漢方薬・生薬

気になる脚のむくみは鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)で解消!その服用法とは

気にしている人が多い脚のむくみを解消したいなら、鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)が効果的に働いてくれます。

脚は意外に人から見られることが多く、そのまま放置しているとファッションにも関わってくるでしょう。

少しでも症状を感じたら、すぐに対策を行ってください。

鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の効能

脚 むくみ
鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)は、脚の冷えやしびれ、痛みを感じる症状、悪寒、発熱、倦怠感に効果的な漢方薬です。

これらの症状が続けば歩行困難を伴なうことになり、日常生活や仕事に支障を来たすでしょう。

例えば接客業なら立ったまま仕事をこなすことが多く、脚の倦怠感や痛みが続くと仕事をしづらい状態になってしまいます。

こういった事態を避けるためには少しでも脚に違和感があった時点で対策を行い、早めに解消していく必要があるんです。

鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の副作用

副作用
ほとんど副作用が出ることのない鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)ですが、中には症状が出てしまう人もいます。

少しでも症状に気付いたら、すぐに使用をやめてください。

呼吸困難

息がしづらくなり、呼吸が困難な症状があわられる恐れがあります。

少しでも息をしづらいと感じたら、すぐに鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の使用をやめてください。

動悸や発熱

動悸や発熱の症状が見られることがあります。

特に理由もないのにドキドキしたり熱が上がるようなことがあったら、すぐに鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の使用をやめてください。

胃腸の不快感

胃腸に不快症状が広がり、食欲不振、吐き気、気持ち悪さが起こるようなことがあったら、副作用を疑うようにしましょう。

全身の倦怠感

体中の倦怠感が走り、体を使うことが億劫になることがあります。

うまく体が動作しない・歩くのに困難を伴なうことがあったら、すぐに鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の使用をやめるようにしてください。

むくみと体重の増加

むくみと体重の増加が同時に起こり、体形に変化をもたらすことがあります。

むくみが起こるとその部分を重く感じたり、場合によっては痛みを感じることもあるでしょう。

いつもと体形が違うと感じたら、すぐに鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の使用をやめてください。

発疹や蕁麻疹

患部に発疹ができ、かゆみや違和感が起こることがあります。

赤みが表れることがあっても、副作用を疑ってください。

このほかにも体にさまざまな副作用が起こることがあります。

ここで書かれていることがすべてとは限りません

少しでも体に不快症状が起こったら、すぐに鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の使用をやめましょう。

不安を感じたときは医師に相談してください。

鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)ですが、中には使用に注意が必要な人もいます。

無理に服用を続けると体調不良を起こす人もいるので、確認しておきましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性は、鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の使用に注意が必要です。

鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)には、子宮を収縮させる作用のある大黄(ダイオウ)が含まれているからです。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人は、鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の使用に注意してください。

薬同士の効能がぶつかり合ってしまうことがあります。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)を服用すると、持病に影響をもたらす恐れがあります。

持病を抱えてる人は医師に確認してから、使用するようにしてください。

小児や高齢者

小児や高齢者が鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)を使用すると、体調に異常をもたらす恐れがあります。

鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)の服用法

水
鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)は水やお湯、またはぬるま湯で服用してください。

それ以外で服用すると、効能をしっかりと感じることができなくなるリスクがあります。

服用するタイミングにも気を配り、食前や食間に使用しましょう。

でも漢方薬は飲みにくい・・・

はちみつ
できれば水で服用していきたい鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)ですが、独特の風味や味わいがあるので飲みにくいと感じることがあります。

そういったときには、工夫を行っていきましょう。

飲みにくいときは食品を使うのもあり

鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)を食品に混ぜて、飲みやすくしていきましょう。

食品をうまく使うと漢方薬が持っている風味や味わいを、うまくごまかすことができます。

ハチミツやチョコレートといった、混ぜ合わせやすい食品を使ってみてください。

服用を助けてくれるアイテムを使用する

服薬ゼリーやオブラートといった、薬の服用を助けてくれるアイテムを使うと飲みやすくすることができます。

どちらもドラッグストアで気軽に購入でき、手間がかかることがありません。

実は市販で売っている漢方薬は少ない

ドラッグストア
ドラッグストアや薬局でも購入することができる漢方薬ですが、市販では購入しにくいこともあります。

置いてある種類に限りがあることが多く、購入したいものが販売していない恐れがあるからです。

そういったときには、ほかの購入方法を試してみましょう。

通販で購入する

通信販売でも漢方薬を購入することができます。

自宅で気軽に購入できるので、それほど時間がかかることもありません。

できれば漢方薬専門ショップによる通販サイトの方が、今後さまざまな漢方薬を購入するときに便利です。

漢方薬専門ショップでの購入

漢方薬専門ショップには多くの品ぞろえがあり、知識豊富なスタッフが相談にも乗ってくれます。

普段漢方薬に触れたことがない人は、何かと不安を抱えがちですよね。知識のある人に相談することは、これからのためにも役立つでしょう。

医師から処方してもらう

医師から漢方薬を処方してもらうというのも、有効的な手段といえるでしょう。

医師から処方してもらう場合体調や体質についても相談できるので、総合的に判断していきたい場合に便利です。

鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)は正しく服用することが大切!

脚のむくみに効果的な鶏鳴散加茯苓(ケイメイサンカブクリョウ)ですが、その効能をしっかりと感じるためには正しく服用していく必要があります。

水やお湯、もしくはぬるま湯を使用するようにしてください。

ただどうしても飲みにくいと感じたときは、食品を使っていくことも大切です。

自分の状況に合わせて、柔軟性のある対応を行っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

国際中医美容師

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
お客様サポート