漢方薬・生薬

口内の渇きが気になるなら杞菊地黄丸(コキクジオウガン)が使いやすい!その特徴とは

口内の渇きが気になっているなら、杞菊地黄丸(コキクジオウガン)が使っていきやすいでしょう。

この漢方薬は口内に渇きを感じ、排尿障害を感じている人に効果的な医薬品です。

早めに対策を行い、お悩みの症状を早めに解消していきましょう。

杞菊地黄丸(コキクジオウガン)の効能

渇き
杞菊地黄丸(コキクジオウガン)は、口内の渇き、排尿障害、疲れやすさに効果的な漢方薬です。

これらの症状は放置したままでいると、さまざまな疾患のきっかけとなります。

特に口内の渇き(ドライマウス)は、歯の問題を引き起こしやすくしてしまうんです。

少しでも症状を感じたら、早めに対策を行っていきましょう。

杞菊地黄丸(コキクジオウガン)の副作用

副作用
ほとんど副作用が出ることのない杞菊地黄丸(コキクジオウガン)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

少しでも症状を感じたら、すぐに使用をやめてください。

ここで書かれていることはあくまで目安です。

これ以外にも少しでも体調不良を感じたら、すぐに杞菊地黄丸(コキクジオウガン)の使用をやめてください。

胃腸の不快感

食欲不振、下痢、吐き気、腹痛といった、胃腸の不快症状を引き起こすことがあります。

人によって症状が違ってくるので少しでも胃腸に違和感が起こったら、すぐに杞菊地黄丸(コキクジオウガン)の使用をやめてください。

発疹やかゆみ

発疹やかゆみの症状が起き、皮膚に異常が起こることがあります。

ハッキリとした形ではなくても赤みのような症状が見られたら、すぐに使用をやめてください。

杞菊地黄丸(コキクジオウガン)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい杞菊地黄丸(コキクジオウガン)ですが、中には服用に注意が必要な人がいます。

無理に服用を続けると体調を損ねてしまうことがあるので、少しでも症状を感じたらすぐに使用をやめてください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が杞菊地黄丸(コキクジオウガン)を服用すると、母体や胎児に影響することがあります。

その人の体質によっても対応が違ってくるので、医師に確認してから使用してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が杞菊地黄丸(コキクジオウガン)を使用すると、薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

副作用が出やすい状況を引き起こすこともあるので、併用には注意しましょう。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が杞菊地黄丸(コキクジオウガン)を使用すると、持病に影響をもたらすことがあります。

持病の種類によっても対応が違ってくるので、医師に確認してから使用してください。

高齢者や小児

高齢者や小児が杞菊地黄丸(コキクジオウガン)を使用すると、体調不良を引き起こしやすくなってしまうことがあります。

杞菊地黄丸(コキクジオウガン)の服用法

水
杞菊地黄丸(コキクジオウガン)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯を使用してください。

それ以外で服用すると、しっかりと効能を感じることができません。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に使用してください。

口内の渇きを放置すると他疾患の要因となる

虫歯
口内が乾いている状態が続くと、他疾患のきっかけとなることがあります。

虫歯

口内が乾いている状態が続くことにより、虫歯菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

唾液は口内を清潔に保つ役割をもっていて、乾いた状態が続くと虫歯のリスクを引き上げてしまうんです。

歯周病

歯周病は歯垢(プラーク)の中に潜んだ細菌が歯肉に炎症を起こし、歯を支えることができなくなる症状です。

口内が乾いた状態が続くと細菌の繁殖を助けてしまうので、大きな要因となります。

口内炎

口内炎も細菌の繁殖が関係しています。

口内の傷に細菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまうからです。

口内炎は一度起こると炎症が広がり、さらに重症化していく恐れがあります。

重症化を防ぐためにも、口内の渇きを防いでいきましょう。

漢方薬は適切に保管することが大切

漢方 保管
漢方薬を保管する際は湿気や温度の高い場所を避け、温度の安定した湿度の高くない場所に保管してください。

湿気の多い場所や温度が安定していない場所で保管すると、カビ発生やひび割れの要因となってしまいます。

漢方薬を冷蔵庫で保管するメリット

冷蔵庫
漢方薬を冷蔵庫で保管すると、さまざまなメリットが発生します。

適度に乾燥しているので湿気を防ぐことができる

漢方薬を保管する際は、適度に乾燥している環境が大切です。

冷蔵庫の中は温度が安定し湿気が少ないので、安心感を持って保管することができます。

保管場所を決めることで迷子になりづらくなる

冷蔵庫という決まった場所に保管することで、漢方薬が迷子になってしまうリスクを軽減します。

漢方薬を継続的に使用していると、場所が分からなくなってしまうことがあるんです。

漢方薬専用の場所を用意し、それ以外には置かないようにしてください。

食事のタイミングで服用しやすくなる

冷蔵庫に漢方薬を保管していると、食事の前や間に服用しやすくなります。

冷蔵庫を見た瞬間に漢方薬のことを思い出し、飲み忘れを防ぐことができるでしょう。

漢方薬を冷蔵庫で保管するデメリット

デメリット
冷蔵庫に漢方薬を保管することで、デメリットを感じることもあります。

高齢者や小児の手に渡るリスクがある

冷蔵庫は誰にでも開けることができるので、高齢者や小児の手に届きやすくなります。

冷蔵庫に保管するときは、事前の話し合いが必要になってくるでしょう。

食品の陰に隠れてしまうリスクがある

漢方薬が食品の陰に隠れ、そのまま忘れてしまうリスクがあります。

冷蔵庫にはさまざまな食品が管理されているので、分かりやすいよう保管場所を決めておいてください。

外との温度差で水分を帯びてしまうリスクがある

冷蔵庫は適度に乾燥しひんやりしている保管しやすい場所ですが、季節によっては向いていないことがあります。

特に夏は冷蔵庫と外気との温度差が激しくなり、水分を帯びてしまうことになってしまうんです。

水分を帯びた状態が続くとカビが発生しやすくなるので、リスクといえるでしょう。

杞菊地黄丸(コキクジオウガン)の注意点も知りうまく活用していこう

杞菊地黄丸(コキクジオウガン)は口内の渇きの渇きに効果的な、使いやすい漢方薬です。

ただその使用には注意点があり、使用に向いていない人が使用すると副作用が出やすくなってしまうんです。

杞菊地黄丸(コキクジオウガン)の効能だけではなく副作用にも気を配り、うまく活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?