漢方薬・生薬

胃炎にお悩みなら乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)!その特徴とは

胃炎の症状を解消したいと感じているなら、乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)が使っていきやすいでしょう。

胃炎は放置されがちですが、そのままにしているさらに重症化する恐れがあります。

少しでも症状に気付いたら早めに対策を行ってください。

乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)の効能

吐き気
乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)は胃炎や吐き気、妊婦のつわりといった症状に効果的な漢方薬です。

吐き気が続くと嘔吐してしまうケースもあり、体調に大きく影響します。

また胃炎の状態が続くと胃の働きを悪くしてしまい、最悪胃がんへと発展してしまう恐れもあるんです。

たかが胃炎を甘く見ず少しでも胃の不調を感じたら、すぐに対策を行う必要があるでしょう。

乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)の副作用

息苦しい
ほとんど副作用の表れることがない乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)ですが、一部副作用の症状が出てしまう人もいます。

目安を確認し備えるようにしてください。

呼吸困難

呼吸困難が起こり、息がしづらくなることがあります。

少しでも呼吸がしづらいと感じたら、すぐに乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)の使用をやめてください。

むくみと体重増加

むくみと体重増加が同時に起こることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、皮膚が膨張してしまう症状です。

自分で気付くことができるケースもありますが、人に判断してもらった方が確実でしょう。

不安な人は気になる個所を強くつかみ、跡が残るかどうかを確認してみてください。

跡が残ったまま元に戻らないようなら、むくみが起こっている可能性があります。

発熱

特に理由がないのに発熱の症状が起こってしまうことがあります。

発熱が起こるとほてりや汗ばみといった症状が起こるので、自分の体調に注意するようにしてください。

血圧の上昇

血圧が上昇することがあります。

体が熱くなるといった症状がみられるので、自分の体調に注意を払ってください。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が起こり、体がうまく動かなくなることがあります。

いつもなら簡単に持てる物が持てない、起き上がるのに時間がかかるといったことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

このほかにもさまざまな症状が、副作用として表れることがあります。

ここに記載されている副作用はあくまで目安と考え、少しでも体調不良を感じたら副作用を疑うようにしてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談しましょう。

乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

事前に確認し、備えておきましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)を服用すると、体調不良のきっかけとなることがあります。

漢方薬が妊婦の体調にどんな影響をもたらすかは、まだ未知数の部分があるからです。

かかりつけの医師に相談しながら使用しましょう。

使用中に体調不良を感じた場合も、すぐに使用をやめ医師に相談してください。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)を服用すると、薬同士がぶつかり合ってしまう恐れがあります。

それぞれの薬の効能を損ねてしまうこともあるので、複数の薬を同時に服用する場合は医師や薬剤師に相談してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)を服用すると、持病に何らかの影響をもたらしてしまうことがあります。

持病の種類によっても対応は変わってくるので、持病を抱えている人は必ず医師に相談してください。

高齢者や小児

高齢者や小児が乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)を服用すると、体調を悪くしてしまう恐れがあります。

家庭に高齢者や小児がいる人は、手の届かない場所に保管するといった工夫を行うことが大切になります。

乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)の服用法

水
乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)を服用する際は、水やお湯、もしくはぬるま湯を使用するようにしてください。

食事のタイミングにも気を配り、食前や食間に服用するようにしましょう。

漢方薬に独特な味わいがある理由

苦い
乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)を初めとする漢方薬には、独特の味わいがあるといわれています。

その独特の味わいの原因となるのが生薬です。

生薬とは植物・鉱物・動物といった、さまざまな存在から成り立っています。

漢方薬には複数の生薬が混ざり合った状態で配合されているので、それぞれの味わいが混合されあの独特の味わいを生み出すんです。

ここは避けたほうがいい!漢方薬を保管しないほうがいい場所とは

漢方
漢方薬は適切な状態で保管していく必要があります。相性の悪い環境に置くと、効能は品質を損ねてしまうからです。

できるだけ避けたほうがいい環境を知り、適切に保管していきましょう。

キッチン周り

キッチン周りは火を使うことが多く、温度の上下が激しい場所です。漢方薬は極端な温度の変化に弱いので、キッチン周りに保管するのをやめるようにしてください。

キッチン周りの棚に保管するケースが珍しくありませんが、できれば避けたほうが無難でしょう。

脱衣所

保管しやすいという理由で脱衣所に保管する人がいます。

これもあまりいいとは言えません。脱衣所は風呂場に使いうえ、換気をしにくい場所です。

そのため湿気を発生しやすく、漢方薬に影響してしまうことがあるでしょう。

漢方薬を湿気の多い場所に保管すると、水分を帯びてしまいカビ発生の要因となります。

なるべく湿気の少ない、カラッとした場所に保管するといいでしょう。

窓際の棚

漢方薬を窓際の棚に保管するのも危険です。

窓際は直射日光が当たりやすく、漢方薬に直接当たってしまうリスクがあります。

直射日光が長時間当たり続けると、漢方薬の品質や効能を損ねてしまうんです。

できるだけ窓際から離れた暗所に保管するようにしましょう。

人通りの多い場所

人通りの多い場所は空気が動くので、温度が変化してしまうことがあります。

なるべく人通りの少ない場所に保管するようにしてください。

乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)はうまく活用することが大切

乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)は胃炎や吐き気といった、さまざまな症状に効果的な頼りがいのある漢方薬です。

でも乾姜人参半夏丸(カンキョウニンジンハンゲガン)には副作用や注意点があり、使用には注意を払っていく必要があります。

メリットだけではなくデメリットも知り、漢方薬をうまく活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?