漢方薬・生薬

腹痛には解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)!その正体とは

仕事中に腹痛の症状が出てしまう人は、解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)が使っていきやすいでしょう。

この漢方薬は腹痛の症状に効果的で、いざというときの助けになる漢方薬です。

少しでも腹痛を感じたら、すぐに対策を行っていってください。

解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の効能

腹痛
解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)は、急性胃炎や急性腸炎、お腹の冷えに効果的な漢方薬です

これらの症状になると腹痛だけではなく、食欲不振、吐き気、胃の膨満感といったさまざまな諸症状が起こります。

早めに対策を行っていくことが大切になるでしょう。

解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の副作用

副作用
ほとんど副作用が出ることのない解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)ですが、なかには副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用が出ているにも関わらず、無理に使用を続けると症状が重症化していく恐れがあるでしょう。

胃腸の不快感

吐き気、食欲不振、下痢といった、胃腸の不快感が出てくることがあります。

ハッキリとした症状ではなく腹痛となって症状が表れることがあるので、胃腸の状態に注意するようにしてください。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が走り、動いたり歩くのが億劫になることがあります。

特に理由がないのに歩きにくいといったことがあったら、副作用を疑うようにしましょう。

手足のこわばり

手足がこわばってしまい、うまく動かなくなることがあります。

ピクピクと痙攣するようなことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

むくみ

むくみの症状が出ることがあります。

むくみとは不必要な水分が体内にたまり、皮膚が膨張してしまう症状です。

太ったような印象になってしまうため、スタイルに大きく支障を来たすでしょう。

特に心当たりがないのに急に太ってしまったら、すぐに解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の使用をやめてください。

高血圧

血圧が上昇してしまい、高血圧になってしまうことがあります。

高血圧になるとほてりや汗ばみ、体温の上昇といった症状が起こるので、血圧上昇の目安にしてみてください。

血圧計を利用することで、より確実に知ることができます。

このほかにもさまざまな症状ができることがあるので、少しでも体の異常を感じたら解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の使用をやめましょう。

不安を感じたら、すぐに医師にかかるようにしてください。

解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。

無理に服用すると大きな体調不良のきっかけとなるので、心当たりがある人は使用に注意してください。不安な人は医師や薬剤師に相談しましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)を服用すると、母体や胎児に何らかの影響をもたらす恐れがあります。

妊娠中の女性の体はデリケートなので、独断で使用せず医師に相談してから使用しましょう。

持病を抱えている人

持病を抱えている人は、解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の服用に注意しましょう。

持病に何らかの影響をもたらす恐れがあるうえ、服用中の薬に変化を与えることがあります。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)を使用すると、薬同士がぶつかり合ってしまい効果に変調をもたらすことがあります。

現在薬を使っている人や、これから服用する予定にある人も使用に注意してください。

高齢者や小児

高齢者や小児が解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)を服用すると、体調不良のきっかけとなることがあります。

誤って服用してしまわないよう、保管場所に気を付けるようにしてください。

解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)の服用法とは

水
解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)を服用する際は、水やお湯、もしくはぬるま湯を使用するようにしてください。

それ以外で服用すると、効果が減少してしまうことがあります。

ほかの医薬品と漢方薬の違い

漢方
ほかの医薬品と漢方薬との違いは西洋医学の元作られているか、東洋医学の元作られているかの違いです。

西洋医学では原因そのものに攻撃を加え、原因を取り除こうとします。

そのため副作用が強めに出てしまうことがあり、その人の体質によっては体調不良となってしまうことがあったんです。

比べて漢方薬は東洋医学の元、作られた医薬品です。

東洋医学では原因ではなく体の回復機能を高め、総合的に作用していく特徴のある医薬品になります。

そのため一般的に副作用が少なく、人によっては使いやすいといわれているんです。

どちらがいいというわけではなく、状況によって使い分けていくことが大切になるでしょう。

もちろん漢方薬にも副作用があるので、注意しながら使用する必要はあります。

漢方薬の服用を助けてくれるアイテム

カプセル
解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)を初めとする漢方薬には独特の味わいがあり、そのまま水で服用するのは難しいケースがあります。

そういったときには便利なアイテムを使用し、飲みやすくしていきましょう。

服薬ゼリー

薬を服用するために開発された便利なアイテムです。

ゼリー状になっているので、漢方薬を混ぜた後すくって服用することができますよ。

さまざまな味があるので、飽きることも少ないです。

オブラート

昔から販売している便利アイテムです。

オブラートに粉末状の漢方薬を入れ水でふやかした後、水で飲み下すようにしましょう。

オブラートにもさまざまな味が存在しているので、使い分けることで飽きずに服用を続けていくことができます。

空のカプセル

空の状態のカプセルに粉末状の漢方薬を入れ、飲みやすくしていきましょう。

粉末タイプの漢方薬が苦手な人には、とても使いやすいアイテムです。

まとめ買いを行い複数に分けることで、さまざまな漢方薬を使い分けることもできます。

錠剤クラッシャー

錠剤クラッシャーを使うことで、錠剤タイプの漢方薬を粉末タイプにすることができます。

錠剤が苦手な人にとっては、とても便利に使っていけるでしょう。

錠剤クラッシャーは、各社さまざまなタイプを販売しています。

自分の状況に合わせて使い分けてみるのも便利です。

医師や薬剤師の判断によっては、空のカプセルや錠剤クラッシャーの使用を止められることがあります

できれば予め確認しておいてください。

解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)をうまく活用していこう

解急蜀椒湯(カイキュウショクショウトウ)は頼りがいのある漢方薬ですが、その使用に注意が必要です。

副作用や注意点を確認してから、使用するようにしてください。

少しでも体調不良を感じたら使用を中止し、医師や薬剤師に判断を仰ぎましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート