漢方薬・生薬

鼻の赤みに効果的!葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の正体とは

葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)という漢方薬は、鼻の赤みやぷつぷつに効果的な漢方薬です。

鼻は顔の中でも出っ張っている部分で、人と会ったときにとても目立ってしまいます。

美容にとって大きなリスクを呼び込む鼻の赤みを、早めに解消していきましょう。

葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の効能

しみ
葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)は、鼻の赤みやシミに効果的な漢方薬です。

鼻に赤みやぷつぷつができてしまう状態を酒さ(しゅさ)というんですが、その状態を放置しているとさらに赤みが増してしまう恐れがあります。

なるべく早いうちに、対策を行っていく必要があるでしょう。

葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の副作用

くるしい
ほとんど副作用がない葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)ですが、一部副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用が出ているにも関わらず服用を続けると、重大な疾患のきっかけとなることがあるでしょう。

予め目安を確認し、もしものときに備えておくことが大切です。

呼吸困難

呼吸困難に陥り、うまく息を吸ったり吐いたりすることができなくなることがあります。少しでも息がしにくいと感じたら、すぐに葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の使用をやめてください。

発熱

特に理由がないのに発熱の症状が起こります。ほてりや汗ばみの症状が見られたら、副作用を疑いましょう。

むくみや体重増加

むくみや体重の増加が起こることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、皮膚が膨張してしまう症状です。

まるで太ってしまったような印象になるので、そのまま放置すると美容を大きく損ねることになるでしょう。

余分な水分が体内にたまることで、体重増加してしまうこともあります。

倦怠感

体中に倦怠感が広がり、うまく力が入らなくなることがあります。物がうまく持てない、歩くのが疲れるといったことがあったら、すぐに葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の使用をやめてください。

血圧の上昇

血圧が上昇してしまい、ほてりや汗ばみの症状を伴なうことがあります。

血圧の上昇は血圧計で測ることができるので、事前に購入しておくと便利です。

ほかにもさまざまな症状が、副作用として起こることがあります。

ここで書かれていることはあくまで目安なので、何らかの体調不良を感じたらすぐに葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の使用をやめるようにしてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。

無理に服用を続けると体調不良を引き起こす恐れがあるので、使用には注意を払うようにしましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。独断で使用せず、医師に確認してから使用していきましょう。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)を使用すると、薬同士がぶつかり合ってしまうことがあります。

薬は絶妙なバランスの元成り立っているので、自分の判断で混ぜ合わせないようにしてください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)を服用すると、その効能が持病に影響してしまう恐れがあります。

自分で使用を判断せず、医師や薬剤師に判断を仰ぎましょう。

高齢者や小児

高齢者や小児が漢方薬を使用する際は、注意を払う必要があります。

生理機能が発達しきっていなかったり、衰えてしまっていることがあるからです。

家庭で保管する際は、注意を払うようにしてください。

酒さ(しゅさ)が起こってしまう原因

ストレス
鼻に赤みやぷつぷつができてしまう症状のことを、酒さ(しゅさ)といいます。

この酒さ(しゅさ)はストレスや気温の変化、化粧かぶれによって誘発されるといわれているんです。

発症すると鼻だけではなく頬や額といった顔のさまざまな部分に表れ、美容を大きく阻害してしまいます。

葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の服用法

水
食品と一緒に服用されることが多い漢方薬ですが、本来なら水やお湯、もしくはぬるま湯で服用していくことが大切な医薬品です。

味のついた飲み物や食品で服用すると、効能を低下させてしまうことがあります。

食前や食間のタイミングを守り、水で服用するようにしてください。

漢方薬を保管するのに大切なこと

ポイント
漢方薬は適切に保管していく必要があります。保管の仕方を間違えると、効能や品質を損ねてしまうことがあるでしょう。

適切な保管環境を守るため、その目安を確認しておいてください。

湿気の少ない場所に保管する

湿気の多い場所に漢方薬を保管すると、カビ発生の要因となります。

そうなってしまうと捨てるしかなくなるので、金銭的なリスクとなるでしょう。

なるべく湿気の少ない場所に保管するようにしてください。

過度な乾燥もよくない

過度な乾燥は漢方薬がひび割れてしまうリスクを呼び込みます。

室温を一定に保ち、過度な乾燥を予防するようにしてください。

直射日光にはご注意!

直射日光に当たり続けると漢方薬の品質を損ねてしまいます。

直射日光の当たりやすい窓際を避け、なるべく暗い場所に保管するようにしてください。

冷蔵庫での保管がいいとは限らない

結露
漢方薬は冷蔵庫で保管するのがいいという話をよく聞きます。

実は必ずしもそうとは言い切れません。

冷蔵庫に保管しているうちは大丈夫なんですが、外に出したときに水分を帯びてしまうことがあるんです。

水分を帯びてしまえばカビ発生の要因となるので、必ずしも冷蔵庫での保管がいいとは限りません。

特に温暖差が激しい夏には注意し、室温を一定に保ちながら暗所に保管してください。

漢方薬はどういった食品を合わせるといい?

チョコレート
漢方薬は独特の味わいのある医薬品です。

どうしても飲みにくいと感じたら、食品を利用していくのもいいでしょう。

手作りチョコレート

溶かしたチョコレートに葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)を混ぜ、手作りチョコレートを作ってみてください。

味付けの調整がしやすいので、色々なアレンジを楽しむことができます。

市販のゼリー

市販のゼリーに葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)を混ぜ、すくって食べてみるのもいいでしょう。

市販のゼリーにはさまざまな種類があり、飽きることもほとんどありません。

葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)の副作用に注意!

葛根紅花湯(カッコンコウカトウ)は、鼻の赤みやぷつぷつに効果的な漢方薬です。

うまく活用していけば、とても便利に使っていけるでしょう。ただこの漢方薬には副作用もあります。

副作用は人によって重症化していくこともあり、注意していかなくては行けない症状です。

効能だけではなく副作用にも注意し、うまく活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート