漢方薬・生薬

メニエール病でなぜ「めまい」が起こるのか?原因と予防・治療方法

メニエール病という「めまいを起こす病気」をご存知でしょうか?

多くの場合、若い女性がストレスなどによりめまいを起こすとされており、さまざまなことが要因しこの症状を引き起こすとされています。

今回はこのメニエール病の原因となぜめまいを引き起こすのかについて解説していきます。

メニエール病とは?

めまい
「世界がグルグル回っているように感じる」「フワフワした感覚になる」「頭がグラグラする」このような症状を総称し「めまい」と言いますが、メニエール病は、世界がグルグル回っているように感じる「回転性のめまい」のことを言います。

メニエール病の原因と症状

ストレス女性
メニエール病は、めまいをともなう「耳の病気」です。

内耳の中の内リンパ液が過剰になり、内耳が腫れた状態になることで症状が現れ始めます。

メニエール病の初期症状には、回転性のめまい、片耳の難聴、耳鳴り、耳の閉塞感などがあり、あるとき突然症状が起こり、吐き気を伴うこともあります。

若い女性から30~50代の女性が多く発症するとされ、メニエール病の原因はまだ解明されてはいませんが、「ストレス」や「疲労」が要因となっていると考えられています。

初期段階でも数分から数時間、発作が持続するので、症状が現れている間は、立っていることがつらく、横になってじっとしていることしかできません。

メニエール病の恐ろしいところは、発作を何度も繰り返した場合に、難聴の症状が徐々に進行し慢性的な難聴になることがある点です。

このような状態になると、音に対する過敏性が強まり、ちょっとした音に対して強い不快感を得るようになってしまいます。

注意点としては、耳石が半規管に入り込むことで神経を刺激する「良性発作性頭位めまい症」、「脳梗塞」、「脳出血」、「高血圧症」など、内耳の異常で起こるめまいは他にもあることです。

まずは、めまいの症状が現れたら、自己判断するのは避け、病院で医師にしっかりと診てもらうようにして下さい。

メニエール病の検査・治療方法

検査
メニエール病なのかと不安になった場合、なにが原因でめまいを引き起こしているのかを検査する必要があります。

どのようなめまいがあり、どのくらい持続するのか、耳鳴りや難聴などの耳の症状はあるのかなど、自分の症状をまとめておきましょう。

受診する場合は、耳鼻咽喉科、内科、心療内科、脳神経外科などです。

病院での治療は症状に合わせて、抗めまい薬などの薬物治療が中心です。

日常生活を普通に送ることができないような重大な支障がある場合は手術をすることがあります。

メニエール病の予防・対策方法

フィットネス女性
メニエール病の予防と対策は、大きく分けて、めまいなどの発作の症状を和らげるための「対処療法」と、再発を予防するための「予防療法」があります。

対処療法は、症状が起こったときにその症状に合わせて、内耳循環改善薬、浸透圧利尿薬、抗不安薬などが使われます。

しかし、症状が起こったときにツラさを和らげる対処療法も大切ですが、症状を起こさないように日頃から予防するのがとても大切です。

ストレスが原因と考えられているメニエール病は、適度な有酸素運動、バランスの取れた食事、十分な睡眠などでストレスを可能な限り減らすようにします。

それでも症状が起こるようであれば、身体に優しく副作用の少ない漢方薬で予防することをおすすめします。

メニエール病に「苓桂朮甘湯」

漢方調合
漢方薬の苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)は、「体力中等度以下」の方で、立ちくらみ、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸、息切れ、神経症、神経過敏などに効果があります。

配合されている生薬は、

  • 茯苓(ぶくりょう)
  • 桂皮(けいひ)
  • 白朮(びゃくじゅつ)
  • 甘草(かんぞう)

この4種類の生薬がバランスよく配合されているので、めまいなどの症状を効果的に改善することができます。

生薬それぞれの効果・効能を見ていきましょう。

茯苓(ぶくりょう)

茯苓(ぶくりょう)は、サルノコシカケ科のマツホド菌の菌核を乾燥し外皮を除いたものです。

尿細管の再吸収を抑制するため利尿作用が高く、ミネラル類の排出量が増加します。

主な効能は、利尿作用、健脾、滋養、鎮静、血糖降下などがあり、めまい以外にも口渇、悪心、下腹部痛、生理不順、生理痛、更年期障害などに効果があります。

桂皮(けいひ)

桂皮(けいひ)は、クスノキ科トンキンニッケイやその他同属植物の樹皮を乾燥したものです。

主な効能は、芳香性健胃、発汗、解熱、鎮痛、整腸などがあり、めまい以外にも、食欲不振、神経性胃炎、勤悸、つわりなどに効果があります。

白朮(びゃくじゅつ)

白朮(びゃくじゅつ)は、オケラやオオバナオケラの根茎を乾燥したものです。

主な効能は、健胃、整腸、利尿などがあり、水分の代謝異常や消化器系の機能障害などに用いられます。

甘草(かんぞう)

甘草(かんぞう)は、マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したものです。

主な効能は、諸々の急迫症状を緩和し、鎮痛、鎮痙、解毒、鎮咳などがあり、咽喉痛、胃痙攣、胃潰瘍、胃痛、十二指腸潰瘍、疼痛などに効果があります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、メニエール病の原因となぜめまいを引き起こすのかについて紹介してきました。

メニエール病は、発作を何度も繰り返すことで、難聴の症状が徐々に進行し慢性的な難聴になることがあるので注意が必要です。

そのため、少しでも違和感があるようなら、早めに病院で検査し適切な方法で治療するようにしましょう。

また、症状を繰り返さないためにも日常生活に予防療法を取り入れることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?