漢方薬・生薬

末端にほてりを感じるなら三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)!その効能と副作用とは

三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)という漢方薬を知っている人はまだあまりいません。

ただその効能を知っていけば、とても使っていきやい漢方薬であることが分かっていただけるでしょう。

ただ三物黄芩湯には副作用や注意点があり、正しく知り活用していく必要があるんです。

この記事では三物黄芩湯の特徴について、分かりやすく解説していきます。

三物黄芩湯の効能

漢方薬研
三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)は末端のほてり口の渇き不眠の症状に効果的な漢方薬です。

これらは誰にでも起こりやすい症状で、放置しておけば他疾患のきっかけとなることがあります。

どれも日常生活に支障を来たす症状なので、早めに対策していきましょう。

三物黄芩湯の副作用

副作用

ほとんど副作用がない三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)ですが、一部副作用の症状が出てしまう人もいます。症状があるにも関わらず服用を続けると、体調を悪くしてしまうので注意するようにしてください。

咳や息苦しさ

咳や息苦しさを感じ、呼吸がしにくいと感じることがあります。いつもより呼吸がしにくいと感じたら、副作用を疑ってください。

発疹やかゆみ

発疹やかゆみの症状が起きることがあります。分かりやすい発疹ではなく、赤みとなって症状が表れることもあるので使用に注意してください。

少しでも皮膚に異常を感じたら、服用をやめることも大切です。

胃の不快感

胃の不快感があり、気持ち悪さや胸やけといった症状があったときは、副作用の症状が出ていることがあります。

吐き気を感じることもあるので、少しでも症状を感じたら三物黄芩湯の使用をやめてください。

このように人にさまざまな副作用が起こることがあります。ただここで書かれていることは一例です。

人によって表れる症状は違うので、少しでもいつもと体調が違うと感じたら三物黄芩湯の使用をやめてください。

三物黄芩湯の注意点

注意
三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)は使っていきやすい漢方薬ですが、使用に注意が必要な人もいます。

使用に向かない人が服用を続けると、体調不良を起こしてしまうことがあるので気を付けてください。

胃腸が弱っている人

胃腸が弱っている人が三物黄芩湯を服用すると、体調不良となってしまうことがあります。

食欲不振や胸やけ、気持ち悪いといった症状があったら、副作用を疑うようにしてください。

妊娠中の人

妊娠中の人が三物黄芩湯を服用すると、母体や胎児に影響が出ることがあります。

独断での使用は危険なので、必ず医師や薬剤師に相談するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が三物黄芩湯を使用すると薬の効能がぶつかり合い、変化を起こしたり効能を損ねてしまうことがあります。

ほかの薬と三物黄芩湯を同時に使用するときは、医師や薬剤師に相談しましょう。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が三物黄芩湯を服用すると、持病に変化を起こしたり症状を悪化させてしまうことがあります。

独断での使用はやめ、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

このように三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)は人によって、体調不良を引き起こすことがあります。

注意点を確認し、使用をやめるか医師や薬剤師に相談するようにしてください。

三物黄芩湯の服用法

注意点
三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)には正しい服用法が存在します。

もし服用法を間違えると、効能を損ねてしまうことがあるんです。

服用する際はお湯を使用するようにしてください。それから食前食間に服用することが大切になります。

食事のタイミングを決めておくと、服用時間を守りやすくなるでしょう。

三物黄芩湯を服用しやすくしてくれるアイテム

薬 飲み方

三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)には、独特の苦みや風味があります。服用しやすくするために、便利なアイテムを使っていきましょう。

空のカプセル

空のカプセルがドラッグストアや通販サイトで販売しています。

空の状態で売っているので、そこに粉末状の三物黄芩湯を入れてみましょう。

粉末タイプが苦手な人には、メリットの高い方法となります。

オブラート

オブラートに三物黄芩湯を入れて、服用してみるのもいいでしょう。

最近のオブラートはポケットタイプになっていて、簡単に中に漢方薬を入れることができます。

味付きのものも販売しているので、自分に合ったタイプを選んでいってください。

服薬ゼリー

服薬ゼリーは薬を飲むために販売しているアイテムです。ゼリー状になっていて、簡単に三物黄芩湯と馴染ませることができます。

錠剤タイプはもちろん、粉末タイプにも使っていけるのでとても便利なアイテムですよ。

三物黄芩湯を飲みやすくしてくれる食品

食品
できれば三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)は、水かお湯で服用することが大切です。

でも独特の味わいや風味がある漢方薬はそのまま服用すると、途中で挫折してしまうかもしれません。

適度に食品を使用し、使いやすくしていきましょう。

市販のゼリー

市販で売っているゼリーに三物黄芩湯を入れて、食べてみてください。

さまざまな種類が売っているので、飽きることなく食べていけますよ。

フルーツソースを混ぜてみるといった、さまざまな工夫を行ってみましょう。

手作りチョコレート

手作りのチョコレートを作って、そのなかに三物黄芩湯を入れてください。

市販のチョコレートを溶かして固めるだけなので、時間をかけずに作っていけますよ。

気分によってナッツやフルーツを混ぜて見るのもいいでしょう。

手作りクッキー

手作りクッキーはさまざまなアレンジができる、便利なスイーツです。

三物黄芩湯を入れることで、薬膳クッキーとして食べていきますよ。

乾燥に気を付ければ、長持ちさせることもできます。

いろいろなアレンジを楽しんでみてください。

野菜ジュースに混ぜる

市販の野菜ジュースに三物黄芩湯を混ぜて、栄養を足してみましょう。

野菜ジュースには野菜だけではなく、フルーツも配合されているものがあります。

漢方薬が持つ独特の癖や風味をうまくごまかしてくれるでしょう。

食品に混ぜることで漢方薬に対する嫌なイメージを、軽減することができます。

無理なく自分に合った方法を行っていきましょう。

時には三物黄芩湯の使用を休止してみるのもあり

水
時には三物黄芩湯の使用を休止してみるのもありです。

いやいや服用を続けるとそれがストレスとなり、さらに症状を悪化させてしまうかもしれません。

漢方薬は続けていくことで、効能を感じることができる存在です。

服用が無理だと感じ始めたら、ときには休止することも大切です。

工夫をしながらうまく三物黄芩湯を活用しよう

三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)は効果的な漢方薬です。

ただ使用には注意が必要で、副作用や注意点もしっかりと知っていく必要があります。

食品をうまく利用して、無理なく活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?