漢方薬・生薬

桂芍知母湯(ケイシャクチモトウ)の効能と副作用とは?分かりやすく紹介!

桂芍知母湯はまだ一般的ではない漢方薬です。

でもその効能を知っていけば、とても使いやすい漢方薬であることが分かるでしょう。

日常生活で困っていることがないですか?服用しやすい桂芍知母湯を使用し、解消を狙っていきましょう。

桂芍知母湯の効能

桂芍知母湯は関節痛や神経痛といった、体の痛みに効果的な漢方薬です。

手足のしびれといった症状にも効果的なので、末端に違和感がある人にも使っていきやすいでしょう。

冷え性の症状にも働きがけるので、男女関係なく起こっている悩みの解消にも役立ちます。

これらの症状は放置しておくと、重大な疾患を招くことがあります。早めに対策を行うようにしてください。
kanp10

桂芍知母湯の副作用

桂芍知母湯はほとんど副作用が出ることのない薬です。

でも100%ではなく、異常が出てしまう人もいるでしょう。

起こる可能性のある症状を書いていくので、事前に確認し対処していってください。

体重増加

むくみが起こることで体重が増加することがあります。

体重増加は自分では分かりづらく、はっきりとは分からないことあるでしょう。

そういったときは、人に確認してもらうと分かりやすいです。

顔がむくんでいないか?全体的に膨張していないか?質問してみましょう。

手足のしびれや痛み

手足がしびれ痛みを感じることがあるでしょう。

末端にピリピリとした違和感があったら、すぐに使用をやめてください。

胃の不快感

胃に不快感があり気持ち悪さや食欲不振も伴うことがあったら、副作用を疑ってください。

体が桂芍知母湯を受け入れることができず、拒否反応を起こしていることがあります。

少しでも気持ち悪さを感じたら、すぐに使用をやめるようにするといいです。

汗が多く出てしまう

いつもより汗が多く出てしまい、動悸やイライラ感もあるようなら副作用を疑いましょう。

汗が出てしまう原因は、血圧の上昇によって起こっていることもあります。

気になるときは血圧を測ってみるのもいいです。

尿障害

排尿に困難を伴うことがあります。

舌にしびれが起こる

舌にしびれが起こりピリピリとした違和感があるようなら、副作用が起こっていることがあります。

副作用は人によって起こる症状が違ってくるので、ここで書いてあることがすべてではありません。

少しでも体に異常があったらすぐに桂芍知母湯の使用をやめ、医師や薬剤師に相談してください。

桂芍知母湯の注意点

桂芍知母湯はどなたでも使っていきやすい漢方薬です。

でも一部体に異常を感じてしまう人もいるんです。
注意点をよく確認し自分に当てはまっていると感じたら、使用をやめるようにしましょう。
妊娠中 薬

妊娠中の女性

妊娠中の女性が桂芍知母湯を服用すると、体に悪影響を起こす可能性が出てきます。

それぞれに症状も違ってくるので使用したいと思ったときは、かかりつけの医師に相談するようにしてください。

持病を持っている人

持病を持っている人が桂芍知母湯を服用すると、持病による症状が悪化もしくは変化することがあります。

漢方薬と持病がどう関係しているかは、自分で判断することがとても難しいんです。

必ずかかりつけの医師に確認するようにしましょう。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が桂芍知母湯を使用すると、効能が悪い方向に働くことがあります。

すでに何らかの薬を服用している人は、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

これからほかの薬を服用しようとする人も、注意することが大切です。

薬で体調不良を起こした人

薬で体調不良を起こした人が桂芍知母湯を服用すると、また体調不良のきっかけとなることがあります。

桂芍知母湯の中に、原因物質が存在していることがあるからです。

桂芍知母湯の使用が向いていない人がいます。よく確認し、場合によっては使用をやめることが大切です。

漢方薬の正しい飲み方

漢方薬には正しい飲み方が存在しています。

間違った服用法をすすめていくと、効能を低下させることがあります。服用法を守るようにしてください。

漢方薬は食前や食間に服用することが大切です。

漢方薬は空腹状態のほうが、効果的に使っていくことができるからなんです。

ジュースやココアで飲むのもすすめられません。水やお湯で飲むようにしましょう。
漢方薬

漢方薬ならではのデメリット

漢方薬にはそれならではのデメリットがあります。

漢方薬ならではの特徴を知っていきましょう。

独特の風味がある

桂芍知母湯には独特の風味があります。人によっては癖が強く、飲みにくいと感じることもあるでしょう。

その風味から気持ち悪さを感じる人もいます。

苦みや酸味がある

苦みや酸味を感じることもあります。おいしいとはいえないので、苦手意識を感じる人もいるでしょう。

無理に服用しようとせず、食品に混ぜるといった工夫が大切になります。

飲みすぎてしまうことがある

漢方薬は副作用が少ないと感じている人がいます。

そのためつい飲みすぎてしまい、体調不良を起こしてしまうことがあるんです。

漢方薬はたくさん飲めば、効果が高まるといったことはありません。

1日の摂取量を守るようにしてください。

漢方薬には多くのメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。

デメリット面もよく確認し、正しく知っていくようにしてください。

漢方薬だけに頼るのは危険!生活習慣を整えよう

漢方薬は効果的な薬ですが、そればかりに頼るのは危険です。

体の回復機能が損なわれてしまえば、漢方薬の効能をしっかりと感じることができなくなってしまいます。

基本的な生活習慣を整えるようにしてください。

適度な運動を取り入れる

適度な運動を行うようにしてください。例えば屋内での運動がおすすめです。

雨の日でも運動を継続することができ、体力を保ちながら運動することができるでしょう。

ストレッチや軽いウォーキングなら場所を取ることがありません。

食事習慣を改善する

食習慣を改善することも大切です。

脂っぽい食べ物や肉類だけに偏らず、野菜やフルーツも取り入れてください。

タンパク質やビタミン類が不足すると、健康的な体の状態を阻害します。

色鮮やかな食事を心がけると、自然と栄養を補てんすることができますよ。

安眠に効果的な音楽を聴く

睡眠に障害が出ると心身に支障を来たします。

安眠に効果的な音楽を聴きながら眠るようにすると、リラックス効果を高めることができるでしょう。

アロマテラピーを取り入れる

ストレスがたまると自律神経失調症のリスクを高めます。

自律神経失調症は1度なってしまうと、改善するのに困難を伴うので積極的に解消していきたいですね。

アロマテラピーはストレスのある精神状態に働きがけるので、ストレスの改善が期待できます。

好きな香りを選択していきましょう。
アロマ 女性

注意点を守り桂芍知母湯をうまく活用しよう

桂芍知母湯は効果的な漢方薬ですが、注意点も存在します。

人によっては使わないほうがいいこともあるので、よく確認しながら活用しましょう。

場合によっては、医師や薬剤師に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?