漢方薬・生薬

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)で胃炎を解消!その注意点とは

胃炎に効果的な、柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)という漢方薬を知っているでしょうか。

あまり知られていない漢方薬ですが、胃炎に悩んでいる人にはとても使っていきやすい漢方薬なんです。

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の効能

食欲不振
柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)は、胃炎、食欲不振、嘔吐、倦怠感、神経性胃炎といった、主に胃腸に関係する症状に効果的な漢方薬です。

これらの症状は放置されがちですが、そのままにしておくと重症化していく恐れがあります。

また、他疾患、例えば胃がんのような重大な疾患のきっかけとなることがあるんです。

少しでも症状を感じるようなら、すぐに対策を行っていく必要があるでしょう。

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の副作用

熱
ほとんどの人に使っていきやすい柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用が出てしまったときは、直ちに柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の使用をやめてください。

発熱や呼吸困難

発熱の症状が見られ、呼吸困難も伴なうことがあります。

息がしづらい、特に理由がないのに熱が上がるようなことがあったら、すぐに柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の使用をやめてください。

血圧の上昇

血圧の上昇が見られ、ほてりや汗ばみといった症状を伴なうことがあります。

体が熱くなったような症状が見られることもあるので、少しでも体に違和感が起こったら柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の使用をやめてください。

胃腸の不快感

胃腸に不快症状が起こり、食欲不振、吐き気、気持ち悪さといった症状が表れることがあります。

腹痛のような症状を感じることがあったら、すぐにに柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)使用をやめましょう。

のぼせや舌のしびれ

特に理由がないのに、舌のしびれやのぼせが起こることがあります。

舌に違和感が起こることがあったら、すぐに柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の使用をやめるようにしましょう。

発疹や蕁麻疹

発疹や蕁麻疹の症状が表れ、かゆみも伴なうことがあります。

皮膚に赤みが見られたら、すぐに柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の使用をやめてください。

このほかにもさまざまな症状が副作用として見られることがあります。

ここで書いていること以外にも、何らかの副作用を感じることがあったらすぐに柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の使用をやめるようにしましょう。

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

使用に対し注意が必要な人が柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)を服用すると、体調を損ねてしまうことがあるので注意してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)を服用すると、それぞれの薬の効能を邪魔してしまうことがあります。

これから薬を使用する人も、使用に注意するようにしてください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)を服用すると、体調に悪影響をもたらすことがあります。

持病に対する影響に気を配り、医師に相談してから使用してください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ))を服用すると、体調に影響することがあります。

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ))を使用する際は使用に気を付け、医師に相談してから使用してください。

小児や高齢者

小児や高齢者が柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

該当者が誤って服用してしまわないよう、手の届かない場所に管理するといった工夫を行ってください。

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の服用法

水
柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)を服用する際は、水やお湯もしくはぬるま湯を使用してください。

それ以外で服用すると、効能を損ねてしまうことがあります。

漢方薬を服用する人の中には食品を使う人もいますが、できれば避けたほうがいいでしょう。

どうしても飲みにくい場合のみ、食品を使用してみてください。

また、服用するタイミングにも気を配り、食前や食間に服用するようにしましょう。

事前に食事にタイミングを考えておくと便利です。

漢方薬の特徴って?どんなところがいいの?

漢方

副作用が少なくて使いやすい

ほとんどの医薬品には副作用が存在します。

漢方薬である柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)にも副作用があるんですが、ほとんどないことが知られているんです。

ほかの医薬品で副作用を感じることが多かった人には、比較的使いやすい漢方薬といえるでしょう。

未病にも使える

病気とはいえないが健康ともいえない・・・そんな微妙な状態にも漢方薬なら、便利に働いてくれるでしょう。

未病は他疾患のきっかけになるともいわれ、重要視しなくてはいけない症状です。

心当たりがある人は使用を検討してみても、いいのではないでしょうか。

自分がどんな症状なのか分からなくても使いやすい

なんだか調子が悪いが、はっきりとした理由が分からない・・・そんなときも漢方薬が働いてくれます。

漢方薬はハッキリと原因が分かっていなくても、作用してくれるからです。

症状の原因に働きがける西洋医学ではなく、体の回復機能を高めてくれる東洋医学の元作られているので、うまく活用していけば使い勝手のいい存在といえます。

さまざまな効能を持った生薬を掛け合わせることができる

人の体質や体調は千差万別です。ここが解消されてもここがダメといったことが、よくありますね。

漢方薬はいろいろな効能を持った生薬を、混ぜ合わせた存在です。

漢方薬ショップで自分の症状に合わせた生薬を、さまざまにブレンドしてもらってみてください。

柔軟性を持った対応が可能なので、選ぶ楽しさもあるでしょう。

注意点を守りながら柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)を使用しよう

ほとんどの人に使っていきやすい柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)ですが、中には注意点を守りながら使用する必要がある人がいます。

そういった人が無理に服用すると、体調を損ねてしまうことがあるでしょう。

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)の効能だけではなく、副作用も知りうまく活用していってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート