漢方薬・生薬

桂枝湯(ケイシトウ)の効能と副作用とは?徹底解説!

あなたは桂枝湯という漢方薬を知っていますか?桂枝湯は日常生活に取り入れやすい漢方薬です。

いくつか副作用や注意点がありますが、うまく活用することができれば悩みの解決に一役買ってくれるんです。

その効能は?副作用は?詳しく紹介してくので、桂枝湯について正しく知ってください。

桂枝湯の効能

桂枝湯は体の腫れや熱といった、風邪の初期症状に効果的な漢方薬です。風邪の症状は放置すると、重症化していくことがあります。

早めに対策していきたいですね。風邪は頭痛や神経痛を伴うこともあります。

こちらも放置しておくと他疾患のきっかけとなることがあるので、症状の緩和を行っていってください。
kanpo17

桂枝湯の副作用

桂枝湯はほとんど副作用がないことで知られています。でも一部の人には、症状が起こることがあるんです。

体調不良が起こっているかどうかは自分では分かりにくいので、人に判断してもらうようにするといいでしょう。

副作用の一例を紹介していくので、事前に確認するようにしてください。

むくみ

むくみは皮膚の一部もしくは全体が膨張し、太ったような印象になってしまう症状を指します。

いつもなら履ける靴が履けなくなったり、ベルトがきつくなったといった症状が合ったら副作用の可能性が高いでしょう。

もし自信が持てないようなら人に判断してもらうと安心です。顔が膨らんでいないか?ボディラインが崩れていないか?細かく聞いてみるようにしてください。

吐き気と食欲不振

吐き気を感じ食欲不振もあるようなら、副作用の可能性があります。

胃が気持ち悪くなり、胸やけも起こることがあったら副作用を疑ってください。

もし吐き気を感じることがあったら、我慢せず吐いた方がいいです。

その際は上を向いてしまうと、嘔吐物が喉に詰まることがあります。必ず下を向いて吐くようにしてください。

倦怠感

倦怠感を感じ体に力が入らないようなら、副作用の可能性があります。

倦怠感は人によって出方が違い、自分では分からないことが珍しくありません。

ふらつきを強く感じるようなら、すぐに使用をやめてください。

発疹やかゆみ

体中に発疹ができかゆみも感じるようなら、副作用の症状が出ていることがあります。

赤みや腫れが目立つようなら、すぐに使用をやめるようにしましょう。

副作用が出ているのに桂枝湯を使い続けると、重大な疾患のきっかけとなることがあります。

少しでも不調を感じたら、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

桂枝湯の注意点

kanpo18

桂枝湯の使用には注意が必要なことがあります。無理に使用すると、副作用の症状が強く出てしまうことがあるんです。

事前に確認するようにしてください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が桂枝湯を服用すると、母体や胎児の負担となってしまうことがあります。

漢方薬は未知数の部分が多く、人によっては効能が悪い方向に働いてしまいます。

デリケートな状態の体に使うにはリスクを伴うので、必ずかかりつけの医師に確認するようにしてください。

持病を持っている人

持病を持っている人は、桂枝湯を服用しないようにしてください。

持病の症状によっては、効能が悪い影響を及ぼすことがあります。

服用したいと考えたときには、かかりつけの医師に確認を取るようにしましょう。

ほかの薬を使用している人

ほかの薬を使用している人が桂枝湯を服用すると、薬との相乗効果で体に悪影響を与えてしまうことがあります。

ほかの薬を使用している人は、医師や薬剤師に相談してから服用しましょう。

薬で体調を悪くした経験がある人

薬で体調を悪くしたことがある人が桂枝湯を服用すると、再び体調不良を起こす可能性が出てきます。

その薬に含まれていた成分が、桂枝湯にも存在しているかもしれません。

桂枝湯の使用には注意が必要です。注意点をよく守り使用するようにしましょう。

医師や薬剤師に相談すると安心です。

桂枝湯の正しい飲み方とは

漢方薬の正しい飲み方を知らない人がいます。

漢方薬は正しい服用法を守っていかないと、効能をしっかりと感じ取れないことがあるんです。正しい服用法を知っていきましょう。

まず大切なのは水やお湯で服用することです。

苦みをごまかすため、ジュースと一緒に服用する人も多いですが、それは正しくありません。

食品と一緒に漢方薬を服用すると効能が阻害されることがあるので、守るようにしましょう。

また飲むタイミングは食前と食間が大切です。食事の時間を調節するようにするといいですね。

漢方薬を飲みやすくしてくれるアイテム

漢方薬はそれ単体で服用すると苦みが強く、飲みにくい場合があります。

便利なアイテムを使用し、服用しやすくしてください。

カプセル

空の状態のカプセルが販売しています。自分で開けて好きな粉末を入れることができるので、とても便利に使っていけるんです。

複数購入し、漢方薬ごとに分けておくと便利ですよ。

服薬ゼリー

服薬ゼリーは薬を飲むために開発されたアイテムです。ゼリーの中に薬を入れてから、すくって食べるだけなのでとても便利に使っていけます。

味も複数販売しているので、飽きずに服用することができるでしょう。

ピルケース

複数の漢方薬を服用しているとごちゃごちゃになってしまい、管理が難しくなることがあります。

ピルケースを用意し、種類別に分けておくことをおすすめします。

漢方薬をうまく飲むための工夫とは

漢方薬は独特の味わいを持っている薬です。

そのまま使用するとその苦みによってストレスを感じ、途中で服用をやめてしまうケースも出てきます。

できれば水やお湯で飲むことが望ましいですが、状況によって食品に混ぜて服用してみるのもいいでしょう。

みそ汁やスープに入れる

みそ汁やスープに入れるのもいいです。薬味と一緒に混ぜることで、栄養豊かな薬膳スープにすることもできますよ。

ホットケーキミックスに混ぜる

ホットケーキミックスはクッキーやパンケーキが作れる、便利なアイテムです。

桂枝湯を混ぜて、食べやすいスイーツにしていきましょう。

はちみつやハニーシロップをかければ、その甘みととろみでさらに食べやすくしていくことができますよ。

アイスクリームと一緒に食べる

アイスクリームは砂糖と乳製品のバランスがいい食品です。

桂枝湯を混ぜることで、独特の苦みや風味をごまかすことができます。

できればチョコアイスクリームのような、濃厚なアイスを選択するとより食べやすくすることができるでしょう。

手作りプリンに混ぜる

手作りプリンに混ぜることで、おいしく桂枝湯を食べることができます。

プリンは味付けがしやすく、さまざまにアレンジすることができますよ。フルーツを添えれば、さらにおいしくなります。

桂枝湯をうまく活用していこう

桂枝湯は体の不調に効果的な漢方薬です。でも注意点を守らずに使用すると、効能が悪い方向に働くことがあります。

注意点を守りながらうまく桂枝湯を使用し、体の悩みを解消していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?