漢方薬・生薬

茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)の効能と副作用は?どんな症状に効果的なの?

蕁麻疹や口内炎で悩まされている人はいないでしょうか。

茵蔯蒿湯はそんな悩みに効果的な漢方薬です。

今回は、茵蔯蒿湯の効能と副作用について紹介します。

茵蔯蒿湯の効能

皮膚のかゆみ
茵蔯蒿湯は、皮膚のかゆみや蕁麻疹や口内炎に効果的な漢方です。ストレスや生活習慣の乱れといったことが原因で起こりがちな症状なので、とても助かります。

また、中国の古典にも記述があり、古くから黄疸対策に使われてきました。歴史が深いので中国ではポピュラーな漢方薬です。

茵蔯蒿湯の副作用

茵蔯蒿湯の副作用

胸やけ

少しでも違和感があったら使用を中止してください。

吐き気

胸の不快感に伴い吐き気を感じることがあります。

体のだるさ

茵蔯蒿湯の使用で体のだるさを感じるケースもあります。特に理由がないのに急にだるさを感じるようなら注意してください。

下痢

茵蔯蒿湯を使用したとたん下痢になったときには、副作用を考えてもいいでしょう。

このように茵蔯蒿湯に使用で、さまざまな副作用を起こす可能性があります。少しでも体に違和感があったら無理に使用を続けず、使用を中止し様子を見てください。

一向に症状が改善されない場合は使用した茵蔯蒿湯を持参し、医師にかかるようにしましょう。

茵蔯蒿湯の使用に注意が必要な人

注意が必要な人
茵蔯蒿湯は効果的な漢方薬ですが、使用に注意が必要な人がいます。無理に利用すると体調不良を起こすことがあるので、よく確認して服用してください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性の体は未知数なので多くの場合、漢方薬の使用に注意が必要です。かかりつけの医師に相談しましょう。

母体はもちろん、子供にも影響が出ることがあります。決して自己判断しないでください。

持病を持っている人

持病の内容によっては漢方薬の使用で症状が悪化・変化することがあります。漢方薬に限らず市販の薬を服用するときにも、必ず医師の判断に従ってください。

薬を服用中の人

服用中の薬よっては漢方薬を使用することで、効果を阻害もしくは効果を強めてしまうことがあります。

医師に処方された薬はもちろん市販の薬でも起こるので、漢方薬を使用するときは医師に相談するか市販の薬を使用しないといった工夫が必要です。

体力が弱っている人

体力が弱り胃腸に不安のある人には向きません。下痢が続いている人も使わないようにしましょう。

漢方は副作用が少なく使いやすい薬ですが、一部使わないほうがいい人も存在しています。使用前に注意するようにしてください。

茵蔯蒿湯を使用さえしていれば安心?

茵蔯蒿湯の使用
茵蔯蒿湯は効果的な漢方薬ですが、これさえ利用していればすべての悩みが解決するとは限りません。漢方薬はその人の自然治癒力を高める役割があります。普段の生活を見直すことでより効果を期待できます。

食生活の改善を行うことが大切!

栄養豊富な食事を心がけ、健康的な毎日を送れるよう工夫しましょう。

ナッツ類

ナッツ類にはビタミンが豊富に含まれているうえ、自律神経を整える効果が期待できるマグネシウムも配合されています。うつ病予防にもなるといわれている栄養素なので、精神状態を整えることもできるともいわれています。

鶏肉

鶏肉には良質なタンパク質が含まれ体作りに役立ちます。ほかの肉類に比べて低カロリーなので、ダイエット中の人にも向くでしょう。鶏肉の中でもむね肉とささみは脂身が少なく、食べやすい部位です。

最近ではコンビニで味付きのむね肉が売っているので、面倒な人はコンビニで買ってみるのもいいですね。サラダや煮物に使うと面倒なく摂取することができます。

チーズ

チーズには骨を強くするカルシウムが含まれています。カルシウムが不足すると体が動かしづらくなり、日常生活に支障を来たすことがあります。

チーズには精神安定に効果的なトリプトファンも配合されています。落ち込みやストレスを感じたら、おやつ代わりに試してみてください。なるべくフルーツなどが入っていない、単純なタイプがおすすめです。

貝類

貝類には日本人に不足しがちな亜鉛が多く含まれています。亜鉛が不足すると免疫力が下がり、新陳代謝がうまくいかなくなります。丈夫な体作りに一役買うので、うまく工夫して摂取してください。

貝類は鍋物に入れて食べると気軽です。貝類が持つ濃厚なエキスが野菜や肉にも浸透するので、うまみのあるおいしい鍋物にすることができます。

ストレスに強い体作りを行っていけば、日常の体の不調はもちろん、さまざまな疾患を予防することができます。うまく食生活に取り入れてください。

茵蔯蒿湯をうまく活用していこう

茵蔯蒿湯はまだまだポピュラーではない漢方薬です。でもその効能を知れば、私たちが日常生活で抱えがちなさまざまな悩みを解消してくれます。

人によって副作用もありますが、うまく活用することができればとても効果的に使っていけるので自分の生活に合わせて使っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

漢方薬剤師/薬膳料理家/国際中医師/国際中医美容師

大久保 愛

「アイカ製薬」代表取締役。
秋田の自然で薬草や山菜を採りながら育ち漢方や食に興味をもつ。薬剤師となり中国の北京中医薬大学で漢方・薬膳・東洋の美容などを学び資格を取得。漢方薬局、調剤薬局、エステなどの経営を経て漢方・薬膳の専門家として商品開発・ライティング・企業コンサルティングなどに携わる。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?