漢方薬・生薬

排尿困難を抱えているなら猪苓湯合四物湯!その特徴を解説!

トイレ アイコン
猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)は、排尿困難を抱えている人に使っていきやすい漢方薬です。

トイレは毎日の問題なので、放置したままにしておくと大きなストレスになります。

少しでもトイレの問題に悩んでいるなら、猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)の使用を検討していきましょう。

猪苓湯合四物湯の効能

トイレ スポット
猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)は、排尿障害によるさまざまな症状、排尿痛や残尿感に効果的な漢方薬です。

猪苓湯合四物湯の副作用

女性 食欲不振
ほとんど副作用がないとされている猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)ですが、一部副作用の症状を感じてしまう人もいます。

目安を紹介してくので、参考にしてみてください。

食欲不振

胃の不快症状が続くことにより、食欲不振となって症状が表れることがあります。

いつもよりも食べたいと感じない・好きな食べ物でも興味がわかないといったことがあったら、副作用を疑うようにしてください。

下痢

下痢の症状が続き、トイレに通い詰めるといったことが起こる可能性があります。

強い腹痛を感じる恐れもあるので、体の状態に注意しておきましょう。

嘔吐

吐き気や嘔吐の症状が続く恐れがあります。

そのほかにもさまざまな症状が起こることがあるので、少しでも体に不調を感じたら猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)の使用をやめてください。

不安な人は医師や薬剤師に相談しましょう。

猪苓湯合四物湯の注意点

ほとんどの人に使っていきやすい猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)ですが、一部使用に注意が必要な人がいます。

無理に服用を続ければ、体調不良を引き起こすことがあるので注意してください。

妊娠中の女性

妊娠中の女性が猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)を服用すると、体調不良を引き起こす恐れがあります。

漢方薬が妊婦に対しどんな影響をもたらすかは、まだ未知数の部分があるからです。

服用したいと感じたときは医師に判断を仰いでください。

小児や高齢者

小児や高齢者が猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)を服用すると、体調不良を引き起こすことがあります。

事前に説明し、使わせないようにしてください。

どうしても服用の必要があると感じた場合は、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

ほかの薬を服用している人

ほかの薬を服用している人が漢方薬を併用すると効能を損ねたり、変化させてしまうことがあります。

併用したいときは医師や薬剤師に相談してください。

持病を抱えている人

持病を抱えている人が猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)を服用すると、持病に影響をもたらす恐れがあります。

持病に使われている薬にも関係してくるので、必ず医師に相談してください。

猪苓湯合四物湯の正しい服用法


猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)は、正しく服用していく必要があります。

服用法を間違えると効能を損ねてしまうからです。まず水やお湯を用意しましょう。

粉末タイプなら予め水に溶かしておくと便利です。それからゆっくりと服用していきます。

タイミングとしては食前や食間に絞るようにしてください。

漢方薬はどんな環境で保管したらいい?

鍵
漢方薬は適切な環境で管理していかないと、品質を損ねてしまうことがあります。

例えば錠剤がひび割れてしまったり、効能に変化を及ぼしてしまうことがあるんです。

でも漢方薬の保管を知っている人はあまりいません。

正しい方法を学び備えておきましょう。

乾燥しすぎない環境

あまりに乾燥している状態に漢方薬を置いていると、ひび割れの要因となってしまいます。

特に乾燥を誘発しがちな高温の場所を避けるようにしてください。

湿気の少ない環境

漢方薬は湿気の少ない場所で保管していく必要があります。

湿気の多い場所で保管しておくと、カビの発生を助けてしまうからです。

特に湿気が多くなりがちな水回りは避けるようにしてください。

室温の変化には注意が必要

室温の変化が激しい場所に漢方薬を保管すると、負担となってしまいます。

なるべく一定の室温を保ってください。室温計をうまく利用し、調整していくといいでしょう。

直射日光が当たらない場所

窓際のような直射日光がよく当たる場所に漢方薬を保管すると、品質を悪くしてしまいます。

窓の近い場所は避け、暗所に保管するようにしてください。

冷蔵庫への保管はあり?

漢方薬の保管と検索すると、冷蔵庫に入れることを推奨している記事があります。

この方法は必ずしもいいとはいえません。

確かの冷蔵庫の中は一定の温度が保たれ、直射日光が入ることもありません。

でも冷蔵庫の外に出したときは状況が変化します。

外気との気温差が激しいと、漢方薬が水分を帯びてしまうことがあるんです。

これでは漢方薬にとっていい環境とはいえません。

室温を一定に保ちながら暗所に保管したほうが、効率がいいといえるでしょう。

猪苓湯合四物湯の服用に合っている食品とは?

混ぜる イラスト
猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)は、独特の味わいや風味のある医薬品です。

できれば水やお湯で服用していくことが大切ですが、どうしても飲みにくいと感じたら食品を利用していきましょう

コンデンスミルク

チューブから簡単に出すことができ、保管も簡単な食品です。

甘さがあるので、漢方薬の独特な味わいや風味をうまくごまかしてくれるでしょう。

砂糖やスパイスを混ぜるといったアレンジもしやすいので、手間がかかることもありません。

ハチミツ

ハチミツはさまざまにアレンジしやすいので、とても便利な食品といえます。

そのまま漢方薬を混ぜて服用するのもいいですが、ハチミツと一緒にお菓子にかけて食べていくのもいいでしょう。

ハニーシロップ

ハチミツは癖が強いと感じる人がいます。

そういった人はハニーシロップの方が、使っていきやすいでしょう。

味付けがマイルドなので、あまり癖を感じません。

アイスクリーム

アイスクリームに混ぜてそのまま食べるという手もあります。

アイスクリームは甘さとマイルドさが調和したスイーツなので、うまく漢方薬の味わいや風味を隠してくれます。

いろいろな味が存在しているので、飽きることもほとんどありませんね。

野菜ジュース

市販で売っている野菜ジュースに混ぜてみてもいいでしょう。

野菜ジュースはそれだけでも栄養豊かな食品ですが、漢方薬を混ぜることで薬膳ジュースとしての役割も期待できます。

ジューサーを使って、自分で野菜ジュースを作ってみるのもいいでしょう。

排尿困難なら猪苓湯合四物湯!でも注意点もあり

ステップ
猪苓湯合四物湯(チョレイトウゴウシモツトウ)は排尿困難を抱えている人に、使っていきやすい漢方薬です。

ただ使用に当たり注意点も存在します。使用に向かない人や副作用が出てしまう人もいるんです。

注意点や副作用があることをしっかりと知り、うまく活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事執筆・監修

運営者

漢方生薬 研究所

漢方生薬研究所のスタッフによる執筆・監修記事です。漢方をはじめ、第二類医薬品や第三類薬品、健康食品、サプリメント、遺伝子検査の情報を配信しています。

関連おすすめ記事

    関連記事がありません

同じカテゴリ新着記事

TOP
何かお困りですか?