漢方薬・生薬

皮膚炎に悩んでいるなら五物解毒散(ゴモツゲドクサン)で解消!その特徴を解説

皮膚炎に悩んでいる人は、五物解毒散(ゴモツゲドクサン)が使っていきやすいでしょう。

この漢方薬は誰にでも起こりがちな皮膚炎の症状に効果的な、とても使っていきやすい漢方薬です。

少しでも症状を感じたら、すぐに対策を行うようにしてください。

五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の効能

皮膚炎
五物解毒散(ゴモツゲドクサン)は湿疹や皮膚炎、斑疹(はんしん)、化膿性疾患、皮膚の色合いが変わってしまう症状に効果的です。

これらの症状が起こるとかゆみを感じることがあり、日常生活を大きく阻害します。

それだけではなくジュクジュクとした状態になり、痛みを伴うこともあるでしょう。

これらの症状は早めに対策を行うことで、解消していくことができます。

生活習慣を整えながら五物解毒散(ゴモツゲドクサン)を使うといった、工夫を行うようにしてください。

五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の副作用

息苦しい
ほとんど副作用の症状が起こることのない五物解毒散(ゴモツゲドクサン)ですが、中には症状が起こってしまう人もいます。

そういった人が服用を続けると、体調を損ねてしまうことがあるでしょう。

目安を紹介していくので少しでも副作用が出てしまった人は、すぐに五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の使用をやめてください。

発熱や呼吸困難

発熱の症状が見られ、呼吸困難も伴なうことがあります。

息がしづらい、特に理由がないのに熱が上がるようなことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

むくみや体重増加

むくみや体重増加の症状が表れ、見た目に大きく影響してしまうことがあります。

むくみとは体内の余計な水分が増え、体が膨張してしまう症状です。

いつもと体形が違うと感じたら、すぐに五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の使用をやめてください。

胃腸の不快感

胃腸に不快症状が起こり、食欲不振、吐き気、気持ち悪さといった症状が表れることがあります。

腹痛のような症状を感じることがあったら、すぐに五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の使用をやめてください。

のぼせや舌のしびれ

特に理由がないのに、舌のしびれやのぼせが起こることがあります。

舌がピクピクと震えることがあったら、すぐに五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の使用をやめましょう。

発疹や蕁麻疹

発疹や蕁麻疹の症状が表れ、かゆみも伴なうことがあります。

皮膚に赤みが見られたら、すぐに五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の使用をやめてください。

ここで書かれている副作用はあくまで目安です。

書かれている以外の副作用が出ることもあるので、少しでも症状を感じたらすぐに五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の使用をやめましょう。

不安な人はすぐに医師や薬剤師に相談してください。

五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい五物解毒散(ゴモツゲドクサン)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

無理に服用すると副作用の症状が出やすくなるので、注意してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が五物解毒散(ゴモツゲドクサン)を服用すると、薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

それぞれの効能が変化したり、効果を下げてしまうこともあるので注意してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が五物解毒散(ゴモツゲドクサン)を服用すると、体調を損ねてしまうことがあります。

持病の種類によっても違ってくるので、医師に確認してから使用してください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が五物解毒散(ゴモツゲドクサン)を服用すると、母体や胎児に影響することがあります。

漢方薬を使用する際は体質や体調に気を付け、医師に相談してから使用してください。

小児や高齢者

小児や高齢者が五物解毒散(ゴモツゲドクサン)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

漢方薬の保管には注意してください。

五物解毒散(ゴモツゲドクサン)の服用法

水
五物解毒散(ゴモツゲドクサン)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯を使用してください。

それ以外で服用すると体調を損ねてしまうことがあります。

加えて食前や食間に服用していきましょう。

どうしても飲みにくいようなら、食品を使っていくのもいいです。

甘みの強い食品と合わせ、服用しやすくしていってください。

漢方薬の保管場所に迷ったらここ!

倉庫
漢方薬は適切に保管していく必要があります。

でもどこに置いたらいいのか、迷ってしまう人が珍しくありません。

迷わないよう、管理しやすい場所を覚えておきましょう。

直射日光が当たりにくい暗所にある棚

直射日光が当たりにくい暗所にある棚に保管すると、管理しやすく便利です。

直射日光は漢方薬の効能や品質を大きく損ねてしまうので、光の当たりにくい場所に保管することが大切になります。

光の当たり具合は時間によっても違ってくるので、時間差に注意する必要もあるでしょう。

湿気の少ない水回りから遠い場所

湿気は漢方薬の効能や品質を大きく損ねてしまいます。

なるべく湿気の少ない水回りから遠い場所に保管しましょう。

また、なるべく水のついた手で、漢方薬を触らないようにしてください。

温度の変化が少ない人通りのない場所

人通りが多い場所は温度の変化を起こしやすく、漢方薬にとって負担となってしまうことがあります。

なるべく人通りの少ない場所に、保管するようにしてください。

高齢者や小児の手が届かない高い場所

高齢者や小児は漢方薬を使用することで、体調を悪くしてしまうことがあります。

なるべく高齢者や小児の手が届かない場所に保管し、誤って服用することがないようにしてください。

逆にここはだめ!漢方薬の保管に向かない場所

日当たりキッチン
漢方薬を保管する際には、避けたほうがいい場所があります。

事前に確認し、なるべくその場所は避けるようにしてください。

直射日光が当たりやすい窓際

窓際は直射日光が当たりやすく、漢方薬の品質や効能を損ねてしまうことがあります。

窓際の棚といった場所は避けてください。

水回りが近い脱衣所やキッチンの近く

水回りが近い場所は湿気の影響を受けやすくなります。

水回りが近い脱衣所やキッチンの近くは避け、水気のない場所に保管しましょう。

誰でも取れてしまう場所

誰でも取れてしまう場所は誤飲のリスクを高めます。

例えば冷蔵庫に保管していると、子供が飲んでしまうリスクがあるでしょう。

なるべくほかの家族が知らない場所に保管するか、事前に家庭内で話し合うようにしてください。

注意点を守りながら五物解毒散(ゴモツゲドクサン)を服用しよう!

五物解毒散(ゴモツゲドクサン)は皮膚炎に効果的な、とても使っていきやすい漢方薬です。

でも使用には注意点も存在し使用に向かない人が無理に使用を続けると、副作用が出やすくなってしまうというデメリットも存在します。

使用上の注意を守り、うまく五物解毒散(ゴモツゲドクサン)を使用していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?