漢方薬・生薬

体の冷えを取るなら五積散!その効能と副作用とは?

五積散(ゴシャクサン)という漢方薬について知っているでしょうか。

五積散はあまり知られていない漢方薬ですが、うまく活用することで体の悩みを解消することができます。

効能だけではなく副作用や注意点も知り、正しく使用していきましょう。

五積散の効能

五積散 効果
五積散(ゴシャクサン)は体の冷えに効果的な漢方薬です。

胃腸の働きを助け、神経や関節の痛み、ほかにも女性ならではの生理痛にも効果的に働いていくれます。

胃腸の調子が悪いと体の痛みの要因となることがあるので、早めに解決していきましょう。

五積散の副作用

五積散にはほとんど副作用が存在しません。

でもまれに副作用を感じてしまう人もいるので、よく確認しておきましょう。

胃のもやもや感

胃に不快を感じ、モヤモヤしてしまうことがあります。

吐き気や胸やけといった症状が起こることがあるので、少しでも胃の調子が悪いと感じたら五積散の使用をやめてください。

排尿障害

いつもよりも尿が出にくく、スッキリ感が無いようなら副作用の可能性があります。

発疹やかゆみ

体の発疹ができ、かゆみも伴うことがあります。

発疹の状態は人によってさまざまですが、赤みとなって表れることもあるのでよく注意しておきましょう。

イライラや不安を感じ落ち着かない

イライラや不安を感じ、精神的に落ち着かなくなることがあります。

漢方薬は直接的な体の異常だけではなく精神にも影響をもたらすことがあるので、精神状態もチェックしておきましょう。

そのほかにも人によって、さまざまな症状が起こることがあります。

ここで書かれている症状だけが起こるとは限らないので、少しでも体の異常を感じたらすぐに五積散の使用をやめてください。

もし症状が長引いたり重症化するようなら、医師や薬剤師に相談することが大切です。

その際、使用した五積散を持参すると、医師や薬剤師が判断しやすくなりますよ。

五積散の注意点

五積散 注意点
五積散は使いやすい漢方薬ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。

無理に使用するとかえって体調を悪くしてしまうことがあるので、事前に確認しておいてください。

体が弱っている人

五積散は体が弱っている人に向きません。特に胃腸の調子が悪い人は、注意するようにしましょう。

使用した後に少しでも気持ち悪さを感じたら、すぐに使用をやめてください。

循環器に問題を抱えている人

五積散に含まれている麻黄には、心臓や血管に支障を来たす成分が含まれています。

循環器に問題を抱えている人は、使用に注意しましょう。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が五積散を服用すると、体調に支障を来たすことがあります。

持病の種類によっても出てくる症状は変わってくるので、医師によく相談してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人は、五積散の使用に注意してください。

薬との相乗効果で、体の悪影響をもたらすことがあります。

医師に処方される薬だけではなく、ドラッグストアで販売している薬についても注意しましょう。

自分で判断できない時には医師や薬剤師に相談してください。

市販薬で悩んでいるときは、薬剤師のいるドラッグストアや薬局で相談すると安心です。

してはいけない飲み合わせ

五積散を服用する際は飲み合わせに注意してください。

特にエフェドリン・テオフィリン、甘草を含んだ薬品や漢方薬には注意しましょう。

特に甘草は食品に使われていることもあるので、注意するようにしてください。

五積散を飲む際の正しい飲み方

正しい服用方法
五積散を服用するときは正しい服用法を守ってください。

正しい服用法を守らないと、効能を阻害してしまうことがあります。

服用する際はジュースやコーヒーではなく、水かお湯を使用するようにしてください。

服用する時間にも気を付け、食前や食間を守るようにしましょう。

食事の時間をコントロールするようにすると、服用時間を間違うリスクを軽減できます。

漢方薬が飲みにくいといわれる理由

漢方薬は飲みにくいと、苦手意識を持っている人が珍しくありません。

その理由として苦みや風味が挙げられます。

漢方薬にはさまざまな生薬が使われ、それぞれの味わいや風味が交じり合っているんです。

そのため飲み下しにくいと感じることがあって、漢方薬に悪いイメージが根付くきっかけとなっています。

漢方薬は食品と混ぜても大丈夫?

漢方薬はなるべく水やお湯で服用することが、推奨されています。

とはいってもその味わいや風味から、水で飲むのに抵抗感がある人が珍しくありません。

そういったときには、食品をうまく利用することが大切です。

食品に混ぜることでうまく味わいや風味をごまかすことができ、飲みやすくしていくことができますよ。

五積散を試してはみたけど体が受け付けないといったことがあったら、自分に合った食品と混ぜ合わせてみましょう

漢方薬は続けていくことが大切

五積散を試してみたけど、一向に症状が解消されない・・・そう思って、途中から服用をやめてしまう人がいます。

でもそれはとてももったいないことですよ。漢方薬は続けていくことで効能を発揮します。

途中でやめてしまえばせっかく続けてきたことが、無意味になってしまう可能性もあるんです。

即効性がないと諦めてしまわず、続けていくようにしてください。

五積散を飲みやすくしてくれる食品

飲みやすく飲む
五積散は食品と混ぜ合わせ、飲みやすくしていくことが大切です。

特に使っていきやすい食品があるので、状況に合わせて使用していきましょう。

コンデンスミルク

そのまま食べてもよし、何か塗ってもよしな便利なアイテムです。

自分の好みに調節し、五積散を摂取してきましょう。

味わいや風味がそれほど気にならないようなら、ホットケーキやパンに塗って食べるのもいいです。

はちみつ

はちみつも便利なアイテムです。

さまざまな食べ物と合わせやすく、利用の仕方によってバラエティ豊かに使っていくことができますよ。

好きなフルーツやナッツと合わせれば、さらに苦みや風味が気にならなくなるでしょう。

クッキーに入れて食べる

クッキーに混ぜこんで食べるという方法も便利です。

ジップロックや乾燥材を使い、乾燥に気を付けるようにすれば一週間程度持たせることができます。

一度作っておけば気が向いたときに食べることができるので、とても便利に五積散を服用していくことができます。

味わいや風味が気になるようなら、砂糖の量を増やすといった工夫を行うといいでしょう。

五積散をうまく使って体の冷えを解消しよう

体の冷えは放置していると強いストレスとなり、他疾患のきっかけとなることがあります。

五積散を使ってうまく活用していきましょう。

ただ五積散を服用していくためには、注意点を守る必要があります。

注意点を守らずに服用すると、副作用が強く出てしまうことがあります

副作用にはさまざまなものがあるので、事前に確認し場合によっては医師や薬剤師に相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?