漢方薬・生薬

胃腸が弱い人のための枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)!その特徴を解説

胃が弱いと悩んでいる人は、枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)が使っていきやすいでしょう。

胃腸が弱いと吐き気や胸痛といった、さまざまな症状が起こります。

少しでも胃に不快感があったら、すぐに対策を行っていきましょう。

枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の効能

胃痛
枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)は胃が弱いことによって起こる、胃の不快感、吐き気、胸痛といった、さまざまな症状に効果的な漢方薬です。

胃が弱い人はそれに関連するさまざまな不快症状を引き起こしやすく、日常的なストレスを感じやすくなってしまいます。

胃が弱いと自覚がありそれによる体の不調を感じている人は、枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)が使っていきやすいでしょう。

枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の副作用

倦怠感
ほとんど副作用が起こることのない枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

現在漢方薬を服用している人はもちろん、これから使用する予定になる人も注意するようにしてください。

胃腸の不快感

胃腸の不快感により、吐き気や気持ち悪さ、食欲不振や下痢といった症状が起こる恐れがあります。

腹痛のような症状を感じたときも、副作用を疑うようにしてください。

全身の倦怠感

全身に倦怠感があり、起き上がるのに時間がかかったり、歩くのが億劫になることがあります。

少しでも怠いと感じたら、すぐに枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の使用をやめるようにしましょう。

手足のこわばりや麻痺

手足のこわばりや麻痺の症状が感じられ、末端に違和感が起こることがあります。

手足の少しでも違和感が起こったら、すぐに枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の使用をやめてください。

このほかにもさまざまな症状が見られることがあるので、少しでも体調に異常を感じたらすぐに枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の使用をやめてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の注意点

医者
ほとんどの人に使っていきやすい枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。

無理に服用を続けると体調不良となってしまうので、よく確認しておきましょう。

妊娠中の人

妊娠中の人は独断で、枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)を使用しないようにしてください。

漢方薬が妊婦の体に、どんな影響をもたらすか分かりません。かかりつけの医師に相談してから、服用するようにしましょう。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)を服用すると、その薬や漢方薬の効能に変化をもたらす恐れがあります。

漢方薬には併用しないほうがいい組み合わせが、いくつか存在します。

不安な人は医師や薬剤師に相談してから、薬や漢方薬を併用していきましょう。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)を服用すると、持病に影響をもたらす恐れがあります。

持病の種類によっても薬や漢方薬の影響の出方が違ってくるので、医師に相談してから使用してください。

小児や高齢者

小児や高齢者が枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)を服用すると、体調不良となってしまう恐れがあります。

漢方薬を購入したときは家庭で話し合い、誤って服用してしまうリスクを軽減していきましょう。

何らかの薬でアレルギー症状が起きた人

何らかの薬でアレルギー症状を感じたことがある人は、枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の使用に注意してください。

枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の中に、アレルゲン物質が入っていることがあります。

枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)服用法

水
枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)を服用する際は、水やお湯、またはぬるま湯で服用してください。

食品で服用すると漢方薬の効能を損ね、しっかりと効果を感じることができなくなってしまいます。

でもどうしても飲みにくいといった特別な場合においては、食品を利用していくのもいいでしょう。

漢方薬を保管するならどこがいい?

保管
漢方薬をどこに保管したらいいのか、悩む人が珍しくありません。漢方薬の保管に最適な場所を知り、適切に管理していきましょう。

直射日光が当たりにくい暗所

漢方薬を保管する際は直射日光が当たりにくい、暗所に保管するようにしましょう。

それ以外の場所に保管すると日光の影響で、漢方薬の品質を損ねてしまう恐れがあります。

管理しやすい容器に入れて保管すると何かと便利でしょう。

湿気の少ない涼しい場所

湿気の多い環境で保管を続けると、カビ発生の要因となります。

水分を含んだ漢方薬は、カビができやすくなってしまうんです。

できるだけ湿気の少ない、涼しい場所に保管するようにしてください。

高温になりにくい安定した場所

高温になりやすい場所に漢方薬を保管すると、品質を損ねやすくなってしまいます。

なるべく高温になりやすい、キッチン周りを避けるようにしてください。

水回りから離れた場所

水回りが近い場所に漢方薬を保管すると、湿気の影響を受けやすくなってしまいます。

便利だという理由で脱衣所に保管する人が珍しくありませんが、できれば避けるようにするといいでしょう。

漢方薬を続けていくための工夫とは

はちみつ
漢方薬は継続的に使用していくことが大切です。

そのためには続けていく工夫を、行っていく必要があるでしょう。簡単に行える工夫を行い、漢方薬を続けやすくしていってください。

コンデンスミルクやハチミツを使用する

コンデンスミルクやハチミツといった、漢方薬と合わせやすい食品と合わせてみましょう。

漢方薬が持つ独特の味わいや風味をごまかしやすくなり、服用を助けてくれます。

飽きてきたら砂糖やスパイスを加え、アレンジしてみるのもいいですね。

お薬カレンダーを使って管理する

お薬カレンダーは朝・昼・夜と分かれており、ポケットに漢方薬を入れることで簡単に服用を管理することができます。

飲み忘れを防ぐことができるので、とても便利に使っていけますよ。

お薬カレンダーは各社さまざまな種類を販売しています。

自分が使いやすいタイプを、購入してみてください。

購入した漢方薬はしっかりと使い切る

購入した漢方薬はしっかりと使い切るようにしてください。

使い切らないまま放置してしまうと、いつの間にか消費期限が過ぎてしまう恐れがあります。

そのままでは使用しづらいときはピルケースやお薬ポーチを使い、管理しやすくしていくのも手でしょう。

枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)の副作用に注意しよう

枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)は、胃の問題に効果的な使っていきやすい漢方薬です。

でも一部副作用を感じてしまう人もいて、使用には注意が必要なんです。

その効能だけではなく副作用にも注意し、うまく枳縮二陳湯(キシュクニチントウ)を活用していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?