漢方薬・生薬

胃腸の調子が悪い人は必見!加味温胆湯(カミウンタントウ)って?

胃の調子が悪い人は、加味温胆湯(カミウンタントウ)が効果的に働いてくれるでしょう。

胃の調子が悪いと食欲不振や吐き気といった、さまざまな症状を引き起こします。

重症化を防ぐためにも早めに対策を行っていってください。

加味温胆湯(カミウンタントウ)の効能

腹痛
加味温胆湯(カミウンタントウ)は胃の不調やストレス、不眠症に効果的な漢方薬です

胃の調子が悪くなるとストレスが強くなり、それに伴い不眠症を引き起こすことがあります。

胃の不調、ストレス、不眠症はすべてつながっているので、一つの要素を解消していくだけでも合併症状が解消されることがあるんです。

少しでも体調不良が起きたときは、早めに対策を行っていくことが大切になります。

加味温胆湯(カミウンタントウ)の副作用

リスク 薬
ほとんど副作用が起こることのない加味温胆湯(カミウンタントウ)ですが、一部副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用が出ているにも関わらず使用を続けると、体調不良を引き起こしてしまうことがあるでしょう。

副作用の目安を確認しておいてください。

呼吸困難

呼吸困難の症状が起こり、息がしづらくなることがあります。

少しでも症状を感じられたら、すぐに加味温胆湯(カミウンタントウ)の使用をやめてください。

むくみや体重増加

むくみの症状が表れ、体重増加を伴なうことがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまってしまい、皮膚が膨張してしまう症状です。

余分な水分がたまってしまうので、体重増加にも影響してきます。

特に理由がないのに体重が増えてしまったことがあったら、すぐに加味温胆湯(カミウンタントウ)の使用をやめてください。

手足の痙攣や麻痺

手足が痙攣してしまい、麻痺の症状も見られることがあります。末端がピクピクと震えたりうまく力が入らないといったことがあったら、副作用を疑うようにしましょう。

血圧の上昇

血圧が上昇してしまい、ほてりや汗ばみといった症状が見られることがあります。

自覚症状がない場合もあるので、血圧計をうまく使っていくといいでしょう。

このほかにもさまざまな症状が副作用として表れることがあります。

どんな症状が表れるかは、人によって違ってくることがあるでしょう。

少しでも体調不良を感じたら、すぐに加味温胆湯(カミウンタントウ)の使用をやめてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談することも大切です。

加味温胆湯(カミウンタントウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい加味温胆湯(カミウンタントウ)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます

無理に服用を続けると体調不良となってしまうことがあるので、注意点を確認しておいてください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が加味温胆湯(カミウンタントウ)を服用すると、胎児や母体に影響する場合があります。

自分の判断で使用するのは、非常に危険を伴なうでしょう。

医師や薬剤師に相談してから、使用を検討してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が加味温胆湯(カミウンタントウ)を使用すると、持病に悪影響をもたらす恐れがあります。

使用されている薬の種類によっては、効果を軽減させてしまう恐れもあるでしょう。

かかりつけの医師に相談してから、使用するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が加味温胆湯(カミウンタントウ)を使用すると、薬同士の効能がぶつかってしまうことがあります。

そのことが原因で、薬の効果を邪魔してしまうことになるでしょう。

漢方薬と何らかの薬を同時に使用したいときは、医師や薬剤師に相談してください。

小児や高齢者

小児や高齢者が加味温胆湯(カミウンタントウ)を服用すると、体調不良のきっかけとなることがあります。

加味温胆湯(カミウンタントウ)の服用法とは

服用
加味温胆湯(カミウンタントウ)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯で服用してください。

服用するタイミングも大切です。漢方薬は胃の中に食べ物が入ってない状態の方が、効率的に作用します。

食前や食間を守るようにしましょう。

胃の調子を悪くしてしまう習慣

飲み過ぎ
胃の調子をよくするためには加味温胆湯(カミウンタントウ)に頼り切るのではなく、普段の生活習慣をよくしていくことも大切です。

せっかく漢方薬を使用しても生活習慣が悪いままでは、気になる症状を解消していくことができません。

アルコールの飲みすぎ

アルコールを飲みすぎると胃を強く刺激してしまい、傷つけてしまいます。

特に胃の調子が悪うときはアルコールの摂取を抑え、チーズや牛乳といったアルコールの吸収を遅らせる食品を食べておくようにしてください。

カフェインの取りすぎ

カフェインも取りすぎると胃に対し、強い刺激になってしまいます。

コーヒーを飲む際はなるべく水や牛乳で薄め、取りすぎないようにしてください。

寝不足

寝不足な状態が続くと自律神経が阻害され、胃酸が過剰に分泌されてしまいます。

胃酸は適度な状態なら食品を消化するのに役立ちますが、あまりに過剰分泌されると胃を傷つけてしまうんです。

寝不足を感じたら寝具や環境を変え、密度の濃い睡眠を送るための工夫を行ってください。

例えば枕を自分に合ったタイプに返ると余計な力を入れる必要がなくなり、眠りやすくなります。

過度なストレス

過度なストレスを感じると自律神経のバランスが悪くなり、胃酸の分泌が多くなってしまいます。

ストレスの原因を突き止め、改善するよう工夫を行うことが大切になるでしょう。

便秘

便秘の状態が続くとガスが発生し、腹痛の要因となってしまいます。

また、便がうまく排出されないことで、食欲不振やストレスのきっかけとなることもあるでしょう。

服用を助けてくれるアイテムを使用することが大切

ゼリー
加味温胆湯(カミウンタントウ)を初めとする漢方薬の服用を続けていると、段々飽きてきたり服用が嫌になってしまうことがあります。

そういった自体を避けるためには、便利なアイテムを利用してみてください。

例えば服薬ゼリーは漢方薬を服用するのに、とても便利なアイテムです。

漢方薬が持っている独特な味わいを緩和してくれるうえ、食道に引っかかるリスクを軽減してくれます。

さまざまな味が販売しているので、飽きることも少ないでしょう。

漢方薬は継続的に服用する必要があるんです。自分なりの工夫を行って乗り切っていってください。

使いやすい加味温胆湯(カミウンタントウ)!でも注意点もあり

加味温胆湯(カミウンタントウ)は胃腸の調子を整えてくれる、効果的な漢方薬です。

でもその使用には注意点もあるんです。使用に向かない人がいれば、副作用が出てしまう人もいます。

そういった人が無理に服用してしまうと、さまざまな体調不良を引き起こすことがあるでしょう。

その効能だけではなく注意点や副作用も把握し、効率的に活用していってください。

不安な人は医師や薬剤師に相談し、自分の体質を相談しながら服用して行くことも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?