漢方薬・生薬

胃炎にお悩みなら化食養脾湯(かしょくようひとう)!その特徴とは

日常生活を送っていると胃炎に悩むことがあります。そういった人には、化食養脾湯(かしょくようひとう)が使っていきやすいでしょう。

あまり知られていない漢方薬ですがうまく活用していくことで、とても頼りがいのある存在にしていくことができます。

化食養脾湯(かしょくようひとう)の効能

腹痛化食養脾湯(かしょくようひとう)は、胃の不調に効果的な漢方薬です。

食欲不振・嘔吐・胃痛・胃炎の症状を感じている人、疲れやすくなってきた人にはこの漢方薬が使っていきやすいでしょう。

ストレスや生活習慣の乱れといった、日常的に起こりやすい問題によって、胃の不調は簡単に起こってしまいます。

少しでも胃に不快な症状を感じたら、すぐに対策してください。

化食養脾湯(かしょくようひとう)の副作用

倦怠感 女性
ほとんど副作用がない食養脾湯(かしょくようひとう)ですが、一部副作用の症状が出てしまう人がいます。

副作用が出ているにも関わらず使用を続けると、重大な疾患につながることがあるでしょう。

少しでも心当たりがあったら、すぐに化食養脾湯(かしょくようひとう)の使用をやめてください。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が起こり、うまく力が入らないといった症状が起こることがあります。

倦怠感は個人差がありますが、例えば歩くのが億劫・立ち上がるのに時間がかかるといった症状を感じたら、すぐに化食養脾湯(かしょくようひとう)の使用をやめてください。

胃腸の不快感

食欲不振・吐き気・胸やけといった、胃腸に関係する症状が起こることがあります。

特に理由が分からなくても、腹痛の症状が出るようなら副作用を疑ってください。

血圧の上昇

血圧の上昇が起こることがあります。

血圧の上昇は自分では分からないことがありますが、ほてり汗ばみの症状があったら、副作用を疑うようにしてください。

できれば血圧計を使って測れば、より確実性が増します。

むくみ

化食養脾湯(かしょくようひとう)を使用した後に、むくみの症状が見られることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、皮膚が膨張してしまう症状です。

太ったような印象になってしまうので、スタイルに大きく影響します。

もしむくみが疑われた場合は、気になる個所を強くつかんでみましょう。

そのまま元の状態に戻らずへこんだままなら、むくみの可能性を疑ってください。

このほかにもさまざまな症状が、副作用として表れることがあります。

副作用は人によって違うので、ここで書かれていることだけが起こるとは限りません。

少しでも心当たりがあったら、すぐに化食養脾湯(かしょくようひとう)の使用をやめるようにしてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談しましょう。

化食養脾湯(かしょくようひとう)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい化食養脾湯(かしょくようひとう)ですが、使用に対し注意が必要な人もいます。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が化食養脾湯(かしょくようひとう)を服用すると、体調不良を引き起こしてしまうことがあります。

漢方薬が妊婦の体にどんな影響をもたらすか、まだ未知数の部分があるからです。

使用したいときはかかりつけの医師に相談してから、使用するようにしてください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が化食養脾湯(かしょくようひとう)を使用すると、薬同士がぶつかり合ってしまうことがあります。

薬は微妙なバランスで成り立っているので、少しの変化でも効果に影響をもたらしてしまうんです。ほかの薬を服用したい人は、医師や薬剤師に相談しましょう。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が化食養脾湯(かしょくようひとう)を服用すると、持病に影響してしまうことがあります。

持病の種類によっても、影響の出方は違ってくるのでかかりつけの医師に相談してみましょう。

高齢者や子供

高齢者や子供は生理機能が衰えていたり、未熟であることがあります。

使用には注意していきましょう。

甘草を使った薬や漢方薬

甘草を使った薬や漢方薬を使用すると、副作用が出やすくなってしまいます。

化食養脾湯(かしょくようひとう)の服用法

化食養脾湯(かしょくようひとう)は、正しく服用していきましょう。

簡単に食品を使う人がいますが、本来ならそれはよくありません。

食品を使用して服用すると、効果を薄めてしまうことがあるからです。

服用する際は水やお湯を使用してください。

服用するタイミングとしては、食前や食間を守るようにしましょう。

漢方薬ならではのメリット

メリット
漢方薬にはそれならではのメリットがあります。

副作用が少ない

化食養脾湯(かしょくようひとう)を初めとする漢方薬には、副作用が少ないというメリットがあります。

通常医薬品は症状の原因に対して働きがけますが、漢方薬は体の回復能力に働きがけるんです。

そのためほかの医薬品に比べて副作用が少なく、一般的に使いやすいといわれています。

原因がはっきりしなくても使っていける

通常医薬品を使用する場合、原因が分かってから使用することが望ましいです。

漢方薬を使用する場合もその方が理想的ですが、体の回復能力に働きがけるという特徴から原因が分かっていなくても効能を発揮することができるんです。

もちろんケースバイケースで何らかの疾患が関わっている場合、漢方薬だけでは症状を解消することができないこともあります。

漢方薬を使用しても症状が解消されないときには、疾患を疑い病院を受診することも大切になってくるでしょう。

ほかの医薬品に比べて服用しやすい場合がある

西洋医学の元作られた医薬品にも漢方薬と同じように、独特の味わいがあります。

その味わいが嫌になり、途中でやめたくなってしまう人が珍しくありません。

比べて漢方薬は主に植物から取れた生薬が使用されます。

食品に使われることも多いので、人によっては漢方薬の方が服用しやすいことがあるんです。

東洋医学を経験することができる

一般的に使用されている医薬品は西洋医学の元作られた薬です。

そのためほとんどの人は東洋医学の元作られた薬を知りません。

漢方薬を通じて東洋医学がどんなものなのか、知る機会を作ることができるでしょう。

場合によっては食品を使うのもあり

できれば水やお湯で服用する必要がある漢方薬ですが、どうしても飲みにくいと感じたときは食品を使うのもありです。

その際は、コンデンスミルクやハチミツといった、混ぜ合わせやすい食品を使っていくといいでしょう。

化食養脾湯(かしょくようひとう)の服用は継続することが大切!

化食養脾湯(かしょくようひとう)は、胃の症状に効果的な漢方薬です。

でも途中でやめてしまう人が珍しくありません。

漢方薬は継続的に使用していく必要があるので、途中でやめてしまうのはもったいないんです。

場合によっては水やお湯以外の飲み物や食品を使用し、飲みやすくしていく必要があるでしょう。

漢方薬ならではのメリットを知りより漢方薬についての知識を高め、効率的に使用していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?