漢方薬・生薬

桂枝加黄耆湯(ケイシカオウギトウ)の効能と副作用とは?その特徴を解説!

桂枝加黄耆湯 (ケイシカオウギトウ)と聞いても知らない人の方が多いのではないでしょうか。

西洋医学ではなかなか対処できないある症状に効果的な漢方薬なのです。

その効能は?副作用は?分かりやすく紹介していくので、桂枝加黄耆湯の良さを知ってうまく活用してみてください。

桂枝加黄耆湯の効能と副作用

手足を触る男性

桂枝加黄耆湯は汗をかきやすかったり寝汗をかいたりしてあせもや湿疹ができやすい人に使います。

なかなか汗に効果的な薬はないので悩んでいる人には期待の漢方薬だと思います。ただ、漢方薬も医薬品なので副作用はあります。早速、起こるかもしれない副作用について紹介していきます。

手足のしびれや痛み

手足のしびれ、痛みを感じることがあります。
理由がないのに手足に違和感があったり、痛みを感じることがあったら副作用を疑ってください。

筋肉がピクピクと震える

筋肉がピクピクと震えるようなら、副作用の可能性があります。
疲れから筋肉がピクつくことはありますが、特に理由が無いようなら注意が必要です。

むくみと体重増加

体がむくみ体重が増加するようなら副作用の可能性があります。

食欲不振や吐き気

体が桂枝加黄耆湯を受け入れることができず、拒否反応を起こしていることがあるので違和感があったら使用をやめてください。

発疹

かゆみや湿疹がでることがあります。いつもと肌の状態が違うと感じたら副作用を疑いましょう。

副作用は人によって大きく違ってきます。
また一つだけではなくいくつも同時に起こることもあるので、異常を感じたら医師や薬剤師に相談しましょう。

桂枝加黄耆湯の注意点

妊婦の女性

桂枝加黄耆湯を使用するに当たりいくつか注意点があります。よく確認し、自分の状況と照らし合わせてみましょう。

妊娠中の女性は注意が必要

妊娠中の女性の体はとてもデリケートです。

かかりつけの産婦人科医に、必ず確認してください。

持病を持っている人

持病に影響することもあるので医師や薬剤師に相談し服用しましょう。

ほかの薬を併用している人

効果を打ち消しあったり相乗効果によって症状を悪化させる可能性もあります。

薬に含まれる成分を把握するのは難しいので、医師や薬剤師に相談するのが確実です。

漢方薬の服用にはその人の体調や体質が大きく関係してきます。

医師や薬剤師に相談し服用するのが一番安心できますね。

桂枝加黄耆湯の正しい服用法

お湯の写真

桂枝加黄耆湯の基本的な飲みかたをお伝えします。

漢方薬は食前や食間に取ることが望ましいです。食前とは食事前の30分・食間とは食後の3時間程度を指します。
なるべくジュースやコーヒーではなく、お湯や水で服用するようにと言われています。

漢方薬のデメリット

独特の風味や苦みがある

桂枝加黄耆湯を初め漢方薬には独特の苦みがあります。
そのことが原因で、途中から服用をやめてしまう人が珍しくありません。

毎日続けていくには、自分で行える工夫を行っていく必要があるでしょう。

飲みすぎてしまう

はやく効かせるために、大量に飲んでしまう人がいます。
漢方薬はたくさん飲めば効能がアップするわけではありません

むやみに服用すれば副作用のリスクが高まるので、用法・用量をしっかり守ってください。

漢方薬を飲みやすくする方法

ココア

漢方薬は食前や食間に、水やお湯で服用することが望ましいといわれています。
ですが漢方薬のように苦みの強い薬を飲むためには、飲みやすくするための工夫が大切になります。

ココアやコーヒーに混ぜる

ココアやコーヒーといった香りの強い飲み物に混ぜると、風味をごまかすことができます。砂糖やミルクを加えるとさらに飲みやすくなります。

はちみつに混ぜる

はちみつには適度な甘みととろみがあるので、桂枝加黄耆湯がもつ苦みを緩和することができます。
はちみつに混ぜた後に紅茶やコーヒーといった、香りの強い飲み物に混ぜてみてもいいでしょう。

アイスクリームやシャーベットに混ぜる

苦味など香りを感じずにするっと簡単に飲み込むことができます。

桂枝加黄耆湯は風邪の症状に効果的な漢方薬

体調不良の女性

桂枝加黄耆湯は、汗をかきやすかったり寝汗をかいたりしてあせもや湿疹ができやすい人に使います。

用法容量を守りながら困った時にはお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?