漢方薬・生薬

風邪や頭痛に効果的な香蘇散(コウソサン)!その効能と副作用とは?

香蘇散(コウソサン)という漢方薬を知っているでしょうか?

風邪や頭痛といった症状に効果的で、とても使っていきやすい漢方薬なんですよ。

風邪や頭痛は日常で起きやすい症状となります。

香蘇散(コウソサン)の効能や副作用を詳しく知り、正しく活用しながら解消していってください。

香蘇散(コウソサン)の効能

蕁麻疹 効果
香蘇散(コウソサン)は風邪の引き始めや頭痛、じんましんにも効果的に働きます。

どちらも悪化すれば心身に影響する症状なので、早期解決していきたいですね。

優しく作用してくれるので体力や胃が弱っている人に、使っていきやすい漢方薬といえます。

香蘇散(コウソサン)の副作用

ほぼ副作用がないといっていいですが、中には症状を感じてしまう人もいます。

事前に確認しておけば早期の段階で症状を弱めることができるので、よく確認しておきましょう。

むくみや体重増加

むくみや体重の増加が起こることがあります。

むくみは体内に水分が滞留してしまう症状なので、場合によっては体重にも関係してくるんです。

自分では確認しづらいことがあるので、人に見てもらうようにしてください。

もし見てもらうことが難しいようなら、鏡や体重計で確認してみることも大切です。

手足のしびれ

手足といった末端にしびれが広がり、不快感を伴うことがあります。

手足のしびれは重いものを持ったり長時間手足を動かさないことで起こることもあるので、直前に取った行動を思い出してみましょう。

倦怠感

倦怠感が起こることがあります。

起き上がるのに時間がかかる、動作が遅くなるといったことがあったら副作用を疑ってください。

胃の不快感

胃が香蘇散(コウソサン)を受け入れることができず、不調を引き起こすことがあります。

胃に不快感があり食欲不振や胸やけが起こることがあったら、副作用を疑いましょう。

そのほかにも様々な症状が起こることがあります。

少しでも気分が悪くなったり不調を感じるようなら、すぐに使用をやめてください。

医師や薬剤師に相談すると安心です。

香蘇散(コウソサン)の注意点

服用時の注意
どなたでも使っていきやすい香蘇散(コウソサン)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます

無理に使用すれば体調不良を引き起こすことがあるので、よく確認しておいてください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が香蘇散(コウソサン)を使用すれば、心身に影響をもたらす場合があります。

母体や胎児にどんな影響があるか分からないので、必ず医師に確認してから使用しましょう。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が香蘇散(コウソサン)を服用すると、効果を打ち消しあったり悪影響をもたらすことがあります。

漢方薬や薬は微妙なバランスで成り立っているので、自己判断しないようにしてください。

持病を持っている人

持病を持っている人が香蘇散(コウソサン)を服用すると、症状を悪化させてしまうことがあります

かかりつけの医師に確認してから使用すると安心でしょう。

このように香蘇散(コウソサン)の使用に注意が必要な人がいます。

独断での使用は危険なので、当てはまっている人はもちろん、体調に不安を感じている人も医師や薬剤師に相談することが大切です。

体調不良が出たからといって使用した香蘇散(コウソサン)を捨てず、持参するようにすると判断がスムーズにいくでしょう。

気を付ける必要がある飲み合わせ

甘草やグリチルリチンを含んだ薬や漢方薬を、服用しないようにしてください。

使用することでさまざまな体調不良を引き起こすことがあります。

甘草はお菓子や漢方薬によく使用されているので、注意しましょう。

香蘇散(コウソサン)の正しい飲み方

香蘇散(コウソサン)には甘草という、食品に使われる生薬が含まれています。

そのため食品に使っても比較的服用しやすいですが、できれば食品に混ぜないようにしてください。

漢方薬は食品と混ぜると効能を損ねることがあり、ベストな状態で服用できなくなります。

できれば食前・食間に服用し、その際は水かお湯を使いましょう。

香蘇散(コウソサン)が飲みにくい!そんなときは?

薬膳クッキー
お湯や水で服用することが望ましい香蘇散(コウソサン)ですが、飲みにくいと感じるときはアイテムや食品をうまく使用してください。

漢方薬ならではの独特な味わいや風味を、うまくごまかしていきましょう。

空のカプセルをうまく利用する

空の状態のカプセルがドラッグストアや通販で販売しています。

そこに粉末状の香蘇散(コウソサン)を入れてください。漢方薬ごとに使い分けると便利です。

服薬ゼリーで乗り切る

薬を服用しやすくするために開発された>服薬ゼリーは、漢方薬のような飲みにくい薬を飲むのに最適です。

粉末・錠剤どちらにも対応できるため、使い勝手のいいアイテムといえます。

味付けもさまざまなので、気分によって使い分けるといいでしょう。

薬膳クッキーや薬膳チョコレートにする

薬膳クッキーや薬膳チョコレートにして、食べやすくすると便利です。

気になったときに気軽に食べることができるので、お手軽感を増すことができます。

フルーツやナッツを混ぜれば、さらにおいしく食べることができるでしょう。

コーヒーやココアに混ぜてみる

コーヒーやココアといった香りのいい飲み物に混ぜ、服用しやすくするのもありです。

飲み物はさまざまなスパイスと混ぜることができるので、とても使い勝手がいいですよ。

スムージーにして味わいをごまかす

スムージーにして味わいをごまかすのもいいでしょう。

スムージーにはフルーツや野菜がバランスよく配合され、香蘇散(コウソサン)独特の味わいをごまかすことができます。

それでも気になるようなら、適度に砂糖や調味料を足してみるという方法もいいでしょう。

片栗粉でとろみをつける

片栗粉と水を用意し、香蘇散(コウソサン)と混ぜ合わせていきましょう。

適度にとろみがつくので、そのまま飲むよりも服用しやすくなります。

頬の内側に塗り、水やお湯で飲み下すようにしてください。

水やお湯で飲みにくいと感じたら、好きな飲み物で服用するのもいいです。

そもそもなぜ漢方薬は独特の味わいになる?

そもそもどうして漢方薬は独特の味わいを感じさせるのか?

それは含まれている生薬と関係しています。

体に働きがける作用のある植物や動物、または鉱物が配合されているので、独特の味わいや風味を感じさせてしまうんです。

そのため味わいや風味も独特の物になりやすく、服用しづらいと感じてしまいます。

香蘇散(コウソサン)は効果的な漢方薬!でも注意点を守る必要があり

風邪や頭痛の症状に効果的な香蘇散(コウソサン)は、とても使っていきやすい漢方薬です。

とはいっても薬である以上、注意点や副作用があり、気を付けて使用していく必要があります。

注意点をよく守り香蘇散(コウソサン)を使用してください。

もし少しでも体に異常を感じたら、すぐに使用をやめ医師や薬剤師に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?