漢方薬・生薬

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)で湿疹を解消!その効能と副作用

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)は湿疹の症状に、効果的な漢方薬です。

たかが湿疹と油断しているとさらに重症化し、治療に時間がかかるようになってしまうでしょう。

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)の効能と副作用を知り、うまく活用していってください。

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)の効能

皮膚炎
帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)は、湿疹や皮膚炎、寝汗や術後の回復に効果的な漢方薬です。

湿疹が重症化するとさらに炎症が広がったり、かゆみが強くなるといった弊害が起こってくるでしょう。

かゆみが強くなると寝ているときにも無意識にかいてしまい、傷跡となって残ってしまうこともあります。

湿疹が気になるようになったら、すぐに対策を行うようにしてください。

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)の副作用

むくみ
ほとんど副作用が起こることのない耆建中湯(キギケンチュウトウ)ですが、中には副作用の症状が出てしまう人もいます。

副作用の症状が出ているにも関わらず使用を続けると、疾患の原因となることもあるでしょう。

目安を確認し、いざというときに備えておいてください。

むくみと体重増加

むくみと体重増加が同時に起こることがあります。

むくみとは体内に余分な水分がたまり、皮膚が膨張してしまう症状です。

むくみが起こると大きくスタイルを損ねてしまうので、少しでもむくみを感じたらすぐに耆建中湯(キギケンチュウトウ)の使用をやめましょう。

胃腸の不快感

胃腸に不快症状が広がり、食欲不振、吐き気、気持ち悪さといった、さまざまな症状が広がります。

腹痛のような症状を感じたら、すぐに耆建中湯(キギケンチュウトウ)の使用をやめてください。

呼吸困難

呼吸困難の症状が起こり、息がしづらくなることがあります。

少し息をするのも大変さを感じることがあったら、副作用を疑うようにしてください。

発熱

発熱の症状が起こり、ほてりや汗ばみといった症状が感じられることがあります。

体に違和感があったら、体温計で熱を測ってみるといいですね。

全身の倦怠感

全身に倦怠感が起こり、うまく力が入らなくなることがあります。

歩くのに時間がかかる、起き上がるのに時間がかかるといったことがあったら、すぐに帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)の使用をやめるようにしてください。

手足のこわばりや麻痺

手足のこわばりや麻痺の症状を感じることがあります。

末端がピクピクと震えるといった症状を感じたら、すぐに帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)の使用をやめるようにしてください。

このほかにもさまざまな症状が、副作用として表れることがあります。

副作用の出方は人によって違うのでここで書かれていることにこだわらず、少しでも体に違和感が起こったらすぐに帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)の使用をやめるようにしましょう。

症状が続くようなら医師や薬剤師に相談することも大切です。

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)の注意点

注意
ほとんどの人に使っていきやすい帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)ですが、一部使用に中点が必要な人がいます。

使用に注意が必要な人が服用を続けると、体調を損ねてしまうことがあるでしょう。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)を使用すると、薬同士がぶつかり合ってしまうことがあります。

薬同士がぶつかり合ってしまうと効能を損ねてしまうので、使用の際は注意が必要になるでしょう。

不安な人は医師や薬剤師に相談してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)を服用すると、持病に影響をもたらす恐れがあります。

持病の状態をよく知っている、かかりつけの医師の相談するようにしましょう。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)を使用すると、母体や胎児に影響してしまう恐れがあります。

かかりつけの産婦人科医に相談し、使用許可を得るようにすると安心でしょう。

小児や高齢者

小児や高齢者が帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)を服用すると、体調に悪影響をもたらす恐れがあります。

使用には注意し、医師に相談してから使用してください。

ほかにも漢方薬が体質に関係してくる場合もあります。

使用したときに少しでも体調不良を感じたら、すぐに漢方薬の使用をやめるようにしましょう。

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)の服用法

服用
帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)を服用する際は、水やお湯、もしくはぬるま湯を使用してください。

それ以外で服用すると、しっかりと効果を感じることができなくなります。

加えて食前や食間に服用し、さらに効果を感じやすくしてください。

最初から食事のタイミングを決めておくと、服用の時間に悩むことがなくなります。

漢方薬の服用を途中でやめてしまう人の特徴

バツ
せっかく漢方薬の服用を始めたにも関わらず、服用を途中でやめてしまう人がいます。

そういった人にはある傾向があり、自覚していくことでやめてしまうリスクを軽減することができるでしょう。

1.漢方薬の味わいは風味が嫌になってしまった

漢方薬には独特の味わいや風味があり、最初は我慢して服用していても段々嫌になりやめてしまうケースがあります。

漢方薬の服用が嫌にならないよう、時には食品を使う工夫が必要になってくるでしょう。

使わないうちに消費期限が過ぎた

漢方薬の服用を途中で休止してしまい、そのまま消費期限が過ぎてしまうことがあります。

消費期限が過ぎた漢方薬は効能に変化を生じさせてしまうので、使用していくのが難しくなります。

そのまま廃棄してしまい、その流れのまま漢方薬の服用をやめてしまう人が珍しくありません。

購入した漢方薬はしっかりと使い切り、残さないようにすることが大切です。

飲み忘れが続き意欲がなくなってしまう

漢方薬の飲み忘れが続き、続けていく意欲がなくなってしまうこともあります。

飲み忘れを防ぐよう、カレンダーで飲んだかどうかをチェックしていくといった工夫が必要になるでしょう。

すぐに効果が出ないので服用をやめてしまった

漢方薬は継続していくことで効果を発揮する傾向にある医薬品です。

数回使用しただけでは、しっかりと効果を感じることができないでしょう。

せめて購入した漢方薬はすべて使用し、様子を見るようにしてください。

もちろん、すぐに漢方薬の効能を感じることができる人もいるので、その人の体質は関係してきます。

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)は頼りがいのある漢方薬!でも注意点もあり

帰耆建中湯(キギケンチュウトウ)は湿疹や寝汗に効果的な、使いやすい漢方薬です。

でもその使用には注意点も存在します。

妊娠中の人や持病を持った人は、使用に向かないんです。

また、漢方薬には副作用がないといわれていますが、起こる可能性が少ないというだけでまったくないわけではありません。

副作用の目安を確認し、もし症状が出てしまったときのために備えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?