漢方薬・生薬

のぼせやすい人なら三黄散(サンオウサン)が使いやすい!その効能と副作用とは

のぼせやすいと感じている人は、三黄散(サンオウサン)が使っていきやすいでしょう。

のぼせの症状を放置したままでいると、日常生活に大きな支障をもたらします。

少しでものぼせの症状を感じたら早めに対策を行い、お悩みを解消していってください。

三黄散(サンオウサン)の効能

どうき
三黄散(サンオウサン)は動悸、のぼせ、吐血、鼻血、できもの、便秘、そのほか血の道症に関わる、さまざまな症状に効果的な漢方薬です。

これらの症状はそのままにしていると、日常的なストレスにさらされることになりなます。

のぼせの症状が続くようなら、すぐに対策を行うようにしてください。

三黄散(サンオウサン)の副作用

めまい
ほとんど副作用の症状が出ることのない三黄散(サンオウサン)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用が出ているにも関わらず使用を続けると、体調を損ねてしまうことがあるでしょう。

むくみや体重増加

むくみや体重増加の症状が出ることがあります。むくみとは体内に余分な水分がたまり、体全体もしくは一部が膨張してしまう症状です。少しでもむくみの症状を感じたら、すぐに三黄散(サンオウサン)の使用をやめてください。

胃腸の不快感

胃腸に不快感が広がり、気持ち悪さや食欲不振、吐き気といった症状が表れることがあります。

腹痛のような症状を感じたら、すぐに三黄散(サンオウサン)の使用をやめてください。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が起こり、うまく体が動かない、すべてが億劫に感じるといった、さまざまな症状を感じることがあります。

いつもと体調が違うと感じたら、すぐに三黄散(サンオウサン)の使用をやめてください。

呼吸困難や発熱

呼吸困難や発熱の症状を感じることがあります。

息がしづらい、深呼吸がといったことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

このほかにもさまざまな症状が副作用として見られることがあります。

ここで書かれていることだけとは限らないので、少しでも体調不良を感じたらすぐに三黄散(サンオウサン)の使用をやめましょう。

できれば医師や薬剤師に相談することも大切です。

三黄散(サンオウサン)の注意点

薬
ほとんどの人に使っていきやすい三黄散(サンオウサン)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

注意しながら使用するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が三黄散(サンオウサン)を服用すると、薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

効能がぶつかり合うと、しっかりと効果を感じることができなくなってしまうので注意してください。

持病を持っている人

持病を持っている人が三黄散(サンオウサン)を服用すると、体調を損ねてしまうことがあります。

持病を抱えている人は使用に注意し、医師に確認してから使用してください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が三黄散(サンオウサン)を服用すると、母親の体調に影響することがあります。

医師に確認してから使用するようにしてください。

小児や高齢者

小児や高齢者が三黄散(サンオウサン)を服用すると、体調不良を引き起こす要因となることがあります。

該当者が服用しないよう、管理には注意を払うようにしてください。

ここで書かれている以外にも、体に何らかの支障を来たしている人は使用に注意しましょう。

気になる人は医師や薬剤師に相談することも大切です。

三黄散(サンオウサン)の服用法

水
三黄散(サンオウサン)を服用するときは水やお湯もしくはぬるま湯を使用し、服用するようにしてください。

ただどうしても飲みにくいと感じたときは、食品を使っていくのもいいでしょう。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に服用するようにしてください。

最初から食事のタイミングを決めておくと、迷うことがなくなります。

漢方薬の服用をやめてしまう人の特徴

休止
三黄散(サンオウサン)を服用していると、やめてしまう人も中にはいます。

そういった人には一定の特徴があるので、確認しておきましょう。

独特の味わいや風味が嫌になってしまう

三黄散(サンオウサン)を初めとする漢方薬には、独特の味わいや風味が存在します。

そのため途中で服用をやめてしまう人が、珍しくありません。食品をうまく使うといった、工夫を行っていく必要があるでしょう。

保管がうまくいかず捨ててしまった

漢方薬の保管をうまくいかず、そのまま捨ててしまうことがあります。

漢方薬は適切に保管していかないと、効能や品質を損ねてしまうんです。湿気や直射日光を避け、暗所に保管するようにしてください。

持ち歩きがしにくくやめてしまう

仕事をしていると、漢方薬を外に持ち出す必要が出てくるときあります。

でも漢方薬はかさばりやすく、バッグに入れて持ち歩くと重く感じることがあるでしょう。

そのため持ち歩くのを億劫に感じ、漢方薬の服用自体をやめてしまう人が珍しくありません。

漢方薬を継続するためにできる工夫とは

コンデンスミルク
漢方薬を継続していくためには普段からできる、工夫を行っていく必要があります。

とはいってもあまりに難しいやり方だと続かないので、簡単な方法を行っていきましょう。

食品を使って服用しやすくする

コンデンスミルク、ジャム、ハチミツといった、とろみと甘みのバランスがいい食品と合わせて行きましょう。

甘い食品のほうが、漢方薬ならではの味わいや風味をごまかすことができます。

漢方薬の保管に役立つアイテムを使用する

漢方薬の保管に役立つアイテムを使用していきましょう。

例えばお気に入りのピルケースや、使いやすいジップロックを使うと簡単に保管することができますよ。

どうしても漢方薬の服用が嫌になったら休止するのもあり

休憩
どうしても三黄散(サンオウサン)の服用が嫌になったら、休止してみることも大切です。

一端漢方薬の使用をやめてみてください。

漢方薬は継続的に使用する必要がある医薬品です。

まったく使用をやめてしまえば、もったいないことになるでしょう。

それに比べれば一時的に使用をやめる程度なら、完全にやめてしまうよりもダメージが少ないです。

また服用してもいいかな?と思ったときに再開してみてください。

副作用も把握しうまく三黄散(サンオウサン)を使っていこう

頼りがいのある三黄散(サンオウサン)ですが、中には副作用の症状を感じてしまう人もいます。

人によっては強い症状を感じてしまう人もいるでしょう。

効能だけではなく副作用にも注目し、うまく三黄散(サンオウサン)を活用してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?