛に効果的な漢方薬です。

腹痛の症状は甘く見られがちですが、そのまま放置しているとさらに重症化していくこともあります。

少しでも腹痛の症状を感じるようなら、すぐに対策を行っていきましょう。

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)の効能

腹痛
柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)は、腹痛、側胸部痛、神経痛、肩のこわばりに効果的な漢方薬です。

腹痛や神経痛はそのまま放置したままでいると、さらに重症化していくことがあります。

また、その状態を放置することで大きなストレスとなり、日常生活にまで支障を来たすようになる恐れがあります。

少しでも症状を感じることがあったら、すぐに対策を行っていきましょう。

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)の副作用

血圧
ほとんど副作用の症状が起こることのない柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)ですが、中には副作用の症状が起こってしまう人もいます。

無理に服用を続けると体調に影響をもたらすことがあるので、使用に注意してください。

むくみや体重の増加

むくみや体重の増加を起こし、体形を変えてしまうことがあります。

大抵の場合はすぐに戻りますが漢方薬による副作用の場合、すぐには回復しないことがあるでしょう。

少しでもむくみの症状を感じたら、すぐに柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)の使用をやめてください。

胃腸の違和感

胃腸の違和感が起こり、食欲不振、吐き気、腹痛といった、さまざまな症状を感じることがあります。

高血圧

高血圧の症状が起こり、ほてりや汗ばみの症状を感じることがあります。

発熱のような症状を感じることもあるので、少しでも症状を感じたら副作用を疑ってください。

このほかにもさまざまな症状が副作用として表れることがあります。

ここで書かれていることがすべてとは限らないのでわずかでも体調不良を感じることがあったら、すぐに柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)の使用をやめてください。

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。

無理に服用を続けると副作用の症状が出やすくなってしまうので、使用に注意するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を服用すると、薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

それぞれの効能が変化したり、効果を下げてしまうことがあるので注意してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を服用すると、体調に悪影響をもたらすことがあります。

持病に対する影響に気を配り、医師に相談してから使用してください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を服用すると、体調に影響することがあります。

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を使用する際は使用に気を付け、医師に相談してから使用してください。

小児や高齢者

小児や高齢者が柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

事前に家族で使用について話し合うようにし、該当者が誤って服用しないようにしてください。

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)の服用法

水
柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯で服用してください。

それ以外で服用すると、効能を損ねてしまうことがあります。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に服用するようにしましょう。

最初から食事に時間を決めておくと、服用時間を守りやすくなります。

漢方薬が苦手という人は少なくない

薬が苦手
実は漢方薬が苦手と感じている人は珍しくありません。

それにはさまざまな理由があり、事前に知っておくことで防ぐ手だてを考えることができるでしょう。

独特の風味や味わいがある

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を初めとする漢方薬には、独特の風味や苦みが存在します。

そのため服用してみたら、ほかの医薬品との違いに驚きやめてしまう人が珍しくありません。

やめどきが見つかりにくい

漢方薬を使い始めるとやめどきを決めるのが難しくなります。

というのも漢方薬はハッキリとした原因がなくても使用することができる医薬品で、自分の具合が悪いと感じていればずっと使うことができます。

そのためやめどきを見失いやすく、そういったことが嫌になってしまった人が漢方薬の服用をやめるようになってしまうんです。

保管が結構面倒

中には漢方薬をほかの医薬品に比べて軽く考え、保管をいい加減にしてしまう人がいます。

でも漢方薬も医薬品なので、適切に保管していかないと品質や効能を損ねてしまうことがあります。

そのことを面倒に感じ、漢方薬の服用をやめてしまう人が珍しくありません。

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を続けやすくするための工夫

カレンダー
漢方薬である柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を、うまく活用するためには工夫を行っていく必要があります。

自分に合った方法で、無理がないよう行っていきましょう。

食品をうまく使って味わいや風味をごまかす

食品や風味をうまく使って、独特の風味や味わいをごまかしてみましょう。

漢方薬の使用をやめてしまうほとんどの原因は、その味わいや風味が嫌になってしまうからです。

自分の好きな食品と混ぜ合わせ、服用しやすくしていきましょう。

例えばジャムやハチミツといった食品は、柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を混ぜ合わせるのにとても便利です。

お薬カレンダーを使って服用を管理する

自分がどれくらいの期間、どのくらいの量を服用したかを把握しておけば、だらだらと飲んでしまうリスクを軽減することができます。

残量を簡単に確認することができるので、消費期限が切れてしまうリスクも軽減できるでしょう。

適切な保管環境を知っておく

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を初めとする漢方薬の保管が面倒になってしまうのは、保管方法を知らないからです。

漢方薬は湿気過度な乾燥温度の変化直射日光に気を付ければ、それほど神経質にならなくても管理していきます。

これらの条件に合った場所の棚や、密閉空間に保管するようにしてください。

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)の効能だけではなく副作用も知ろう

柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)は腹痛の症状に効果的な、使っていきやすい漢方薬です。

ただその特徴として副作用も存在します。副作用が出ているのに服用を続けると、症状が悪化してしまうこともあるんです。

効能だけではなく副作用も知り、うまく柴胡疎肝湯(サイコソカントウ)を活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?